ドコモ版 SHARP AQUOS wish2 SH-51C実機レビュー

2022/07/27

ドコモ版 SHARP AQUOS wish2 SH-51C 実機レビュー。

ドコモ版AQUOS wish2レビュー

AQUOS wish2を試用する機会がありましたので、レビューを行いたいと思います。カラーはチャコールです。

AQUOS wish2 SH-51Cは2022年6月4日にNTTドコモから発売されました。5G対応の低価格帯Androidスマートフォンです。

シャープのAndroidスマートフォンにおいて、フラッグシップであるRシリーズ、スタンダードなsenseシリーズに加え、新たに導入されたベーシックなシリーズとなります。

AQUOS wish2は、CPUにSnapdragon 695、メモリ4GB、ストレージ64GBを搭載しています。

指紋認証は搭載されていますが、顔認証には対応していません。防水防塵、おサイフケータイに対応しています。

本体サイズは約147mm×約71mm×約8.9mm、重量は約162gです。

AQUOS wish2 SH-51Cの詳細はこちら

AQUOS wish2 SH-51C

ドコモオンラインショップに移動します

AQUOS wish2外観フォトレビュー

本体正面。

ディスプレイは約5.7インチ、HD+(720×1520)、リッチカラーテクノロジーモバイルを採用しています。

インカメラは約800万画素となっています。

本体背面。

アウトカメラはシングルレンズで、約1300万画素を搭載しています。ナイトモードやポートレートモードにも対応しています。

本体上部。

ヘッドセット接続端子(イヤホンジャック)が搭載されています。

本体下部。

nanoSIMカード/microSDカード挿入口、マイク、スピーカー、USB Type-C端子が搭載されています。USB Power delivery Revision3.0に対応しています。

本体右側面。音量キー、アシスタントキー、電源キー、指紋センサーが搭載されています。

本体左側面にはボタン類はなし。カードスロットが搭載されています。

こちらはnanoSIMカード/microSDカードスロットを取り出した様子です。SIMピンがなくても手で引き出すことができます。

AQUOS wish2のスペック詳細

機種名AQUOS wish2 SH-51C
本体サイズ[高さ×幅×厚さ/mm]約147×71×8.9mm
SIMnanoSIM
質量[g](電池含む)約162g
OSAndroid 12
CPUSnapdragon 695
2.2GHz+1.8GHz
オクタコア
内蔵メモリ[RAM/ROM]約4GB/64GB
外部メモリ最大対応microSDXC(1TB)
ディスプレイディスプレイ約5.7インチ
TFT
ディスプレイ解像度[横×縦]HD+
720×1520
HDR-
カメラ有効画素数/F値アウト約1300万画素/2.0
イン約800万画素/2.0
電池バッテリー容量3730mAh
通信・通話通信速度[受信時/送信時の最大速度]5G1.9Gbps/218Mbps
4G(LTE)500Mbps/75Mbps
VoLTE/VoLTE(HD+)○/○
テザリング同時接続数
[Wi-Fi/USB/Bluetooth]
10台/1台/4台
Bluetooth(対応バージョン)○(5.1)
充電接続端子USB Type-C
ワイヤレス充電(Qi)-
その他防水/防塵○/○
ワンセグ/フルセグ-/-
おサイフケータイ
[FeliCa]
生体認証○ 指紋
ハイレゾ-

AQUOS wish2は5G通信に対応

AQUOS wish2は5Gのミリ波帯に対応し、大容量の動画・静止画データの高速伝送や4Kコンテンツの高速ストリーミング再生などが可能です。

AQUOS wish2が対応している日本国内の周波数帯を解説

5G SA

n78(3.7GHz)-
n79(4.5GHz)-
n257(28GHz)-

5G NSA

n78(3.5GHz)-
n78(3.7GHz)
n79(4.5GHz)
n257(28GHz)-

4G(LTE)

FD-LTEバンド1 (2.0GHz)
バンド3 (1.7GHz)
バンド19 (800MHz)
バンド21 (1.5GHz)-
バンド28 (700MHz)-
TD-LTEバンド42 (3.4GHz,3.5GHz)-

3G(W-CDMA)

FOMAバンド1(2GHz)-
FOMA(プラスエリア)バンド6(800MHz)-
FOMA(新800M)バンド19(800MHz)-

その他対応している周波数帯

【5G】
n77※、n78、n79
【4G(LTE)】
バンド1、バンド3、バンド8※、バンド18※、バンド19、バンド39※
【3G】
バンド1※、バンド8※
※ドコモでは利用できない周波数帯です。

ドコモの5Gスマホを契約すると5Gが利用不可に

ドコモの5G契約で5G対応スマホを利用する場合は、3G通信ができなくなります。

  • 5Gでご契約されるためには、5Gの機種が必要となります。
  • 5Gのご契約で5G機種をご利用の場合、3G通信はご利用いただけません。
    (一部機種※は3G通信可能ですが、2020年11月10日(火曜)から3G通信をご利用いただけなくなります。)

    • Galaxy S20 5G SC-51A、Galaxy S20+ 5G SC-52A、AQUOS R5G SH-51A、Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A、Galaxy A51 5G SC-54A
  • 4Gをご契約のまま、5G機種をご購入することはできません。

5Gのご契約とご利用機種に関するご注意事項 | 通信・エリア | NTTドコモ

AQUOS wish2は最初からSIMロックなしのSIMフリー状態で販売

2021年8月27日(金曜)以降に新たに発売される機種をご購入されるお客さまへ
2021年8月27日(金曜)以降に新たに発売される機種をご購入される場合は、SIMロックが設定されていないため、SIMロック解除の手続きは不要です。
なお、機種ごとの対応周波数帯については、本ページ下部にある「ご注意事項」内のPDFもしくは各機種のスペック詳細よりご確認ください。

<ご注意事項>
ご注意事項→他社のSIMカードをご利用いただく際の動作保証について

<各機種のスペック詳細>
ホーム→製品→該当機種→スペック→スペックの詳細を見る

AQUOS wish2はドコモ回線以外のSIMカードを入れても使える?

au回線(au/UQモバイル/povo等)

au回線でプラチナバンドとして使用されているLTE Band 18に対応しています。

au回線のSIMカードを入れても理論上は問題なく使えます。SIMカードだけでなくeSIMも利用可能です。

ソフトバンク回線(ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO等)

ソフトバンク回線でプラチナバンドとして使用されているLTE Band 8に対応しています。

ソフトバンク回線のSIMカードを入れても理論上は問題なく使えます。SIMカードだけでなくeSIMも利用可能です。

楽天モバイル回線

楽天モバイルで楽天回線として使用されているLTE Band 3、パートナー回線として使用されているLTE Band 18に対応しています。

楽雨天モバイルのSIMカードを入れても理論上は問題なく使えます。SIMカードだけでなくeSIMも利用可能です。

AQUOS wish2 SH-51Cの詳細はこちら

AQUOS wish2 SH-51C

ドコモオンラインショップに移動します

AQUOS wish2を使って各種ベンチマークや電池持ちを確認

Antutu Benchmark, GeekBenchでベンチマーク計測

Antutu Benchmarkのスコアは349008、Geekbench 5のスコアは1798でした。

YouTubeで動画を1時間最大輝度で再生

(正確には49%です)

YouTubeの動画を1時間、輝度最大で連続再生したところ、1時間で10%ほど消費しました。

カメラ作例

昼間の風景を撮影

夜景を撮影、ナイトモードとの比較

ナイトモード

通常撮影

ナイトモード

通常撮影

食事を撮影

カメラ設定について

カメラ所感

食べ物に関しては鮮やかで、思っていた以上にキレイに撮れているなと思いました。

夜景に関しては、白飛びが多いなという感想です。ナイトモードも手動切替が必要で、若干の手間がかかります。

景色の明るさによってはナイトモードで撮らないほうが白飛びが抑えられてマシになるような気もしました。

広角撮影などができませんが、最低限の撮影機能を備えているといった感じです。

搭載機能を紹介

指紋認証に対応

AQUOS wish2は指紋認証に対応しています。指紋センサーは電源ボタンの下側に搭載されています。指紋認証の精度は一切問題ありません。

顔認証には対応していません。

指紋センサー長押しのPayトリガーで決済アプリなどをすぐに起動

Payトリガー機能では、指紋センサーを長押しすることで特定の1つのアプリをすぐに起動することができます。

Payトリガーフォルダを使えば、最大16個のアプリを登録させることができ、そのフォルダーを起動することが可能です。

電源キー長押しでアプリ起動

電源キー長押しでも、登録したアプリを起動させることが可能です。

こちらは好きなアプリを1つ登録できます。

アシスタントキーでアシスタントアプリを起動

アシスタントキーを押すと、事前に設定したGoogleアシスタント、my daiz、エモパーのどれかを起動させることができます。

電源キーと間違って押して起動することが多いため、アシスタントアプリを使わないのであればオフにしておくべきかと思います。

スクロールオート

スクロールオート機能では、画面を上下にゆっくりスクロールさせることができます。

ゲーミング機能

ゲーミング機能は、登録したゲームアプリを起動すると自動に起動します。

起動中の通知をブロックしたり、画面端の操作を受け付けなくしたりできます。

インテリジェントチャージで電池劣化を軽減

インテリジェントチャージを利用することで、電池の劣化を抑えることができます。

充電中電池残量90%で充電を停止し、ダイレクト給電にすることで負担を少なくしたり、画面消灯中のみ充電したりするなどの機能を利用することができます。

AQUOS wish2まとめ

AQUOS wish2所感

動作に関してですが、すべての動作に若干の重さを感じます。

快適なスマホ利用、ゲームアプリ目的での利用には向かないと思います。

最低限の機能が搭載されているため、高齢者などのスマホ初心者に渡すくらいであれば十分かと思われます。

のりかえ(MNP)で本体価格から1万6500円オフ

AQUOS wish2は、他社からののりかえ(MNP)で購入した場合、本体価格から1万6500円オフになる「5G WELCOME割」の対応機種となっています。

実質5500円で購入することが可能です。

AQUOS wish2 SH-51Cの詳細はこちら

AQUOS wish2 SH-51C

ドコモオンラインショップに移動します

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

UQモバイルのSIMカード/eSIM契約でau PAY残高還元!スマホは最大2万200円値引き!

  • eSIMで契約すると最短45分でUQモバイルが開通!SIMカードは間に合わなくてもeSIMなら間に合うかも?
  • SIMのみ契約するとau PAY最大1万3000円相当還元!
  • 他社から乗り換え+増量オプションⅡ加入でiPhoneが最大2万2000円割引!
  • auでんきやauのインターネットサービス(ネット+電話)を利用している人は自宅セット割が適用!1人でも最安で月額990円から利用可能!

ahamoがオススメ

  • ドコモの高品質な4G/5Gネットワークが利用できる
  • 基本料金月額2970円(機種代金別途)
  • 月間データ容量20GB
  • 国内通話5分無料付き(超過後は22円/30秒)
  • SIMカード/eSIMのみで契約できるし、スマホとSIMを購入も可能

関連記事



  • この記事を書いた人

しなちく

センスのないヘッダーとか描いたりアイキャッチ作ったり画像編集したりたまに記事書いてます。

-NTTドコモ, レビュー