ASUSのゲーマー向けB150マザー「B150M PRO GAMING」発売

B150M-PRO-GAMING.ASUSのゲーマー向けB150マザー「B150M PRO GAMING」が発売されます。

ASUSは2016年6月1日、IntelのB150チップセットを搭載するmicroATXサイズのマザーボード「B150M PRO GAMING」を日本市場向けに発売することを発表しました。2016年6月3日より発売を開始する予定で、価格は1万3000円前後となっています。

B150M PRO GAMINGのスペックは以下の通り。

製品名 B150M PRO GAMING
チップセットB150チップセット
フォームファクタmicroATX
CPUIntel 第6世代(Skylake) Core i7, Core i5, Core i3, Pentium, Celeron
ソケットLGA1151
対応しているメモリDDR4-4133~2133
(XMP, デュアルチャネル対応)
メモリスロット数4(最大で64GBまで認識)
【ストレージ】
SATA3ポート6
M.21(32Gb/s)
【拡張スロット】
PCIe 3.0/2.0 x161(x16 mode)
PCIe 3.0/2.0 x12
【その他】
LANポートIntel I219V
オーディオSupremeFX
【バックパネル】
PS/21(keyboard/mouse combo)
HDMI1
LAN(RJ45)1
USB3.04
USB2.04
オーディオジャック3
サポートOSWindows 10 64bit
Windows 8.1 64bit
Windows 7 32bit/64bit
製品公式B150M PRO GAMING | マザーボード | ASUS 日本

 

B150M-PRO-GAMING-1

B150M PRO GAMINGはゲーム用PCを自作したい人のためのマザーボード。使用している部品なども高耐久なものを使用し、高負荷状態で長時間ゲームを楽しんでも安定して高いパフォーマンスを発揮できるようになっています。

マ ザーボードの心臓部とも言える電源回路に、ASUSオリジナルのデジタル電源回路である「DIGI+ VRM」を搭載しています。DIGI+ VRMはアナログ電源回路に比べて応答性に優れており、負荷によって変動するCPUの要求電力に対して、低遅延でより正確な電力供給を行います。

オーディオにこだわるゲーマーのために、クリアで迫力のある音を楽しめる「SupremeFX」オーディオを搭載。デジタルエリアとアナログエリアを分離してノイズの侵入を抑えており、SN比はオーディオ用のUSB DACに匹敵する115dBを実現しています。ゲームの効果音やBGMをオンボード機能とは思えないクリアな音質で楽しめます。

LANにはCPU負荷が低いことで定評のあるIntel製LANコントローラ「Intel I219V」を搭載。Intel製LANコントローラーはTCPとUDPのスループットが高いことも特徴で、使用環境によってはほかのLANコントローラーよりも大幅な性能向上を実現します。

 

ATX版のB150 PRO GAMINGも発売されています。こちらは拡張スロット数やDVI-D端子、USB3.1 type-A/Cポートが追加されているので、どうしてもmicroATXでじゃないと嫌だという人以外はB150 PRO GAMINGの方も検討してみるといいかもしれませんよ。

 


Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-ニュース, マザーボード
-,

© 2020 公安9課