NUCの本命!Haswell搭載「D54250WYK」「D34010WYK」まとめ

2014/02/19

Haswell版Core i5, i3を搭載したNUCのD54250WYKとD34010WYKのスペック比較とまとめ。
必要なパーツなどについてもまとめています。

NUCはその小ささが故にファンがついているにも関わらず排熱が上手くいかないようで内部の温度が高くなることがあり、冷却面でマイナスポイントをつけられつつありましたが、低TDPなHaswell世代CPUを搭載することによって発熱が緩和されたり、消費電力が改善されるかもしれない、ということで期待が高まっています。

また、これよりも更に省電力なBay-Trail M版Celeron N2820を搭載した「DN2820FYKH」のまとめはこちら
更に省電力に!Bay Trail-M版Celeron N2820搭載NUC「DN2820FYKH」まとめ

2.5インチSSD/HDDが搭載可能なD54250WYKH, D34010WYKHのまとめはこちら
2.5インチSSD/HDDを搭載可能!NUC「D54250WYKH」「D34010WYKH」まとめ

D54250WYKとD34010WYKのスペック

NUCは拡張性がほとんどありません。CPUはノートパソコン(Ultrabook)用の超低電圧版でマザーボードに直付されているので交換は無理。BD鑑賞や艦これ程度なら全く問題ないスペックではありますが、どちらにするか迷っている人は後悔しないようにCore i5モデルをオススメします。

製品名 D54250WYK(Amazon)
D54250WYK(楽天)
 D34010WYK(Amazon)
D34010WYK(楽天)
CPUCore i5-4250UCore i3-4010U
チップセットIntel QS77 ExpressIntel QS77 Express
内蔵グラフィックス HD graphics 5000 HD graphics 4400
メモリDDR3L-1600/1333 S.O.DIMM(1.35Vの物必須!)
メモリスロット数2(最大16GBまで認識)
拡張スロットフルサイズmini PCI Expressスロット(実質mSATA SSD専用)
ハーフサイズmini PCI Expressスロット(実質無線カード専用)
【搭載ポート】
miniHDMI(1.4a)1
miniDisplayPort(1.2)1
USB 3.0ポート4(フロント2, リア2)
USB 2.0ポート2(内部)
Gigabit Ethernet1(Intel I218V Gigabit Ethernet Controller)
SATA3ポート1(内部)
オーディオジャック1(フロント, Realtek)
赤外線センサー1(フロント)

Ivy世代のNUCと比較して進化した点

  • Haswell世代のCPU、Core i5-4250U, Core i3-4010Uを搭載しアップグレード
  • Ivy世代CPUのTDPが17WだったのがHaswell世代CPUではTDP15Wに減少。省電力・低発熱が期待できる
  • 内蔵グラフィックスとして統合しているIntel HD Graphicsも5000/4400にアップグレード
  • HD Grapics 5000は処理ユニットが40個。計算中心の処理ではHD Graphics 4000(20個)よりも2倍高速(あくまで参考)
  • USB3.0ポートをフロント2つ、リア2つの合計4つ搭載。不満点が解消される
  • フロントにオーディオジャックを搭載。無線LANカード以外からの音声出力に対応

ちょっとマイナスな点

  • 前世代ではOKだったDDR3(1.5V)メモリが使えなくなる。DDR3L-1600/1333(1.35V)のメモリのみ対応(超重要)

搭載CPUスペック比較

 D54250WYK D34010WYK
CPUCore i5-4250UCore i3-4010U
コア数22
スレッド数44
動作周波数1.3GHz1.7GHz
TB時動作周波数2.6GHzTB非対応
L3キャッシュ3MB3MB
TDP15W15W
ターボ・ブースト対応
非対応
ハイパースレッディング対応対応
WEI(Win8)6.9
6.3

※WEI = Windows エクスペリエンスインデックス

TDP(Thermal Design Power)
設計上想定されるCPUの最大放熱量。どの回路も休みなく働いている状態でどの程度の熱を発するかを表す性能指標の一つ。
ターボブースト
CPUを自動的に定格の動作周波数より高速で動作させる機能。動画編集やゲームなど、高速処理が必要な際に特に有効。
ハイパースレッディング

一つの物理的なCPUをOS上で2つの論理CPUに見せる技術。 CPUに対して与えられた複数の命令を同時に処理するため、ソフトやシステムの動作が高速になる。

ベンチマーク Core i5-4250U vs Core i3-4010U

3D mark 06、Passmark、Passmark(Single Core)の3つのベンチマークでCore i5-4250の方が言うまでもなくスコアが高くなっています。

本体画像

本体上面

電源ボタン

フロントにはUSB3.0ポートが2つ、オーディオジャックが1つ。Ivy世代のNUCではフロントにUSB3.0ポートが1つしかなかったのが改善されています。

5

リアはUSB3.0ポート2つ、miniDisplayPort端子、miniHDMI端子、Gigabit Ethernetポートをそれぞれ1つずつ搭載。前世代ではHDMI端子だったのがminiHDMI端子になっているのでケーブルを購入する際間違えないようにしましょう。

付属品

 

NUC本体、マニュアル、VESAマウンタ、ACアダプター。

なぜ付属させないのか不可解でならないのですが、相変わらず従来モデルと同様に電源ケーブルが付属していないので3ピンタイプのミッキーコネクタを購入しないといけない点にも注意。

 

組み立てにはどんなパーツが必要?

DDR3L-1600/1333のメモリ、mSATA SSD、無線LANカード(お好みで)、OS、OSインストール用のポータブルDVDドライブ等、miniHDMI⇔HDMIケーブル、3ピンミッキーコネクタが必要になります。必要なパーツについてはそれぞれ説明しているのでぜひご覧ください。

メモリ

メモリはノートパソコン用のものしか使えません。従来モデルと違い、DDR3(1.5V)メモリはサポートされていません!DDR3メモリを搭載しても絶対にNUCが起動しません!通常のDDR3メモリは1.5V駆動ですが、それよりも低電圧なDDR3L(1.35V)メモリじゃないとダメになりました!
Intel® NUC Boards and Kits — System memory に"1.5 V DDR3 memory modules are not supported." "DDR3(1.5V)のメモリモジュールはサポートしていない"と記載があります。更にこのページの中に開発中のテストで合格したメモリのリストがあり、このリストの中でAmazonで調達しやすいと思われるのがSamsungとCrucialのメモリ。

動作確認されているメモリ。

メーカー型番規格(S.O.DIMM)容量CL
SamsungM471B5273DH0-YK0DDR3L-16004GB(4×1)11
SamsungM471B1G73BH0-YK0DDR3L-16008GB(8×1)11

リストにはありませんが他にもDDR3Lメモリはあるので順不同で羅列します。Samsungを避けたい方どうぞ。

メーカー型番規格(S.O.DIMM)容量CL
CorsairCMSX8GX3M2B1866C10DDR3L-16008GB(4×2)10
G.Skill F3-1600C9S-4GRSLDDR3L-16004GB(4×1)9
G.SkillF3-1600C9D-8GRSLDDR3L-16008GB(4×2)9
G.SkillF3-1600C9D-16GRSLDDR3L-160016GB(8×2)9
IODATASDY1600L-4GDDR3L-16004GB(4×1)11
IODATASDY1600L-8GDDR3L-16008GB(8×1)11
KingstonKVR16LS11/4DDR3L-16004GB(4×1)11
KingstonKVR16LS11/8DDR3L-16008GB(8×1)11
CFDD3N1600Q-L4GDDR3-16004GB(4×1)11
CFDD3N1600Q-L8GDDR3-16008GB(8×1)11
CFDW3N1600Q-L4GDDR3-16008GB(4×2)11
CFDW3N1600Q-L8GDDR3-160016GB(8×2)11
CrucialCT2KIT51264BF160B DDR3L-16008GB(4×2)11
CenturyMicroCD8G-SOD3LU1600DDR3L-16008GB(8×1)11

CL = CASレイテンシ
数値が低いほど性能がいい(値段も高い)と言われていますがあくまで参考程度に。
CFDのメモリは規格がDDR3-1600になっていますが、電圧は1.35VでNUCの動作条件を満たしているのでご安心下さい。

mSATA SSD

mini PCI Expressスロットを2本搭載。1本はフルサイズmini PCI Expressスロットで、mSATA SSDが搭載可能。OSをインストールするとこの容量よりも少なくなるので注意。不安なら1つ上の容量にすれば安心。

製品名容量コントローラ読込書込
Crucial M550 Series
CT128M550SSD3128GBMarvell
88SS9189
550MB/s350MB/s
CT256M550SSD3256GB550MB/s500MB/s
CT512M550SSD3512GB550MB/s500MB/s
PLEXTOR mSATA SSD M6M Series
PX-64M6M64GBMarvell 88SS9188520MB/s160MB/s
PX-128M6M128GB520MB/s340MB/s
PX-256M6M256GB520MB/s440MB/s
PX-512M6M512GB520MB/s440MB/s
Transcend
TS128GMSA370128GBTranscend TS6500520MB/s150MB/s
TS256GMSA370256GB530MB/s290MB/s
TS512GMSA370512GB530MB/s310MB/s
Samsung 840EVO mSATA
MZ-MTE120B/IT120GBSamsung 3‐Core MEX530MB/s520MBs
MZ-MTE250B/IT250GB540MB/s520MB/s
MZ-MTE500B/IT500GB540MB/s520MB/s
MZ-MTE1T0B/IT1TB540MB/s520MB/s

 

無線LANカード

基本的にマニュアルにも記載されているIntelの6235か7260を搭載させておけばいいのですが、たまに無線LAN親機との相性問題でNUC側のネットの接続が頻繁に切断される症状が起きる人がいるようです。どれも2.4GHz/5GHz対応。

IEEE 802.11BlueTooth
製品名abgnac
Atheros AR5B22×4.0(BLE)
Intel Centrino Advanced-N 6235 ×4.0
Intel Dual Band Wireless-AC 72604.0(BLE)

 

OSについて

Win7と8どちらを選ぶかはお好みでどうぞ。言うまでもなくインストール時にはUSBメモリか外付けDVDドライブが必要になってくるので注意しましょう。

  1. Windows 8.1
  2. Windows 8.1 (DSP版) 64bit
  3. Windows 8.1 Pro
  4. Windows 8.1 Pro (DSP版) 64bit 日本語
  5. DSP版 Windows7 SP1適用版 Home Premium(ホームプレミアム) 64bit 日本語版
  6. DSP版 Windows7 SP1適用版 Professional(プロフェッショナル) 64bit 日本語版
  7. 【Amazon.co.jp限定】Transcend SuperSpeed USB 3.0&Hi-Speed USB 2.0 USBメモリ 700シリーズ 32GB (無期限保証) TS32GJF700E (FFP)
  8. BUFFALO USB2.0用 ポータブルDVDドライブ 書き込みソフト付属 Wケーブル収納タイプ ブラック DVSM-PC58U2V/N

BIOSアップデートについて

「BIOSアップデートが必要だからハードル高そうだからこれ買うのやめておこうかな…」と思っている人もいるかと思いますが、実際は非常に簡単です。ダウンロード・センターから最新BIOSの自己解凍型Windows用アップデート・ファイル(要は.exeファイル)をダウンロードしてexeファイルを実行すればいいだけ。ソフトウェアをインストールするときと同じです。インテル® NUC ボードおよびキット — Express BIOS アップデート手順に詳しく記載されているのでこちらをご覧ください。

mSATA SSDに加えて2.5インチHDDを搭載できるようになったIntel NUC。残っている発熱問題に関していい対策方法がないものでしょうかね…。





Y!mobileの音声SIMカード申込で月額料金割引実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-NUC, まとめ/比較
-, , , ,

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.