OPPO Reno3 A実機レビュー。カメラ性能高めの高コスパスマホ

OPPO Reno3 A実機レビュー。カメラ性能高めの高コスパ、ミドルレンジモデルスマホ。

     

OPPO Reno3 Aをレビュー

OPPO Reno3 Aを試用する機会がありましたので、レビューを行いたいと思います。カラーはホワイト。

OPPO Reno3 Aは2020年6月25日に発売されました。CPUにSnapdragon 665、メモリ6GB、ストレージ128GBを搭載しています。

ディスプレイ指紋認証と顔認証に対応。おサイフケータイ、防水防塵にも対応しています。

本体サイズは縦幅約160.9mm×横幅約74.1mm×厚さ約8.2mm、重量は約175g。

外観フォトレビュー

外箱。

付属品は以下の通り。

  • ACアダプター×1
  • USB Type-C データケーブル×1
  • イヤホン×1
  • SIMカードスロット用ピン×1
  • 保護ケース×1
  • 保護フィルム(貼付済み)×1
  • クイックガイド×1
  • 安全ガイド×1

本体前面。ディスプレイは約6.44インチ、フルHD+(2400×1080)の有機EL(AMOLED)を搭載しています。

インカメラは約1600万画素。ディスプレイ上に指紋認証を搭載しています。

本体背面。カラーはホワイトといいますが、実際はキレイなグラデーションになっています。

アウトカメラはメインレンズ約4800万画素、超広角レンズ約800万画素、モノクロレンズ約200万画素、ポートレートレンズ約200万画素のクアッドカメラを搭載しています。

カメラ横にNFC、FeliCa(おサイフケータイ)が搭載されています。


本体上面。


本体下面。イヤホンジャックが搭載されています。充電端子はUSB Type-C。


本体左側面。音量ボタンが搭載されています。


本体右側面。SIMスロットと、電源ボタンが搭載されています。

SIMトレイは、

  1. nanoSIMカード1枚
  2. nanoSIMカード2枚
  3. nanoSIMカード1枚+microSDカード

の組み合わせで利用できます。

付属のクリアケースを装着

クリアケースが付属しています。柔らかめのTPUケース。ボタン類は覆う形です。

OPPO Reno3 Aのスペック詳細

OSColorOS 7.1(based on Android 10)
CPUQualcomm Snapdragon 665
メモリ6GB
ストレージ128GB(最大256GB micro SD対応)
ディスプレイサイズ: 6.44 インチ
スクリーン素材: Corning Gorilla Glass 5
解像度: FHD+(2400×1080)
画面占有率: 89.9%
表示方式: 有機EL(AMOLED)
アウトカメラメイン約4800万画素(f/1.7) +超広角 約800万画素(f/2.2)
+ モノクロ約200万画素(f/2.4) + ポートレート約200万画素(f/2.4)
インカメラ約1600万画素(f/2.0)
BluetoothBluetooth 5.0
Wi-Fi2.4/5GHz 802.11 a/b/g/n/ac
対応周波数FDD-LTE: Bands 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28
TD-LTE: Bands 38 / 39 / 40 / 41
WCDMA: Bands 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900MHz
キャリアアグリゲーション対応
バッテリー容量4025mAh
サイズ縦幅約160.9mm×横幅約74.1mm×厚さ約8.2mm
重さ約175g
SIMスロット排他的デュアルSIMスロット
(nanoSIM+nanoSIM / microSD)
NFC対応(FeliCa対応)

OPPO Reno3 AとOPPO Reno Aの比較

OPPO Reno3 AOPPO Reno A
CPUQualcomm Snapdragon 665Qualcomm Snapdragon 710
メモリ6GB6GB
ストレージ128GB64GB
128GB(楽天モバイルのみ)
ディスプレイ6.44 インチ FHD+(2400×1080)
Corning Gorilla Glass 5
有機EL(AMOLED)
6.4インチ FHD+(2340×1080)
Corning Gorilla Glass 5
有機EL(AMOLED)
アウトカメラ約4800万画素(f/1.7)
約800万画素(f/2.2)
約200万画素(f/2.4)
約200万画素(f/2.4)
約1600万画素 (f/1.7)
+約200万画素 (f/2.4)
インカメラ約1600万画素(f/2.0)約2500万画素(f/2.0)
バッテリー容量4025mAh3600 mAh
サイズ
(高さ×幅×厚さ)
約160.9mm×約74.1mm×約8.2mm約 158.4mm×75.4mm×7.8mm
重さ約175g約169.5g

OPPO Reno3 Aは、2019年10月ごろに発売されたOPPO Reno Aの後継機の扱いとなっています。価格はほぼ同じ。

CPUはSnapdragon 665と、OPPO Reno Aと比べると少しだけ下がってしまいました。メモリは同じで、ストレージは128GBに固定。

最も異なる点はカメラ性能で、OPPO Reno3 Aのアウトカメラは4つのレンズを搭載しており大幅に向上しています。

バッテリー容量も少しアップしました。サイズや重さもほぼ代わりません。

Antutu Benchmarkでベンチマーク計測

AnTuTu Benchmark v.8.3.9で計測。スコアは182059。

カメラ作例

ナイトモードやポートレートモードにも対応し、全体的に見ても綺麗に撮れているなと思います。

オート撮影

ナイトモードで撮影

 

ポートレートモード

通常撮影

ポートレートモード

超広角撮影

通常撮影

超広角撮影

超広角レンズによって、画角119度の撮影が可能となっています。

メインレンズが4800万画素なのに対して、超広角レンズは800万画素のため、画質が落ちてしまいますがしょうがないでしょう。

カメラ機能詳細

グーグルレンズにも対応しています。

防水防塵・おサイフケータイに対応

防水防塵対応

OPPO Reno3 Aは防水防塵(IP68)に対応していますが、防水防塵に対応しているスマホは何してもOK!無敵!というわけじゃないです。防水防塵性能に対して過度の期待は禁物です。

雨の日にうっかり水に濡れてしまうとか、水溜りとかにうっかり落としてしまった!水濡れが心配だったけど大丈夫だった!、それくらいのレベルだと思ってください。

たとえば、iPhone 7 以降の防沫・耐水・防塵性能について - Apple サポート、水濡れによる損傷を防ぐために以下の行為はお控えくださいと書かれています。

iPhoneでさえこう書いてるので、乱暴に使うのはやめたほうがいいですね。

  • iPhone を着用したまま泳ぐまたは入浴する
  • iPhone に水圧が強い水や流速が大きい水をかける (たとえば、シャワー、ウォータースキー、ウェイクボード、サーフィン、ジェットスキーなど)
  • iPhone をサウナやスチームルームで使う
  • iPhone を意図的に水没させる
  • 推奨される温度範囲外、または極度に湿度の高い条件下で iPhone を動作させる
  • iPhone を落とすなど、衝撃を与える
  • iPhone を分解する (ネジを外すなど)

 

おサイフケータイ対応

OPPO Reno3 Aは、FeliCaを搭載しているためおサイフケータイに対応しています。

おサイフケータイのプリインアプリ

搭載機能を紹介

ディスプレイ上指紋認証搭載

ディスプレイ上に指紋認証が搭載されています。

軽く触っただけでは駄目で、しっかり押し付ける必要があります。

画面分割表示が可能です

画面分割表示ができます。アプリによっては対応していないものもあります。

スマートサイドバーでアプリに即アクセス

サイドからバーを引き出すことができます。配置するアプリも編集することができます。

ジェスチャー操作が可能

子供の利用を制限できる「キッズスペース」

「キッズスペース」では子供にスマホを使わせるときのために、時間制限や利用できるアプリを設定することが可能です。

ゲームブースト機能

ゲームスペースにゲームアプリを追加することで、ゲームプレイ時の性能と電池消費量のバランスを設定することができます。

ゲーム性能を向上させる代わりに電池消費量が多くなる「コンテストモード」、ゲーム性能と電力消費をバランスよくする「均衡モード」、ゲーム性能を下げる代わりに電池消費量を下げる「低電力モード」を選択できます。

また、ゲームプレイ中の通知についても設定できます。

その他

初期状態のホーム画面

初期状態のストレージ

動画1時間再生でのバッテリーの減りをチェック

OPPO Reno3 Aのバッテリー容量は4025mAhです。

youtubeで1時間動画を再生してみたところ、バッテリーの減りは61%→55%でした。

BIGLOBEモバイル タイプAのSIMで速度計測

BIGLOBEモバイルのSIMを挿して速度測定してみました。

OPPO Reno3 Aまとめ

OPPO Reno3 Aのいいところ

  • カメラ性能が高い/クアッドカメラ搭載
  • 防水防塵対応
  • おサイフケータイ対応
  • イヤホンジャック搭載

OPPO Reno Aに引き続き、日本のユーザーが求める防水防塵おサイフケータイに対応していることで、多くの人が購入の選択肢に入ってくるでしょう。

OPPO Reno3 Aの気になるところ

  • OPPO Reno Aと比べてCPU性能が若干落ちた
  • ディスプレイ内指紋認証の解除が少し遅い
  • 独自OS(ColorOS)なので慣れるまでちょっと時間がかかるかも

OPPO Reno3 AはOPPO Reno Aと比べ、カメラ性能が高くなった代わりにCPU性能が若干落ちてしまっていますが、劇的にCPU差があるというわけでもないので、カメラ性能を求めている方にはOPPO Reno3 Aをオススメします。

ディスプレイ内指紋認証については、指の腹をしっかりディスプレイに押し付けないと失敗する可能性が高いです。コツをつかめばらくらく解除できるようになります。また、同じ指を複数回登録しておくといいですよ。

今まで純粋なAndroid搭載スマホを利用していた人には、ColorOSは純粋Androidと異なるところもあって慣れるまで時間がかかるかもしれません。

BIGLOBEモバイルではお得なキャンペーン実施中

BIGLOBEモバイルでは、SIMやスマホを契約する人を対象にしたお得なキャンペーンを毎月実施しています。

OPPO Reno3 Aは、①プラン料金1600円値引き、②初期費用分を全額ポイント還元、③5000円相当ポイント還元、④音声通話SIM限定エンタメフリー・オプション⑥ヶ月無料、の4つのキャンペーンが適用されます。

最新情報はBIGLOBEモバイルのキャンペーン解説記事をご覧ください。

BIGLOBEモバイル申し込みはこちらから!

BIGLOBEモバイル

ボタンを押すとBIGLOBEモバイルのページに移動します


Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

センスのないヘッダーとか描いたりアイキャッチ作ったり画像編集したりたまに記事書いてます。

-レビュー
-

© 2020 公安9課