Atom E3815を搭載したデジタルサイネージ向けBRIX「GB-TCV1」

1

GIGABYTEがデジタルサイネージ向けBRIX「GB-TCV1」を発表しました。

     

2014年5月にデジタルサイネージ向けでAtom E3815を搭載しているIntel NUC「DE3815TYKHE」が先に発売されているためDE3815TYKHEの対抗馬ポジションの製品でしょう。

製品名 GB-TCV1
CPU Atom E3815(1.45GHz)
グラフィック HD Graphics(最大400MHz)
メモリ DDR3L-1600/1333 S.O.DIMM(1.35Vの物必須)
※ダウンクロックでDDR3L-1066として動作
メモリスロット数 1(最大4GBまで認識)
SATA2ポート 1(2.5インチSSD/HDD搭載可能)
拡張スロット フルサイズ Mini PCI Expressスロット
eMMC 4GB or 8GB
【搭載ポート】
HDMI(1.4a) 1
Serial DB-9 1
USB 3.0ポート 1(フロント)
USB 2.0ポート 1(フロント)
microSD 1(フロント)
Gigabit Ethernet 1(Realtek RTL8111G)

OSはWindows7, WIndows8.1, Android, Fedoraに対応しています。

 

1

上から。

2

フロント。USB3.0ポート1つ、USB2.0ポート1つ、microSDスロットが1つ。

3

バックパネルにはSerial DB-9が1つ、LANポートが1つ、HDMI端子が1つ。

なお、やはり日本での発売時期は不明となっています。



Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-Brix, ニュース
-, ,

© 2020 公安9課