Windows8.1のDSP版を買ってWindows10にアップグレードした方が安く済む

Win10

Windows 10のDSP版を買うよりも、Windows 8.1のDSP版を買ってWindows 10にアップグレードした方が安く済むんです。

もうタイトルで完結してる感じがありますが、Windows 10のDSP版を買うよりもWindows 8.1のDSP版を購入してWindows 10へ無償アップグレードしたほうが安く済みます。

Windows 8.1のDSP版はOS単体で発売していますが、Windows 10のDSP版ではOSとPCパーツとのバンドル販売(セット販売)が復活してしまいました。

バンドル販売の対象となるパーツは、CPU、マザーボード、メモリ、SSD、HDD、CD/DVD/BDドライブ、CPUクーラー、グラフィックカード、拡張ボード(PCI, AGP, PCI Expressスロット対応)、ベアボーンキット。

Amazonなどの通販ではLANボードやUSB拡張ボードなど、ぶっちゃけこれ使わないでしょというPCパーツと一緒にバンドル販売されてしまいます。OS単体の金額に、バンドル販売されるPCパーツの金額も少なからずプラスされてしまって余計に高くなります。

 

それだったら、Windows 10への無償アップグレードを利用してWindows 10にした方が安く済むよねという話です。

Windows 10の個人向けエディションはHomeとProがラインナップされています。Windows 8.1からWindows 10へ無償アップデートした場合、Windows 10のDSP版を買うよりもHomeだと3000~4000円、Proだと1000円安くなります。

Proの場合は地味な価格差ですが、Homeの場合は結構な価格差があります。3000円はデカいですよ。3000円あれば他のPCパーツの予算に回せます。

 

以上。参考になれば幸いです。





Y!mobileの音声SIMカード申込で月額料金割引実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-OS, ニュース
-, , ,

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.