MSIオリジナルのGTX1080搭載グラフィックスカード2製品が発表

GeForce GTX 1080 GAMING X 8G

MSIオリジナルのGTX1080搭載グラフィックスカード「GeForce GTX 1080 GAMING X 8G」「GeForce GTX 1080 SEA HAWK」2製品が発表されました。

MSIは2016年5月27日、NVIDIAの最新フラッグシップGPUであるGeForce GTX 1080を搭載したMSIオリジナルのグラフィックスカード「GeForce GTX 1080 GAMING X 8G」「GeForce GTX 1080 SEA HAWK」の2製品を順次市場投入することを発表しました。

GeForce GTX 1080 GAMING X 8Gは近日発売で市場想定価格は未定、GeForce GTX 1080 SEA HAWKは発売予定次期、市場想定価格ともに不明です。

MSI独自基板を採用する「GeForce GTX 1080 GAMING X 8G」 は、ファンブレードのさらなる改良によりエアプレッシャーを高めたトルクスファン2.0と、ヒートパイプ形状を改良したスムース・ヒートパイプにより放熱 性を向上させたTWIN FROZR VIを採用し、低負荷時にはファンの回転を停止するZero Frozrもサポート。

NVIDIAリファレンス設計の「GeForce GTX 1080 Founders Edition」よりも高クロックな、ベースクロック1708MHz(リファレンスは1607MHz)、ブーストクロック1847MHz(同1733MHz)のGPU動作を実現しました。また、8GB搭載するGDDR5Xメモリも、リファレンスの10010MHzより高速な10108MHzでオーバークロック動作させています。

映像出力端子はDisplayPort1.4×3(最大7680×4320@60Hz), HDMI2.0b×1(最大3840×2160@60Hz), Dual-Link DVI-I(最大2560×1600@Hz)を搭載。最大消費電力は180W、補助電源コネクタは6pin×1, 8pin×1。

GeForce GTX 1080 SEA HAWK

「GeForce GTX 1080 SEA HAWK」は、NVIDIAリファレンス基板を採用しながらも、GPUの冷却にCorsair社製水冷ユニット「Hydro H55」を搭載し、メモリやVRMにはファンによる空冷を施すデュアル冷却機構により、GeForce GTX 1080 GAMING X 8Gと同じ高クロック動作に対応しています。

その他スペックはGeForce GTX 1080 GAMING X 8Gとほぼ同一で、ベースクロックは1708MHz、ブーストクロックは1847MHz。映像出力端子はDisplayPort1.4×3(最大7680×4320@60Hz), HDMI2.0b×1(最大3840×2160@60Hz), Dual-Link DVI-I(最大2560×1600@Hz)を搭載。最大消費電力は180W、補助電源コネクタは8pin×1。

 

 

情報元 : GTX 1080 GAMING X 8G | MSI Global

情報元 : GTX 1080 SEA HAWK | MSI Global | Graphics card

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

SIMのみ契約で最大1万円キャッシュバック!

UQモバイルでSIMのみ契約すると最大1万円キャッシュバック!(auやpovoからは除く)

スマホ契約時は値引きがあるのでSIMフリー版を買うよりも、UQモバイルでスマホを買ったほうが安く済む可能性が高いですよ!

楽天モバイルは最安無料&楽天回線なら使い放題!

  • 楽天回線エリアならデータ通信使い放題
  • プラン料金3ヶ月無料や楽天ポイント還元
  • 1GB以下なら月額無料
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題

2021年6月18日からSIMのみ+他社から乗り換えで契約すると楽天ポイント合計最大2万ポイント還元!

通常は5000ポイント還元なので1万5000ポイント増額しています!終了日未定なので楽天モバイルの契約を検討している人はお早めに!


ワイモバイル公式でスマホ契約すると最大2万1600円値引き!SIMのみ契約も特典あり!

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-グラフィックカード/グラフィックボード, ニュース
-,