CFDからPCIe 4.0x4採用M.2 SSD「PG3VNF」シリーズ3製品発売。読込最大5000MB/s

CFDからPCIe 4.0x4採用M.2 SSD「PG3VNF」シリーズ3製品が発売されます。

     

CFD販売は2019年6月27日、オリジナルブランドであるCFD Selectionから、PCI Express 4.0x4を採用したM.2 SSD「PG3VNF」シリーズ3製品を発売することを発表しました。価格はオープン。

発売日については、500GBモデルが8月発売予定、1TBモデルと2TBモデルは7月上旬発売予定になっています。

スペックは以下の通り。

型番 CSSD-M2B2TPG3VNF CSSD-M2B1TPG3VNF CSSD-M2B5GPG3VNF
容量 2TB 1TB 500 GB
フォームファクター M.2-2280 M.2-2280 M.2-2280
インターフェース PCIe Gen.4 x4
(NVMe 1.3)
PCIe Gen.4 x4
(NVMe 1.3)
PCIe Gen.4 x4
(NVMe 1.3)
本体寸法 22 x 80 mm 22 x 80 mm 22 x 80 mm
NANDタイプ 3D TLC (BiCS4 Flash)
転送レート 最大800MBps
最大 4チップ搭載(BGA132)
*両面実装
3D TLC (BiCS4 Flash)
転送レート 最大800MBps
最大 4チップ搭載(BGA132)
*両面実装
3D TLC (BiCS4 Flash)
転送レート 最大800MBps
最大 4チップ搭載(BGA132)
*両面実装
コントローラー Phison PS5016-E16 Phison PS5016-E16 Phison PS5016-E16
DRAMキャッシュ DDR4 2GB DDR4 1GB DDR4 512MB
TBW 3600TBW 1800TBW 850TBW
Sequential Read
(Max)
5000MB/s 5000MB/s 5000 MB/s
Sequential Write
(Max)
4400MB/s 4400MB/s 2500 MB/s
Random Read
(Max)
600000 IOPS 600000 IOPS 400000 IOPS
Random Write
(Max)
500000 IOPS 500000 IOPS 550000 IOPS
動作温度 0-70度(-40~85度) 0-70度(-40~85度) 0-70度(-40~85度)
保証期間 5年 5年 5 年

NANDフラッシュには3D TLC NAND、コントローラには Phison electronics 製 PCIe Gen4x4 コントローラ PS5016-E16を採用。

2019年1月CESで発表された世界初のPCIe Gen.4x4に対応したコントローラです。プロセスルールは28nm。対応NANDフラッシュはBiCSフラッシュ(3D NAND TLC)。

シーケンシャルリードは5000MB/s、シーケンシャル月は最大4400MB/s、ランダムリードは最大60000 IOPS、ランダムライトは最大550000 IOPS。

放熱用にヒートシンクおよび冷却ファンを搭載していないので、自分でどうにかしてM.2 SSDを冷やしてあげないといけません。

また、コントローラにPS5016-E16を搭載したSSDはかなりの高熱を発するようで、使用する際は、各マザーボードベンダーのAMD X570マザーボードに付属している放熱用ヒートシンク及び空冷却を推奨しています。

市販のM.2用放熱装置(ヒートシンク及び空冷ファン付きヒートシンク)では、冷却面積不足やファンのパワー不足により放熱性が不足、十分なパフォーマンスが発揮できない可能性があります。

 

 

情報元 : PCI-Express Gen4x4を採用したM.2 SSD 「PG3VNF」シリーズ 発売 | CFD販売株式会社 CFD Sales INC.



Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-SSD, ニュース
-, ,

© 2020 公安9課