SanDiskの格安SSD「Ultra II SSD」シリーズスペックまとめ

2014/10/15

SanDisk_Ultra_II_front_674KB

SanDiskの格安SSD「Ultra II SSD」シリーズスペックまとめ。

2014/10/15 再更新。
Ultra IIのNANDフラッシュはTLC(複数の海外サイトのレビューで記載有り)でした。TLC SSDといえばSamsungですが、2014年8月に東芝もTLC NANDを搭載したSSDを参考出展したとのニュースもあるので今後TLC SSDを発売するメーカーが増えていくかもしれません。

「Ultra II SSD」シリーズスペック

製品名SDSSDHII-960G-J25SDSSDHII-480G-J25SDSSDHII-240G-J25SDSSDHII-120G-J25
容量960GB480GB240GB120GB
フォームファクタ2.5インチ
インターフェースSATA3
NANDフラッシュSanDisk 19nm toggle TLC NAND
コントローラMarvell 88SS9189Marvell 88SS9190
シーケンシャルリード550MB/s
シーケンシャルライト500MB/s
ランダムリード99000 IOPS98000 IOPS91000 IOPS81000 IOPS
ランダムライト83000 IOPS80000 IOPS
寿命(MTBF)175万時間
厚さ7mm(9.5mmアダプタ付属)
設置タイプ内蔵
保証期間3年間

見て分かるようにシーケンシャルリード・ライト性能は全モデル同一で、ランダムリード・ライト性能で差別化が図られています。付属品は9.5mmアダプタのみなので、マウンタやSATAケーブルを別途購入する必要あり。

SanDisk Ultra II SSDにはSanDisk独自の技術「nCache2.0」を搭載。

no title

nCache2.0は性能を高めるためにTLC NANDの一部を擬似SLC NANDとし、書き込まれたデータは一旦DDR DRAMに書き込まれた後に擬似SLC NANDへ行き、最適化されて最低限のデータがTLC NANDへ書き込まれます。TLC NANDへと書き込まれる時はコントローラを使用せずに行っているので、SSD自体が速度低下しにくい点とNANDの耐久性向上に役立つとされています。

NAND_TLC NANDフラッシュはSanDisk 4286DYN01A。19nm Toggle TLC NAND。

ultra2-88SS9190

120GB, 240GBモデルに搭載されている4chのコントローラMarvell 88SS9190。480GB, 960GBモデルでは8chの88SS9189が搭載されています。低容量モデルでは8chフルに使ったりはしないだろうから4chのコントローラなのではないか、との考察があります。(AnandTech | SanDisk Ultra II (240GB) SSD Review) コントローラの違いは使用する上で特に意識する必要はなさそうです。

こちらはベンチマーク結果。十分な速度が出ているように思います。 Ultra II SSDシリーズはCrucial MX100の対抗馬となるのではと言われている製品。MX100シリーズのSSDがランキング上位を占めていますがこの牙城を崩すことができるのか楽しみですね。

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

SIMのみ契約で最大1万円キャッシュバック!

UQモバイルでSIMのみ契約すると最大1万円キャッシュバック!(auやpovoからは除く)

スマホ契約時は値引きがあるのでSIMフリー版を買うよりも、UQモバイルでスマホを買ったほうが安く済む可能性が高いですよ!

楽天モバイルは最安無料&楽天回線なら使い放題!

  • 楽天回線エリアならデータ通信使い放題
  • プラン料金3ヶ月無料や楽天ポイント還元
  • 1GB以下なら月額無料
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題

2021年6月18日からSIMのみ+他社から乗り換えで契約すると楽天ポイント合計最大2万ポイント還元!

通常は5000ポイント還元なので1万5000ポイント増額しています!終了日未定なので楽天モバイルの契約を検討している人はお早めに!


ワイモバイル公式でスマホ契約すると最大2万1600円値引き!SIMのみ契約も特典あり!

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-SSD, まとめ/比較
-, , , , ,