PS5でオススメのオススメの外付けSSDまとめ

2021/05/11

PS5でオススメの外付けSSDまとめ。自分でSSDと外付けケースを買ってきて外付けSSDを自作して使う方法も解説。

【はじめに】外付けHDD/SSDからPS5ゲームもPS4ゲームも起動可能

2021年4月27日のアップデートにより、PS5ゲームを外付けHDD/SSDに保存可能&起動可能になりました

2021年4月27日に提供開始されたPS5システムアップデートにより、PS5ゲームを外付けHDD/SSDに保存できるようになりました。

外付けHDD/SSDのPS5ゲームをプレイするためには、ゲームライブラリーでそのゲームのオプションメニューを開き、本体ストレージにコピーします。再ダウンロードするよりもコピーする方が、より短時間でゲームをプレイできるようになります。

同様に、USB拡張ストレージのゲームにアップデートや追加コンテンツがダウンロードされている場合は、ディスクから再インストールするよりコピーする方が、より短時間で準備できます。

  • [ゲームライブラリー]にアクセスして、移動したいゲームを選択する
  • オプションボタンを押して[USB拡張ストレージ]を選択
  • [本体ストレージへ移動](PS4用ゲーム)または[コピー](PS5用ゲーム)を選択

外付けHDD/SSDでできること

  • PS5またはPS4のゲームを保存できます
  • PS4用ゲームをUSB拡張ストレージドライブから直接プレイできるため、PS5にはPS5用ゲームを保存する容量を確保できます。
  • PS5用ゲームをプレイするには、USB 拡張ストレージドライブからゲームデータをコピーし、PS5の内部SSDストレージに戻す必要があります
  • PS5用ゲームは再ダウンロードするよりも、USB 拡張ストレージからコピーしたほうが早く済みます

PS4用として使用していたUSB拡張ストレージドライブはPS5に接続するだけで使用でき、そのままドライブ上のPS4用ゲームにアクセスできます。

PS5の内蔵SSDは実質667GB

PS5には825GBの内蔵SSDが搭載されていますが、SSDの容量の一部はシステムが稼働するためのシステム領域として容量を使っているので、実質使えるのは667GBになります。

拡張ストレージとUSBドライブの違い

データの種類USB拡張ストレージクラウドストレージUSBドライブ
PS5用ゲーム--
ゲームデータ
(PS4用ゲーム)
--
セーブデータ
(PS5用ゲーム)
--
セーブデータ
(PS4用ゲーム)
-
スクリーンショットと
ビデオクリップ
--

PS5の公式サイトで使用されている拡張ストレージとは、外付けSSD/HDDのことを指します。外付けSSD/HDDにはPS5ゲームやPS4ゲームを保存できます。

USBドライブとは、USBメモリのことを指します。USBドライブにはスクリーンショットとビデオクリップを保存できます。

PS5で外付けSSDを使うときのポイント

外付けHDD/SSD(拡張ストレージ)の必要条件

  • SuperSpeed USB 5Gbps以降
  • 250GB以上、8TB以下の容量
  • すべてのデバイスがPS5で使用できることを保証するものではありません。
  • USBハブ経由ではドライブに接続できません。
  • 2つ以上のUSB拡張ストレージドライブを同時に接続することはできません。本体には複数のUSBドライブを接続できますが、一度に使用できるのは1つだけです。

以上の5つが設けられています。

容量250GB~8TBまでの外付けHDD/SSDが使えます。容量は1TB程度がオススメ

PS5の拡張ストレージは、250GB以上~8TB以下の容量のものが使えます。容量は1TBくらいをオススメします。

PS4やPS4 Proで2TBのSSHDなどに換装したことがあって、それでも足りなかった人はもっと容量の大きいものを買いましょう。

容量の条件を満たしていれば、市販されている外付けSSDでも、2.5インチSSDと外付けケースを組み合わせたものでもどっちでもOKです。

ゲームにもよりますが容量をめっちゃ食うものがあるので、ゲームでたくさん遊ぶ人はあっという間に内蔵SSDの667GBを使い果たしてしまう可能性があります。

PS5ゲームの要求する容量一覧

  • Returnal : 約56GB
  • Call of Duty: Black Ops Cold War : 約133GB
  • バイオハザード ヴィレッジ : 約27GB

PS5の対応しているUSB ○○ type-✕✕

  • SuperSpeed USB 5Gbps(USB 3.0 / USB 3.1 Gen1 / USB 3.2 Gen1)
  • SuperSpeed USB 10Gbps(USB 3.1 Gen2 / USB 3.2 Gen2 / USB 3.2 Gen1x2)
  • SuperSpeed USB 20Gbps(USB 3.2 Gen2x2)

USB3.0とUSB3.1 Gen1とUSB3.2 Gen1は全く同じものです。名前が変わっただけです。

USB 3.1 Gen2とUSB 3.2 Gen2とUSB 3.2 Gen1x2は全く同じものです。名前が変わっただけです。

PS5が実装しているUSB端子と、外付けSSD/HDD接続時に使うべきUSB端子

PS5の前面のUSB端子は、USB type-C/Superspeed USB(10Gbps)×1、USB type-A/Hi-Speed USB×1を搭載しています。

PS5の背面のUSB端子は、USB type-A/Superspeed USB(10Gbps)×2を搭載しています。

拡張ストレージ/外付けSSD/HDDはSuperspeed USB端子に接続することが推奨されています。前面ならUSB type-C、背面ならどっちに接続してもOKです。

USBストレージは、Superspeed USB端子に接続してください。PS5の拡張ストレージは、PS5本体前面にあるUSB Type-C端子に接続することが推奨されます。PS5本体背面にあるUSB Type-A端子も、拡張ストレージに対応しています。

PS5本体前面のUSB Type-A端子は、USBストレージに対応していません。

PS5のUSB端子サポート

2.5インチSSDと外付けケースを組み合わせて、外付けSSDを作成してPS5で使えるようにするまでの流れ

PS5は、外付けSSDや外付けHDDを拡張ストレージとしてゲームの保存に使用できます。

じゃあ別に市販の外付けSSDを買わなくても、自分で好きな2.5インチSSDと2.5インチ外付けケースを買ってきて組み合わせて外付けSSDを作れば、PS5で認識して拡張ストレージとして使えるのでは?と考えました。

そこで、2.5インチSSDと外付けケースを買ってきて人柱になることにしました。

【手順①】2.5インチSSDと外付けケースを用意して、外付けSSDを作成する

SuperSpeed USB 5Gbps以上って要はUSB3.0のことなので、外付けケースを買うならUSB3.0以上をサポートしているものを買うようにしましょう。どんなに安いケースでもUSB3.0をサポートしているので大丈夫です。

今回はSSDは キオクシア(KIOXIA) 内蔵2.5型SSD 960GB PS4動作確認済み EXCERIA SATA SSD 3年保証 国産BiCS FLASH搭載 SSD-CK960S/N 、外付けケースは グリーンハウス USB3.1 Gen.2対応2.5インチ外付けドライブケース アルミボディ ブラック GH-HDCU325A-BKを選んでみました。

キオクシアの2.5インチSSDを選んだ理由は深い理由はありませんが、キオクシア以外で選ぶならCrucial, Samsung, Western DigitalあたりのSSDがオススメです。

グリーンハウスの外付けケースはUSB 3.1 Gen2(=SuperSpeed USB 10Gbps)に対応しています。

 

外付けケースに2.5インチSSDを取り付けました。これで外付けSSDの完成です。

【手順②】PS5と外付けSSDを接続する

完成した外付けSSDとPS5を接続しましょう。接続するときはPS5背面にあるUSBポートを使うようにしましょう。

【手順③】外付けSSDをPS5で拡張ストレージとしてフォーマットする

[設定][ストレージ]にアクセスします。

[拡張ストレージ]を選択します。複数のUSBドライブが接続されている場合は、使用するUSBドライブを選択してください。

使用するUSBドライブを選択したら、[拡張ストレージとしてフォーマット]を選択します。

確認画面が出るので、「はい」を選択してください。選択後フォーマットが始まります。

フォーマット中は電源を切ったり、USBドライブを抜き取ったりしないでください。データの消失や、PS5またはUSBドライブが破損する恐れがあります。

フォーマットはすぐに終わります。フォーマット完了後、PS5側で外付けSSDが拡張ストレージとして認識されるようになります。

設定でPS4ゲームを常に拡張ストレージにインストールするように設定も可能です。

また、すでにPS4用の拡張ストレージとして使用していたUSBドライブをPS5につなげた場合は、フォーマットが不要です。そのまま利用することができます。

フォーマットが完了したら、PS4ゲームをUSBドライブに移していきましょう。

2.5インチSSD+外付けケースで外付けSSDを作っても、PS5は問題なく認識して拡張ストレージとして使えた

試してみた結果、2.5インチSSDと外付けケースを組み合わせて外付けSSDを作っても、PS5で拡張ストレージとして使うことができました。

ちなみにですが、1TBか2TBであれば外付けSSDを普通に買ってきたほうが安いです。2.5インチSSDと外付けケースを買うとそっちのほうが僅かに高くなることがあります。

1TBの外付けSSDは安いものであれば1万1000円とか1万2000円で売ってます。1TBの2.5インチSSD単体だとだいたい1万円~1万3000円くらいして、外付けケースは安いものでも1000円くらいはします。

自分の好きなメーカーのSSDと外付けケースを組み合わせたいのであれば全然OKですが、コスパ重視!安さが一番!なら外付けSSDを買ってきたほうがいいですよ。

2,5インチSSD+外付けケースが向いている人

  • 自分の好きなSSDと外付けケースを使いたい
  • 1TB/2TBの2.5インチSSDを、通販などのセールで格安で入手できた人
  • 家に1TB/2TBの2.5インチSSDがあって、PS5の拡張ストレージとして使いたい人
  • 4TBの2.5インチSSDを買ってきて、PS5の拡張ストレージとして使いたい人

オススメの2.5インチSSD

個人的にオススメしているSSDのメーカーは、Western Digital(SanDisk含む), Samsung, Micron(Crucial)です。この4つのメーカーのSSDを選んでおけば大丈夫です。

BCNによると、2020年上半期販売台数のシェアはこの3社が55%を占めています。

 上半期におけるマイクロンの販売台数シェアは21.7%で、2位のウエスタンデジタル(19.6%)と3位のサムスン(13.7%)を抑えてトップの座を射止めた。

内蔵SSDならマイクロン、BCNの2020年上半期シェアNo.1の実力が明らかに - BCN+R

USB 3.1 Gen2 / USB 3.2 Gen2 / USB 3.2 Gen1x2対応の外付けケース

Amazonで販売されていて、メーカーがPS5動作確認している外付けSSD

以下の外付けSSDは、Amazonで販売されていてメーカーがPS5動作確認しているものです。容量250GB以上の外付けSSDであればぶっちゃけなんでもOKです。

 

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

SIMのみ契約で最大1万円キャッシュバック!

UQモバイルでSIMのみ契約すると最大1万円キャッシュバック!(auやpovoからは除く)

スマホ契約時は値引きがあるのでSIMフリー版を買うよりも、UQモバイルでスマホを買ったほうが安く済む可能性が高いですよ!



関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-解説
-