LINEMOのメリット・デメリットまとめ

LINEMOのメリット・デメリットまとめ。

LINENOのメリットやサービスの特徴

事務手数料無料・契約解除料なし・2年縛りなし

LINEMOは、

  • 契約事務手数料無料
  • 契約解除料無料・2年縛りなし
  • MNP転出手数料なし
  • SIMカード再発行時の手数料なし
  • eSIM再発行時の手数料なし
  • SIMカードからeSIM、eSIMからSIMカードへの変更時の手数料なし

です。気軽にSIMカードやeSIMを試せます。

月額料金が安くなる

LINEMOではミニプラン(月3GB/月額990円)、スマホプラン(月20GB/月額2728円)の2つのプランが提供されています。ドコモ/au/ソフトバンクから乗り換える人は、まず間違いなく月額料金が安くなります。

プランは毎月変更可能で、翌月1日に適用されます。使用状況に合わせてプラン変更していけます。

ミニプランスマホプラン
月間データ容量3GB20GB
月額基本料金990円2728円
LINEギガフリー対応対応
月間データ容量超過後の
通信速度
300kbps1Mbps
eSIM対応対応
契約後のプラン変更スマホプランに
変更可能
ミニプランに
変更可能

5G対応/eSIM対応

LINEMOは5Gサービス/eSIMが利用可能です。

5Gサービスの利用には5G対応端末が必要です。5G通信を利用する場合、5G対応端末を自分で準備する必要があります。

LINEMOでeSIMを利用する場合はeSIM対応端末を自分で用意してください。

ソフトバンクと同じネットワークを使っているので高速通信できる

LINEMOはソフトバンクと同じネットワークを使っているので高速通信できます。月額990円のミニプランでもキャリア品質です。

LINEMOは追加料金なしで5G通信が利用可能です。LINEMOは2021年3月17日からサービスを開始しましたが、開始当初から5Gに対応しています。

5G通信を利用するためには、5Gに対応したスマートフォン、5Gの電波が飛んでいるエリアに行く必要があります。どこでも5Gで通信できるわけではないのでご注意ください。

LINEMOに乗り換えたら速度が遅くなった!とかいう人がいますが、それは乗り換えたばっかりだから通信速度が気になるだけで、数日経ったら気にもしなくなります。

――「LINEMOの通信速度が昼と夕方に遅い」という声があるようだ。ソフトバンク回線と品質同じと思っているが、実際はどうなのか。

寺尾氏
 品質の差はないと認識しています。

――ということはソフトバンク回線自体が遅い?

寺尾氏
 遅い場所や時間があってもおかしくないです。LINEMOだけというわけではなく、ソフトバンクのネットワークにおいて朝の東京駅など、かなり遅い状況になっている。そういうことであればわかります。

 LINEMOは、特別なネットワーク制御をしていません。むしろ、そんな器用なことができず困っているくらいです。

[ソフトバンク寺尾氏が真っ正直に語る、「LINEMO」で月額990円/3GBの新プランができた理由とeSIMの難しさ] - ケータイ Watch

LINEのトーク・音声・ビデオ通話が使い放題(ギガノーカウント)

LINEMOは、LINEのトークはもちろん、音声通話やビデオ通話のデータ消費がゼロになります。データ容量を使い切っても(通信速度制限がかかっても)、LINEアプリの通信速度は落ちません。

  • ※1 トークでの位置情報の共有・Liveの利用、スタンプショップの利用、ニュース記事の閲覧など一部LINEギガフリーの対象外があります。
  • ※2 iOS 15以降でiCloud+を利用する際に、プライベートリレーをオンに設定した状態でSafariブラウザからギガフリーの対象サービスを利用すると、データ量を消費する場合がございます。プライベートリレーをオフにした場合、iOS 14以前同様にギガフリーの対象サービスがデータ量を消費せずご利用いただけます。
  • ※3 時間帯により速度制御の場合あり

口座振替でも契約できる

LINEMOはクレジットカードと口座振替の2つの支払い方法に対応しています。

VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Clubのクレジットカードが利用できます。

クレジットカードの引き落とし日は、利用クレジット会社の規約に基づく振替日となります。

口座振替は翌月26日頃に引き落としとなります。

ソフトバンクまとめて支払いが利用できる

LINEMOはソフトバンクまとめて支払いが利用できます。

このソフトバンクまとめて支払いを利用してPayPayにチャージすることもできます。

PayPayにチャージするときはクレジットカードはヤフーカードしか利用できませんが、ソフトバンクまとめて支払いを利用すればヤフーカード以外のクレジットカードも利用できるというメリットがありますよ。

LINEMO(ラインモ)に乗り換えるときの注意点やデメリット

オンライン専用プランなので、実店舗や電話でのでサポートは受けられない

LINEMOはオンライン受付専用プランなので、サポートはチャットやLINEで受け付けています。

あなたがLINEMOで困ったことがあったとき、ソフトバンクショップやワイモバイルショップに行ってもサポートは受けられません。

スマホプランに5分かけ放題をつけるならahamoのほうが安い

LINEMOの契約を検討する人は当然ahamoと比較すると思いますが、LINEMOのスマホプランに5分かけ放題をつけるならahamoのほうが安いです。

LINEMOの通話オプション割引キャンペーンを利用すれば、LINEMO契約から1年後まで5分以内の国内通話定額オプションが無料になりますが、1年経過後は550円かかります。

1年経過後は、スマホプラン月額2728円+5分以内国内通話かけ放題オプション月額550円=合計で月額3278円かかります。

データ使い放題プランは無い

LINEMOではデータ使い放題プランは提供されていません。3GBか20GBです。

これまでガンガンデータ通信していた人は、あっという間に通信制限されてしまう可能性があります。

余ったデータ通信量の翌月繰り越しができない

LINEMOは余ったデータ通信量を翌月に繰り越すことはできません。毎月3GB/20GB使い切りタイプです。

LINEMOは時間帯による通信速度の制限があると明言している(多分無い)

LINEMOは、時間帯による通信速度の制限があると明言しています。

が、そういう話を目にしたことがないのでおそらく制限はありません。

ネットワークサービスの安定的な提供のため、時間帯により、動画、ゲーム等のサービス、AR(拡張現実)等の機能を用いたサービス、その他トラヒックの混雑を生じさせるおそれのあるサービスのご利用にあたり、通信速度を制御いたします。なお、通信の切断は行いません。
通信が混雑し、または通信の混雑が⽣じる可能性がある場合、ネットワーク全体の品質を確保するため、通信の種類及び内容にかかわらず、速度を制御する場合があります。その他詳細は公式ウェブサイトに掲載しお知らせいたします。

LINEMOではスマホを販売していないので、自分で用意しないとダメ

LINEMOはAndroidスマホやiPhoneを販売していないので、LINEMOに乗りかえと同時に新しいスマホを購入することはできません。

Amazonや家電量販店などで、自分で新しいSIMフリー版AndroidスマホやiPhoneを用意してください。

留守番電話・転送電話サービスが無い

LINEMOでは、留守番電話サービス・転送電話サービスを提供していません。

キャリアメールアドレスが無料で使えなくなる

ドコモ/au/ソフトバンク/ワイモバイルなどで無料でキャリアメールアドレスを利用している人は、LINEMOに乗り換えるとキャリアメールアドレスが無料で使えなくなります。

どうしても今のキャリアメールアドレスを使い続けたいなら、LINEMOへの乗りかえ完了後、各キャリアの提供しているメールアドレス持ち運びサービスを申し込んでください。

メールアドレス持ち運びサービスは、月額払いと年払いが用意されていますが、だいたいどちらも年間4000円近い支払いが必要です。

LINEMOへの乗りかえと同時にキャリアメールアドレスの使用を「辞める」場合は、LINEMOに乗り換える前にGmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスに全部変えるようにしましょう。

Apple IDにドコモのキャリアメールアドレスを使っている場合も変更しておきましょう。

固定回線とのセット割は無い

LINEMOでは固定回線とのセット割はありません。ソフトバンク光、SoftBank Airと併用しても、LINEMOの料金が安くなることはありません。

家族割引サービスや固定回線とのセット割が解除される可能性あり

ドコモ/au/ソフトバンクなどで、固定回線とのセット割引、家族割引サービスを利用している人は、回線数が減少することにより割引の対象外、割引額が減少する可能性があるので注意してください。

Yahoo!プレミアム特典無し

LINEMOでは、ソフトバンクやワイモバイルで提供されている「Yahoo!プレミアムが無料で利用できる」特典は提供されていません。

18歳未満は契約できない

LINEMOは18歳未満は契約できませんが、18歳以上の人を契約者とし、自身は使用者として利用することができます。

要は親にLINEMOのSIMカードやeSIMを契約してもらって、実際に使うのは子供、ということです。

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

UQモバイルのSIMカード/eSIM契約でau PAY残高還元!スマホは最大2万200円値引き!

  • eSIMで契約すると最短45分でUQモバイルが開通!SIMカードは間に合わなくてもeSIMなら間に合うかも?
  • SIMのみ契約するとau PAY最大1万3000円相当還元!
  • 他社から乗り換え+増量オプションⅡ加入でiPhoneが最大2万2000円割引!
  • auでんきやauのインターネットサービス(ネット+電話)を利用している人は自宅セット割が適用!1人でも最安で月額990円から利用可能!

ahamoがオススメ

  • ドコモの高品質な4G/5Gネットワークが利用できる
  • 基本料金月額2970円(機種代金別途)
  • 月間データ容量20GB
  • 国内通話5分無料付き(超過後は22円/30秒)
  • SIMカード/eSIMのみで契約できるし、スマホとSIMを購入も可能

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-解説