メイン回線auユーザーがサブ回線にオススメのSIMカード/eSIMまとめ

2022/07/04

メイン回線がau/UQモバイル/povo、格安SIMのau回線プランのユーザーがau障害発生時の対策・日頃の備え、ギガ消費後のサブ回線でオススメのキャリア・格安SIMのSIMカード/eSIMまとめ。

auで通信障害が発生すると何ができなくなる?

  • データ通信
  • 音声通話
  • SMS送受信

なお、通信障害が発生していても、実はデータ通信は可能、音声通話は不可能なことがあります。Wi-Fiをオフにしてデータ通信してみましょう。

LINEの「電話」「通話」は、携帯電話回線を使っていないのでWi-Fi環境があれば電話できます。

データ通信

  • 当然ながら、データ通信ができない
  • データ通信が必要なアプリが使えない
  • ATMが使えなくなることがある(大垣共立銀行のATMはau回線を使っているものがある)
  • QRコード決済アプリが使えない
  • LINEが使えない
  • ライブの入場時に電子チケット・QRコードの表示を求められるが、通信障害のせいで表示できないので入場できない
  • 航空会社のアプリで2次元バーコードが表示できないので、保安検査場に入場できない
  • 出前館やウーバーイーツの配達員がアプリが使えないので仕事できない
  • スマートリモコンを使っている人は、帰宅する前に出先からエアコンをオンにできない

音声通話

  • 電話が繋がらない・かけづらい
  • ヤマト運輸のドライバーに再配達の電話が繋がらない・ドライバーが電話をかけられない(ヤマト運輸はau回線を使っている)
  • 緊急で担当者を呼び出したいときに、その担当者が電話に出られない
  • 緊急通報ができない(救急車を呼ぶ、警察に通報する、消防に通報するなど)
  • 本人確認方法で電話を選択していると、その電話がかかってこない(電話で確認コードが読み上げられるタイプの本人確認)

SMS送受信

  • アプリでの支払い時に二段階認証ができない
  • 公衆Wi-FiのログインにSMS認証を求められることがあるが、そもそもSMS受信ができないので使えない
  • WEBサイトやアプリの登録時や本人確認時にSMSが送られてきても、SMSが受信できないのでSMS認証ができない
  • Yahoo!のログインでSMS認証を求められるので、通信障害が発生しているとSMSが受信できないのでYahoo!にログインできない
  • SMS認証を求められたときに何もできない

通信障害が発生したときの対策は、デュアルSIMが使えるようにしておくこと

デュアルSIM

デュアルSIMとは、1台のスマホで2つのSIM(2つの携帯電話回線)を入れて利用できる機能のことです。

デュアルSIMには、物理SIMカードを2枚入れて利用するもの、SIMカードとeSIMの2枚で利用するもの、eSIMとeSIMの2枚で利用するもの、の3パターンが存在します。

キャリアで購入したAndroidスマホやiPhoneで、他社のSIMカードやeSIMを利用する場合は、スマホのSIMロック解除が必要です。

一例

auで購入したiPhone 12にはSIMロックがかかっています。

My au等でiPhone 12のSIMロックを解除すると、iPhone 12はau回線だけでなくドコモ回線/ソフトバンク回線/楽天モバイル回線が利用できるようになります。

たとえば、SIMロックを解除したiPhone 12に、LINEMOのeSIMを新規契約してeSIMをiPhoneにインストールすると、auとLINEMOのデュアルSIMができるようになります。

デュアルSIMのメリット

  • 1台のスマホで2つの携帯電話番号が持てる
  • 仕事用の携帯電話番号、プライベート用の携帯電話番号が1台の携帯電話番号で使える
  • auで通信障害が発生しているときに、ドコモ回線やソフトバンク回線に切り替えてデータ通信や音声通話することで、通信障害を回避できる
  • メイン回線のギガが無くなったら、サブ回線に切り替えれば高速データ通信できる

デュアルSIMの種類・組み合わせ

  • 物理SIMカード+物理SIMカード
  • 物理SIMカード+eSIM
  • eSIM+eSIM

デュアルSIMの組み合わせは以上の3種類です。

物理SIMカード+物理SIMカード

SIMカード2枚を使ったデュアルSIMはAndroidスマホのみ可能です。日本国内でApple Storeやキャリアで販売されているiPhoneは、物理SIMカードは1枚しか使えません。

ちょっとひねくれた人は、物理SIMカードが2枚使える香港版iPhoneを購入して使っています。

物理SIMカード+eSIM

eSIMに対応したスマホであれば、物理SIMカードとeSIMを使ったデュアルSIMが可能です。

Androidスマホは、SIMフリー版Androidスマホだと物理SIMカード+eSIMのデュアルSIMに対応しているものが多いです。

キャリアから販売されるAndroidスマホは、2022年に販売される製品から物理SIMカード+eSIMのデュアルSIMに対応しているものが見られます。決して数は多くないです。

iPhoneは、iPhone XS/XS Max/XR以降が物理SIMカード+eSIMのデュアルSIMに対応しています。

eSIM+eSIM

eSIMとeSIMのデュアルSIMは、物理SIMカード+eSIMよりも対応しているモデルが非常に少なくなります。

Androidスマホは、私が知る限りでは楽天モバイルから販売されているRakuten Hand 5GがeSIM+eSIMのデュアルSIMに対応しています。

iPhoneは、iPhone 13シリーズとiPhone SE(第3世代)がeSIM+eSIMのデュアルSIMに対応しています。

iPhoneはSIMカード+eSIM、eSIMとeSIMのデュアルSIMに対応

製品名デュアルSIM利用可能なデュアルSIMの
組み合わせ
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
非対応SIMカードのみ
利用可能
iPhone SE(第1世代)非対応SIMカードのみ
利用可能
iPhone 7
iPhone 7 Plus
非対応SIMカードのみ
利用可能
iPhone 8
iPhone 8 Plus
非対応SIMカードのみ
利用可能
iPhone X非対応SIMカードのみ
利用可能
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
対応SIMカード+eSIM
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
対応SIMカード+eSIM
iPhone SE(第2世代)対応SIMカード+eSIM
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
対応SIMカード+eSIM
iPhone 13
iPhone 13 mini
iPhone 13 Pro
iPhone 13 Pro Max
対応SIMカード+eSIM
eSIM+eSIM
iPhone SE(第3世代)対応SIMカード+eSIM
eSIM+eSIM

eSIM対応Androidスマホ(一例)

  • AQUOS sense6
  • AQUOS wish
  • moto g52j 5G
  • motorola razr 5G
  • OPPO A55s 5G
  • OPPO Find X3 Pro
  • OPPO Reno7 A
  • OPPO Reno5 A
  • OPPO A73
  • Google Pixel 6 Pro
  • Google Pixel 6
  • Google Pixel 5a (5G)
  • Google Pixel 5
  • Google Pixel 4a (5G)
  • Google Pixel 4a
  • Google Pixel 4
  • Google Pixel 4 XL
  • P40 Pro 5G
  • Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G
  • Xiaomi Redmi Note 10T
  • ソニー Xperia 10 III Lite

auユーザーのサブ回線の選定時にオススメしないキャリア・格安SIM

UQモバイル/povo(au回線)

UQモバイルもpovoもau回線を使用してサービスを提供しています。

au本家で通信障害が発生してデータ通信や音声通話ができなくなると、UQモバイルとpovoも同様にデータ通信や音声通話ができなくなります。

auのサブ回線としてUQモバイル/povoを契約することはオススメしません。

au回線を使用してサービスを提供している格安SIM

  • J:COM MOBILE
  • mineoのau回線プラン
  • BIGLOBEモバイルのau回線プラン
  • IIJmioのau回線プラン
  • LINEモバイルのau回線プラン
  • QTmobileのau回線プラン
  • エキサイトモバイルのau回線プラン
  • イオンモバイルのau回線プラン
  • など

格安SIMのau回線プランも、auにお金を払って回線を借りてサービスを提供しています。

au本家で通信障害が発生してデータ通信や音声通話ができなくなると、格安SIMのau回線プランもデータ通信や音声通話ができなくなります。

auのサブ回線を契約するなら、ドコモ回線かソフトバンク回線がオススメです!

オンライン専用プランは通信速度が遅いって見たからなんか不安・・・

完全に気のせいです。

逆に通信速度が速いと言っている人もいるんですから、その人のいる場所の通信環境が著しく悪い・基地局が混雑している・その時間帯に通信速度が一時的に遅くなっていただけでしょう。

人が多い場所は通信速度が低下しますよ。利用者の多い都会の駅、通勤ラッシュ時の混雑している時間帯に通信速度が遅いなんて言われてもそりゃそうでしょうね、という感想しかありません。

私も経験ありますが、平日18時の東京駅はドコモ本家回線でも電波の調子がゴミみたいに悪かったですよ。

2018年11月に、格安SIMのmineoが検証を実施しているので見てください。11月のネットワーク状況について | スタッフブログ | マイネ王

データ通信だけできればいいか、音声通話もしたいか考える

サブ回線を契約するときは、データ通信だけできればいいのか、SMS送受信や音声通話もしたいのかをよく考えてください。

通信障害が発生しているときに、LINEなどでテキストメッセージのやり取りができればいいのか?音声通話もしたいのか?

ahamo(ドコモ回線)

ahamoは、月間データ容量20GB/5分以内の国内通話無料がついて月額2970円で利用できます。

ドコモの5G/4G(LTE)通信のサービスエリアで利用できます。時間帯による速度制限もありません。

SIMカードまたはeSIMで契約可能です。ahamoのSIMカードやeSIMで、データ通信・音声通話・SMS送受信が利用できます。

iPhoneにauのSIMカードを入れて利用している人がデュアルSIMにするなら、eSIMで契約しましょう。

AndroidスマホにauのSIMカードを入れて利用している人がデュアルSIMにするなら、SIMカードまたはeSIMを契約しましょう。

ahamo
月額料金税込2,970円
大盛りオプション1,980円利用の場合、合計で4,950円
利用可能データ量20GB
大盛りオプション利用で、合計100GB
国内通話料5分以内の通話無料
その他の割引
ネットワーク5G/4G(LTE)
テザリング無料

ahamo公式サイトはこちらから!

ahamo公式サイト

ボタンを押すとahamo公式サイトに移動します

ahamoに関する注釈

ahamoでは一部利用できないサービスがあります。


 

LINEMO(ソフトバンク回線)

LINEMOは、月間データ容量3GBで月額990円の「ミニプラン」と、月間データ容量20GBで月額2728円の「スマホプラン」の2つのプランが提供されています。

SIMカードまたはeSIMで契約可能です。LINEMOのSIMカードやeSIMで、データ通信・音声通話・SMS送受信が利用できます。

iPhoneにauのSIMカードを入れて利用している人がデュアルSIMにするなら、LINEMOをeSIMで契約しましょう。

ミニプランスマホプラン
データ量
3GB20GB
月額基本料
 990円 2,728円
LINEギガフリー
対応対応
データ量超過後の通信速度
300kbps1Mbps
eSIM
対応対応
契約後のプラン変更
スマホプランに変更可能ミニプランに変更可能

LINEMO公式サイトはこちらから

LINEMO公式サイト

緑のボタンを押すとLINEMO公式サイトに移動します

OCNモバイルONE(ドコモ回線)

OCNモバイルONEの最安プランは、音声対応SIMの「500MB/月コース」です。月額550円で利用できます。

万が一のときのサブ回線として契約するんだし、音声通話もできてデータ通信容量も月500MBあれば十分では?と考える人にオススメです。

SIMカードのみ契約可能です。eSIMは提供されていません。音声対応SIMを契約すれば、データ通信・音声通話・SMS送受信が利用できます。

iPhoneを使っている人はOCNモバイルONEはオススメしません。iPhoneはSIMスロットが1つしか無いですし、OCNモバイルONEではeSIMは提供していないからです。

SIMスロットが2つあるAndroidスマホを利用している人は、OCNモバイルONEの音声対応SIMを契約するといいでしょう。

通信容量/コース名月額料金無料通話
500MB/月コース500円(税込550円)最大10分相当/月
1GB/月コース700円(税込770円)なし
3GB/月コース900円(税込990円)
6GB/月コース1,200円(税込1,320円)
10GB/月コース1,600円(税込1,760円)

OCNモバイルONEの詳細はこちらから!

OCNモバイルONE公式サイト

ボタンを押すとOCNモバイルONE公式サイトに移動します

IIJmio ※MVNOで唯一eSIMあり

IIJmioでは、音声通話SIM、SMS対応SIM、データ通信専用SIM、eSIMが提供されています。eSIMはドコモ回線のみ・データ通信のみ利用可能です。

iPhoneにauのSIMカードを入れて利用している人がデュアルSIMにするなら、IIJmioをeSIMで契約しましょう。

IIJmioのeSIMの通常料金

IIJmioではよく月額料金割引キャンペーンを実施しているので、契約タイミングによっては安く利用できます。IIJmioの通常料金は以下の通り。

料金
2ギガプラン440円
4ギガプラン660円
8ギガプラン1100円
15ギガプラン1430円
20ギガプラン1650円

IIJmioのキャンペーンをチェック

IIJmioの公式サイトはこちらから!

ボタンを押すとIIJmio公式キャンペーンページ(通常プラン)に移動します

楽天モバイルはアクセス集中(輻輳)により通信速度が低下していた模様

楽天モバイルには、

  • 楽天モバイルが自社で基地局を整備している「楽天回線」
  • auにお金を払って回線を借りてサービスを提供している「パートナー回線」

の2つの回線エリアがあります。

2022年7月2日の障害については、楽天モバイルは自社で設備を別に設けているので、今回の障害で楽天モバイル(のパートナー回線)に障害が出たことはないそうですが、回線にアクセスが集中したことで混雑し、通信速度が低下していたようです。

もしも自分のいる場所がパートナー回線エリアであれば、au本家で通信障害が発生していると楽天モバイルのパートナー回線もデータ通信や音声通話ができなくなります。

自分の今いる場所が楽天回線エリアであっても、移動先はパートナー回線エリアの可能性もありますよ。

――今回の障害出ているのは、運輸とか気象とか、楽天モバイルとか御社の回線を使ってやっているところだと思うが、まだ補償の話はできないとあったが。

◆高橋社長 我々の回線をお使いいただいている、楽天モバイルとか、このような方々への状況どうなのかという話だと思います。後者について言えば補償の話は先ほど申し上げたことと同じ。楽天モバイルはボルテの交換機を別に構えているので、今回の障害で楽天モバイルに障害がでたことはない。吉村が申し上げたようにデータトラヒックの輻輳(ふくそう)制御を入れているので、これは楽天モバイルも影響あった。この点で楽天モバイルにご迷惑をおかけしている。

「歴史上一番の障害、再発防止は徹底的に」 KDDI会見詳報/5 | 毎日新聞

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

UQモバイルのSIMカード/eSIM契約でau PAY残高還元!スマホは最大2万200円値引き!

  • eSIMで契約すると最短45分でUQモバイルが開通!SIMカードは間に合わなくてもeSIMなら間に合うかも?
  • SIMのみ契約するとau PAY最大1万3000円相当還元!
  • 他社から乗り換え+増量オプションⅡ加入でiPhoneが最大2万2000円割引!
  • auでんきやauのインターネットサービス(ネット+電話)を利用している人は自宅セット割が適用!1人でも最安で月額990円から利用可能!

ahamoがオススメ

  • ドコモの高品質な4G/5Gネットワークが利用できる
  • 基本料金月額2970円(機種代金別途)
  • 月間データ容量20GB
  • 国内通話5分無料付き(超過後は22円/30秒)
  • SIMカード/eSIMのみで契約できるし、スマホとSIMを購入も可能

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-解説