AmazonにてIntel第8世代CPU「Coffee Lake-S」の予約開始。Core i7-8700Kは4万7980円

投稿日:

Coffeelake-Corei7

AmazonにてIntel第8世代CPU「Coffee Lake-S」の予約が開始されています。

第8世代 Cofee Lake-Sが予約開始

Amazonにてデスクトップ向けのIntelの第8世代CPU「CoffeeLake-S」の予約が開始されています。最上位になるCore i7-8700Kは4万7980円。

Coffee Lake-Sのソケットに注意!

第8世代CPU「Coffee Lake-S」のソケット形状LGA1151で、第7世代CPU「Kaby Lake」および第6世代CPU「Skylake」のソケット形状もLGA1151です。

そのため、「おっ!ソケット形状同じだからCPU載せ替えできるんじゃーん!w」と思う人もいるかと思いますが、残念ながらそれは無理です。

第8世代CPU「Coffee Lake-S」は電源設計がKaby LakeやSkylakeと異なるので、同時に投入されるIntel Z370チップセットじゃないと使えません。それよりも前のIntel 200シリーズのマザーボード、Intel 100シリーズのマザーボードではCoffee Lake-Sは使えません。

他にもチップセットが投入される可能性がありますが、今のところはIntel Z370チップセットだけです。また、Intel Z370チップセットはKaby Lakeおよび「Skylakeには対応してません。

コードネームCoffee Lake-SKaby LakeSkylake
世代第8世代第7世代第6世代
ソケット形状LGA1151LGA1151LGA1151
【対応しているチップセット】
Intel Z370××
Intel Z270×
Intel H270×
Intel B250×
Intel Z170×
Intel H170×
Intel B250×
Intel H110×

第7世代CPU「Kaby Lake」よりもコア数スレッド数キャッシュが増えた

第8世代「Cofee Lake-s」では、コア数やスレッド数、キャッシュが増えています(大雑把)。

第7世代CPU「Kaby Lake」の最上位モデルであるCore i7-7700Kは4コア8スレッドキャッシュ8MBでしたが、Core i7-8700Kでは6コア12スレッド12MBと増えました。

Core i5も同様に、Core i5-7600Kでは4コア4スレッド6MBだったのが6コア6スレッド9MBになりました。

また、下位モデルのCore i3も4コア4スレッドになっています。高性能化が期待できそうですが、その一方で発熱問題もありそうですね。

Core i7 性能比較

Core i7-8700KとCore i7-8700の違いは、「動作周波数・TB時の動作周波数」と「オーバークロックが出来るかどうか」・「TDP」の3つです。

モデル名コア/スレッドCPU定格/TBGPUL3TDPOCHTTB
i7-8700K 6 / 123.7 / 4.7 GHz Intel  UHD Graphics 63012MB95W
i7-87006 / 123.2 / 4.6 GHz12MB65W×

Core i5 性能比較

モデル名コア/スレッドCPU定格/TBGPUL3TDPOCHTTB
i5-8600K6 / 63.6 / 4.3 GHzIntel  UHD Graphics 6309MB95W×
i5-84006 / 62.8 / 4.0 GHz9MB65W××

Core i3 性能比較

モデル名コア/スレッドCPU定格/TBGPUL3TDPOCHTTB
i3-8350K 4 / 44.0GHzIntel  UHD Graphics 6306MB91W
i3-81004 / 43.6GHzIntel  UHD Graphics 6306MB65W×××

 

 




Y!mobileで月額料金割引キャンペーン実施中!

Y!mobileでは音声SIM申し込みを対象に月額料金割引キャンペーンを実施中です!
  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-CPU/プロセッサ, ニュース
-,

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.