MSIからGTX1650搭載MIni-ITXサイズのグラボ「GeForce GTX 1650 D6 AERO ITX OCV1」発売

MSIからGTX1650搭載MIni-ITXサイズのグラボ「GeForce GTX 1650 D6 AERO ITX OCV1」が発売されます。

エムエスアイコンピュータージャパン株式会社は2020年8月28日、、NVIDIA のTuringアーキテクチャを採用たGeForce GTX 1650 を搭載したグラフィックスカード「GeForce GTX 1650 D6 AERO ITX OCV1」を発売開始いすることを発表しました。

スペックは以下の通り。

製品名MSI GeForce GTX 1650 D6 AERO ITX OCV1
GPUNVIDIA GeForce GTX 1650
CUDAコア896ユニット
メモリGDDR6 4GB
メモリインターフェース128ビット
ブーストクロック1,620MHz
メモリクロック12,000MHz(データレート)
バスインターフェースPCI Express 3.0 x16
ディスプレイ出力端子DisplayPort 1.4×1、HDMI 2.0b×1、DL-DVI-D×1
補助電源6ピン×1
消費電力最大75W
外形寸法約171×115×43mm

従来のGDDR5 (8Gbps)よりもメモリスピードが高速なGDDR6 (12Gbps)を搭載することで、処理能力が従来の製品より最大10%向上しています。

映像出力端子を3系統備えたことでマルチディスプレイ運用にも適しており、カード長約17cmに抑えたショートサイズで省スペース・コンパクトなPCへの搭載にもオススメです。

MSI独自のオーバークロックユーティリティAfterburnerを利用することで、システムに応じてより高クロックかつ安定したオーバークロック動作を試すことができます。

補助電源は6ピン×1で消費電力は最大75Wなので昔のパソコンでも安心です。DisplayPortやHDMI2.0もついているので、グラボから映像出力して複数画面構成したい人にもいいですね。


Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-グラフィックカード/グラフィックボード
-,

© 2020 公安9課