ドコモからGalaxy A52 5G SC-53B発売。本体価格5万9400円

ドコモからGalaxy A52 5G SC-53Bが発売されました。本体価格は5万9400円です。

Galaxy A52 5G SC-53Bが発売

NTTドコモは2021年6月3日より、SamsungのAndroidスマートフォン「Galaxy A52 5G SC-53B」を販売開始しました。

本体価格は5万9400円です。スマホおかえしプログラムの対象機種となっており、適用時の実質負担額は3万9600円となります。

ドコモのサービス「スマホおかえしプログラム」は、36回分割払いで端末を購入した方が端末を返却した場合、その翌々月請求分以降の分割支払金(最大12回分)のお支払いを不要とするプログラムです。

36回払いとスマホの下取りを組み合わせた割引施策となっています。簡単にいうと、24ヶ月目までに返却した方が一番お得になります。

詳しくは別記事【ドコモ「スマホおかえしプログラム」解説&対象機種まとめ】で解説しています。

スペック詳細

CPUSnapdragon 750G
2.2 GHz + 1.8 GHz
オクタコア
ディスプレイ6.5インチ
Full HD+
Super AMOLED(有機EL)
メモリ6GB
ストレージ128GB
アウトカメラ広角 約6400万画素
超広角 約1200万画素
マクロ 約500万画素
深度測位 約500万画素
インカメラ約3200万画素
防水/防塵
IPX5/8 / IP6X
おサイフケータイ
ワンセグ/フルセグ
生体認証指紋/顔
ワイヤレス充電
バッテリー容量4500mAh
サイズH:約160mm
W:約75mm
D:約8.4mm
最厚部:約10.0mm
重量約188g

Galaxy A52 5Gは、5G通信に対応したスマートフォンです。

CPUにSnapdragon 750G搭載、メモリ6GB、ストレージ128GBを搭載しています。

ディスプレイは約6.5インチ。解像度フルHD+、有機ELを搭載しています。120Hzに対応しており、なめらかな操作が可能です。

アウトカメラは、約6400万画素の広角カメラ、約1200万画素の超広角カメラ、約500万画素のマクロカメラ、約500万画素の深度測位用のカメラが搭載されています。インカメラは約3200万画素。

指紋認証は画面上に搭載。顔認証にも対応しています。

防水防塵、おサイフケータイに対応。ワイヤレス充電やワンセグフルセグには対応していません。

Galaxy A52 5Gの詳細はこちら

ドコモオンラインショップのメリット

  • 事務手数料が無料(0円)
  • 気軽にチャットサポートを利用可能
  • 1回の注文金額の合計が2750円以上の場合は全国どこでも送料無料
  • dポイントの利用は1ポイント=1円として1ポイント単位で利用可能
  • 自宅やコンビニ、ドコモショップでの受取が可能
  • 24時間自分の好きな時間に購入可能
  • 待ち時間がない
  • 最短2日で自宅へお届け、一部地域なら即日配送(エクスプレス配送)もOK!
  • ※オンラインショップで購入した端末をドコモショップで初期設定サポートを受ける場合は有料(3300円)です

ドコモオンラインショップは様々なメリットがあります。ドコモショップに行かなくても自分で全て出来るよ、という人はドコモオンラインショップを使った方がお得です。

スマートフォンの購入はドコモオンラインショップから!


ドコモオンラインショップはこちらから!

ドコモオンラインショップ

ボタンを押すとドコモオンラインショップに移動します

ドコモオンラインショップの関連記事

 

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

SIMのみ契約で最大1万円キャッシュバック!

UQモバイルでSIMのみ契約すると最大1万円キャッシュバック!(auやpovoからは除く)

スマホ契約時は値引きがあるのでSIMフリー版を買うよりも、UQモバイルでスマホを買ったほうが安く済む可能性が高いですよ!

楽天モバイルは最安無料&楽天回線なら使い放題!

  • 楽天回線エリアならデータ通信使い放題
  • プラン料金3ヶ月無料や楽天ポイント還元
  • 1GB以下なら月額無料
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題

2021年6月18日からSIMのみ+他社から乗り換えで契約すると楽天ポイント合計最大2万ポイント還元!

通常は5000ポイント還元なので1万5000ポイント増額しています!終了日未定なので楽天モバイルの契約を検討している人はお早めに!


ワイモバイル公式でスマホ契約すると最大2万1600円値引き!SIMのみ契約も特典あり!

関連記事



  • この記事を書いた人

しなちく

センスのないヘッダーとか描いたりアイキャッチ作ったり画像編集したりたまに記事書いてます。

-NTTドコモ