M.2 SSDとは?メリットやデメリットを解説。オススメの製品も紹介

投稿日:

PLEXTOR-M8SeGN

M.2 SSDとは?メリットやデメリットを解説。オススメの製品も紹介。

M.2とは規格のことです

ASRockZ97Extreme6_037

M.2とはZ97, H97, X99マザーボードで正式サポートされた規格の1つ。mSATAの後継として開発されました。

ストレージとのインタフェース(内部での接続)にPCI Expressを採用することで理論上の最大転送速度が30Gb/sとなっており、速度が頭打ちになっているSATA3の6Gb/sよりも高速な転送速度が期待できます。インターフェースはSATA3とPCI Expressの両方に対応しています。

Intel チップセット別のM.2スロットの最大転送速度

チップセット名最大転送速度
Intel Z39032Gb/s
(PCI Express 3.0x4)
Intel Z370
Intel H370
Intel B360
Intel H310
32Gb/s
(PCI Express 3.0x4)
Intel Z270
Intel H270
Intel B250
32Gb/s
(PCI Express 3.0x4)
Intel Z170
Intel H170
Intel B150
Intel H110
32Gb/s
(PCI Express 3.0x4)
Intel Z97
Intel H97
10Gb/s
(PCI Express 2.0x2)
Intel Z87
Intel H87
なし

M.2スロットの最大転送速度はマザーボードによるのでチェックしてください。マザーボードによっては20Gbpsだったり16Gbpsだったり10Gbpsだったり8Gbpsだったりします。本当に物によります。

たとえばIntel B310チップセットを搭載するマザーボードでも製品によって異なり、MSI H310M GAMING PLUSのM.2スロットは最大20Gb/s、ASUS TUF H310-PLUSのM.2スロットは最大10Gb/sです。

AMD チップセット別のM.2スロットの最大転送速度

チップセット名最大転送速度
AMD X39932Gb/s
(PCI Express 3.0x4)
AMD X470
AMD B450
32Gb/s
(PCI Express 3.0x4)
AMD X370
AMD B350
AMD A320
32Gb/s
(PCI Express 3.0x4)
AMD 990FX
AMD 990X
20Gb/s
(PCI Express 2.0x4)

こちらもやはりM.2スロットの最大転送速度はマザーボードによるのでチェックしてください。最近のマザーボードであれば32Gb/sなのでご安心ください。

M.2 SSDはカード状です。内蔵します

m2-ssd

M.2 SSDはこのようにカード状になっています。

msi_next_gen_enthusiast_twin_m2

M.2 SSDはマザーボード上のM.2スロットに挿入してネジで固定します。M.2スロットはここ数年でマザーボード上に装備されてきているものなので、一昔前のPCで使われているマザーボード上には無い可能性があります。

M.2 SSDのメリット・デメリット

メリットデメリット
データ転送速度が超高速
読み込み書き込みが速い
高速な分発熱問題を抱えている
 衝撃に強いマザーボード上のSATA3ポートが
使えなくなることがある
 -高性能なものほど値段が高い

メリットもあればデメリットもあるということで、代表的なのは発熱問題です。また、M.2 SSDを搭載するとマザーボード上のSATA3ポートが使えなくなることがあります。

インターフェースのSATA3とPCI Expressってどう違うの?

M.2 SSDのインターフェースはSATA3接続とPCI Express接続の2種類あります。

SATA3接続だとシーケンシャルリード・シーケンシャルライトともに550MB/s程度までしか出ませんが、PCI Express接続はそれ以上の高速な転送速度を実現しています。M.2 SSDの中にはシーケンシャルリードが3500MB/sのものもあります。

SATA3とPCI Expressでこれだけ違う!

このCrystalDiskMarkのベンチマーク結果を見れば分かるように、インターフェースがPCI ExpressのM.2 SSDはSATA SSDと比べると高速なことが分かります。

NVM Expressを採用

データ転送速度が高速なM.2 SSDには、NVM Expressというプロトコルが採用されています。

AHCIはSSDが存在しない頃に開発・策定されたものなので、SSD高速化の足かせとなっていました。

NVM ExpressはメモリベースのストレージであるSSD向けに開発・策定されたものです。

M.2 SSDの主な大きさは3種類

M.2規格

M.2 SSDはこのようにカードの形状になっており、規格によって大きさが違ってきます。

この画像でいうと、上から

  • type2280(22×80)
  • type2260(22×60)
  • type2242(22×42)

となります。発売されているM.2 SSDの規格(大きさ)は大体この3つに分けられます。現状一番製品数が多いのは2280です。2242や2260は選択肢がほぼTranscendしかない状態です。

M.2スロットは内部でSATA3ポートと同じ帯域を使用しているものがある

M.2ソケットは、SATAポートまたはPCIe x4スロットと内部でバンド(帯域)幅を共有しているのでM.2ソケットを使用するとSATAポートが使えなくなることがあります。

中にはSATAポートを消費することなくM.2 SSDを使用できるマザーボードもあります。どのポートが使えなくなるか、何個使えなくなるかなどはマザーボードによってまちまちです。M.2とSATAが完全に独立するのはまだまだ先のようです。

ASUSのROG MAXIMUS IX CODEのスペックには、「M.2_1ソケットがSATAモードで動作している場合SATAポート1が無効になる」「M.2_2ソケットがPCIe 3.0 x4モードで動作している場合SATAポート5と6が無効になる」という記載があります。

ga-z270x-gaming-7-m2

GIGABYTEのGA-Z270X-Gaming 7のマニュアルには、このようにM.2ソケットにM.2 SSDを載せた場合に使えなくなるポートなどの組み合わせ表が掲載されています。

ASRockのZ270 Taichiのマニュアルには、「M.2_1はSATA3_0およびSATA3_1とレーンを共有」「M.2_2はSATA3_4およびSATA3_5とレーンを共有」「SATAタイプM.2デバイスではM.2_3を試用している場合はSATA_3が無効になる」という記載があります。結構使えなくなります。

z270-gaming-pro-carbon-m2

MSIのZ270 GAMING PRO CARBONのマニュアルにはM.2スロット使用時の様々な組み合わせの実例としてかなり分かりやすく図解されています。他のメーカーもこれくらいやってくれるとありがたいですね。

また、M.2ソケットによってはSATAとPCIe両方に対応しているソケット、PCIeのみ対応しているソケットなどがあります。

M.2 SSDを使いたいという人はよくスペックを見たほうがよさそうです。

M.2スロットの中には、SATA3ポートと同じ帯域を使用しているため同時使用に制限がかかるものがあります。

たとえばASUS Z270-Aでは、M.2スロット1にM.2 SATA SSDを取り付けた場合SATA6_1ポートが無効になり、M.2スロット2はSATA3_5-6ポートと同じ帯域を使用しているため、M.2 SSDを取り付けた場合は5-6ポートが無効になります。

どのSATA3ポートが無効になるかは分からないので、マザーボードのマニュアルを参照してください。

M.2 SSDが高温になると性能が低下する

M.2 SSDはSATA3 SSDよりも遥かに高速な転送速度を実現していますが、その分消費電力が大きくなり発熱もします。発熱で高温になった結果性能が低下したり、最悪の場合は破損してしまう可能性もあります。

もちろんM.2 SSDを出しているメーカーもそこら辺を考慮して、放熱させるために金属製ヒートシンク付きのM.2 SSDも発売されています。

M2SSD-heatsink

ヒートシンクが付属していないM.2 SSDであっても、アイネックスなどのメーカーが発売しているM.2 SSD用のヒートシンクと組み合わせることで発熱を比較的防ぐこともできます。

オススメM.2 SSD

インターフェースがSATA3のM.2 SSDは2.5インチSSDと性能は全く変わらないので、せっかく搭載するならばインターフェースがPCI Expressの超高速なM.2 SSDを搭載するべきです。

Samsung 970 PRO

製品名Samsung SSD 970 PRO
型番MZ-V7P1T0B/ITMZ-V7P512B/IT
容量1TB(1024GB)512GB
インターフェース
(転送速度・規格値)
PCIe Gen 3.0×4、NVMe1.3
フォームファクタM.2 (Type 2280)
NANDフラッシュSamsung V-NAND 2bit MLC
コントローラSamsung Phoenix コントローラ
キャッシュメモリ1GB LPDDR4512MB LPDDR4
シーケンシャルリード3500MB/s
ライト2700MB/s2300MB/s
ランダムリード500000 IOPS370000 IOPS
ライト500000 IOPS
MTBF(平均故障間隔)150万時間
TBW1200TB600TB
保証期間5年間
製品公式SSD 970 PRO シリーズ| Samsung SSDシリーズ

970 PROは、次世代PCIe Gen3.0x4 NVMe インターフェースに最新のV-NANDテクノロジーおよび新たに強化されたPhoenixコントローラを組み合わせて、以前の世代より約30%高速な最大3500/2700MB/sの驚異的なシーケンシャルR/W(リード/ライト)速度を実現。

TBW(総書き込みバイト量)は最大1200TBを実現し、5年間の限定保証付き。最新のV-NANDテクノロジーにより前世代対比で50%高い耐久性を実現しています。

要はこちらの方がスペックがいいのですが容量は1TBまで。正直M.2 SSDは1TBもあれば十分すぎるほどだと思うのですが、もっと欲しい!という人は970 EVOシリーズを選びましょう。

Samsung 970 EVO

製品Samsung SSD 970 EVO
型番MZ-V7E2T0B/ITMZ-V7E1T0B/ITMZ-V7E500B/ITMZ-V7E250B/IT
容量2TB1TB500GB250GB
インターフェース
(転送速度・規格値)
PCIe Gen 3.0×4、NVMe1.3
フォームファクタM.2 (Type 2280)
外形寸法 (L×W×H)
(*2)
80.15×22.15×2.38(mm)
NANDフラッシュSamsung V-NAND 3 bit MLC
コントローラSamsung Phoenix コントローラ
キャッシュメモリ2GB LPDDR41GB LPDDR4512 MB LPDDR4
シーケンシャルリード3500MB/s3400MB/s
ライト2500MB/s2300MB/s1500MB/s
ランダムリード500000 IOPS370000 IOPS200000 IOPS
ライト480000 IOPS450000 IOPS350000 IOPS
MTBF(平均故障間隔)150万時間
TBW1200TB600TB300TB150TB
保証期間5年間
製品公式SSD 970 EVO シリーズ| Samsung SSDシリーズ

970 EVOは、新しいPhoenixコントローラとインテリジェントターボライト(Intelligent TurboWrite)テクノロジーにより、ハイエンドのゲーミングを一変させ、グラフィック中心の作業を高速化します。以前の世代より32%高速に書き込める、3300/2500MB/s という驚きのシーケンシャル読み出し/書き込み速度を

TBW(総書き込みバイト量は最大1200TBを実現し、5年間の限定保証付き。前世代対比で50%高い耐久性を実現しています。

970 EVOシリーズは970 PROシリーズよりも多少スペックが抑えめですが、ぶっちゃけこっちの方を選べば良いと思います。

 




Y!mobileで月額料金割引キャンペーン実施中!

  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-SSD, 解説
-

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.