ドコモよりAQUOS sense5G SH-53A 2月5日以降発売。本体価格3万9600円

2021/02/01

ドコモより5G対応「AQUOS sense5G SH-53A」が2月5日以降に発売されます。本体価格3万9600円。

NTTドコモは2021年2月1日、5G対応Androidスマートフォン「AQUOS sense5G SH-53A」を2021年2月5日より順次販売開始することを発表しました。本体価格は3万9600円

ドコモオンラインショップ限定カラーであるスカイブルー、イエローゴールド、コーラルレッドの3色は2021年2月5日より発売されます。

その他のカラーであるライトカッパー、ニュアンスブラック、オリーブシルバー、ライラックは2021年2月12日より発売されます。

2020年2月28日までに購入し、2021年3月14日までに特設サイトから応募すると、もれなくdポイント3000ポイントがもらえるキャンペーンも実施されています。

docomo AQUOS sense5G SH-53A dポイント3,000ポイントプレゼント!|AQUOS:シャープ

OSAndroid 11
CPUSnapdragon 690 5G
2.0GHz+1.7GHz オクタコア
ディスプレイ約5.8 インチ/IGZO TFT
Full HD+ (1080×2280)
メモリ4GB
ストレージ64GB
アウトカメラ約1200 万/2.0
約1200 万/2.4
約800 万/2.4
インカメラ約800 万/2.0
防水/防塵
おサイフケータイ
NFC(Felica)
生体認証指紋/顔
ワンセグフルセグ
ワイヤレス充電
バッテリー4570mAh
サイズ (H×W×D)約148×71×8.9mm
重さ約178g

AQUOS sense5Gは、Snapdragon 690 5Gを搭載した5G対応スマートフォンです。

メモリは4GB、ストレージは64GBを搭載しています。

ディスプレイは約5.8インチのフルHD+(1080×2280)、IGZO TFT液晶を搭載しています。

アウトカメラは約1200万画素のメイン、約1200万画素の広角、約800万画素の望遠のトリプルレンズ、インカメラは約800万画素です。

防水防塵やおサイフケータイに対応しています。ワイヤレス充電やワンセグには対応していません。

生体認証は指紋認証と顔認証です。

ドコモオンラインショップはこちらから!

AQUOS sense5G SH-53A

ボタンを押すとドコモオンラインショップへ移動します

ドコモオンラインショップのメリット

  • 事務手数料が無料(0円)
  • 気軽にチャットサポートを利用可能
  • 1回の注文金額の合計が2750円以上の場合は全国どこでも送料無料
  • dポイントの利用は1ポイント=1円として1ポイント単位で利用可能
  • 自宅やコンビニ、ドコモショップでの受取が可能
  • 24時間自分の好きな時間に購入可能
  • 待ち時間がない
  • 最短2日で自宅へお届け、一部地域なら即日配送(エクスプレス配送)もOK!
  • ※オンラインショップで購入した端末をドコモショップで初期設定サポートを受ける場合は有料(3300円)です

ドコモオンラインショップは様々なメリットがあります。ドコモショップに行かなくても自分で全て出来るよ、という人はドコモオンラインショップを使った方がお得です。

スマートフォンの購入はドコモオンラインショップから!


ドコモオンラインショップはこちらから!

ドコモオンラインショップ

ボタンを押すとドコモオンラインショップに移動します

ドコモオンラインショップの関連記事

 

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

SIMのみ契約で最大1万円キャッシュバック!

UQモバイルでSIMのみ契約すると最大1万円キャッシュバック!(auやpovoからは除く)

スマホ契約時は値引きがあるのでSIMフリー版を買うよりも、UQモバイルでスマホを買ったほうが安く済む可能性が高いですよ!

楽天モバイルは最安無料&楽天回線なら使い放題!

  • 楽天回線エリアならデータ通信使い放題
  • プラン料金3ヶ月無料や楽天ポイント還元
  • 1GB以下なら月額無料
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題

2021年6月18日からSIMのみ+他社から乗り換えで契約すると楽天ポイント合計最大2万ポイント還元!

通常は5000ポイント還元なので1万5000ポイント増額しています!終了日未定なので楽天モバイルの契約を検討している人はお早めに!


ワイモバイル公式でスマホ契約すると最大2万1600円値引き!SIMのみ契約も特典あり!

関連記事



  • この記事を書いた人

しなちく

センスのないヘッダーとか描いたりアイキャッチ作ったり画像編集したりたまに記事書いてます。

-NTTドコモ, ニュース