Windowsにはバンドルパーツかどうか判別する機能は無い

投稿日:

 

Windowsにはバンドルされたパーツかどうか判別する機能は無いそうです。

2015年8月1日に発売されるMicrosoftの新OS「Windows 10」のDSP版は、OSとPCパーツとのバンドル販売(セット販売)が必須になってしまいました。

バンドル販売の対象となるパーツは、CPU、マザーボード、メモリ、SSD、HDD、CD/DVD/BDドライブ、CPUクーラー、グラフィックカード、拡張ボード(PCI, AGP, PCI Expressスロット対応)、ベアボーンキットとなっています。

Amazonなどの通販のバンドル販売でついてくるPCパーツ(大抵の場合クソで別に必要ないパーツ)は組み込まないとといけないようになってるんですが、そもそもWindowsにはバンドルパーツかどうかを判別する機能が無いようです。

 

とのこと。知らなかったです。

そもそもバンドル販売されたPCパーツを律儀にPCに組み込んでいる人がいるのかどうか気になるんですけどね。価格comの口コミやYahoo!知恵袋でこのことについて質問すると、「ライセンス違反だ!通報だ!」と正義感の強いおじさん達が一銭の得にならないにも関わらず騒ぎ立てるので、ちゃんと組み込みましょうね.

 

というわけで小ネタでした。





Y!mobileの音声SIMカード申込で月額料金割引実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-OS, ニュース
-, ,

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.