【SSD】PLEXTOR M5Proシリーズのファームウェアが1.02にアップデート

2012/12/08

【SSD】PLEXTOR M5Proシリーズのファームウェアが1.02にアップデート
本日12月8日12月7日の21時頃にPLEXTOR社のSSDのハイエンドモデルであるM5Proシリーズの新ファームウェア「1.02」が公開されました。このファームウェアを適用させるとPX-256M5PPX-512M5Pはランダムリード性能が100,000 IOPSとなります。
アップデート方法などの詳細は続きを読むから。


M5Proシリーズについて
M5ProシリーズはMarvellコントローラーと東芝製19nmNAND型フラッシュを搭載し、高負荷状況における高速、高性能処理を保証し、シーケンシャルモードで最大読取速度540MB/秒、最大書込速度470MB/秒、高負荷ワークステーションや未圧縮HD動画の編集に理想的な1台。

詳しいレビューやベンチマーク結果については以下の記事をご覧ください。
エルミタージュ秋葉原 – ランダム読込10万IOPS達成。PLEXTOR「M5 Pro」の新ファームウェアを試す

M5Proのファームウェアのアップデート方法
M5Proシリーズのファームウェアのアップデート方法・手順について。特に難しい作業ではない。

所持しているモデルのファームウェアをダウンロードして解凍する
ダウンロード - Firmware ここからダウンロードして解凍するとISOファイルが出てきます。
ISOファイルをCDもしくはDVDに焼くかUSBメモリに放り込む
CDやDVDに焼いた場合はディスクを取り出さずにそのままにしておく。焼く方法は各自で。
USBメモリの場合もISOファイルを放り込んだらそのまま。
BIOSの設定で光学ドライブが一番上に来るように設定する
BIOSで光学ドライブが一番上に来るように起動順序を変更する。
USBメモリの場合も同一の手順。
あとは画面に従ってアップデートさせる
後は画面に従ってアップデートさせる。Press Enter とか出てくる模様。
更新が終わると「A:\>」と表示されるのでリセットボタンを押してPCを再起動させる。
この時ディスクやUSBメモリを取り出しておく。
BIOSの設定を元に戻す
一番上が光学ドライブかUSBメモリになっているはずなので元に戻しておく。
ファームウェアのバージョンがアップされているかどうか確認する
CrystalDiskInfoなどで確認し、「1.0.2」となっていればアップデート成功。

ちなみに最近の物だとBIOSを弄らなくてもディスクが入っていれば勝手にDVDドライブを一番最初に読みこんでくれる気がします。Win7をインストールした時もBIOSの設定を変更しなくてもディスク入れて起動させたら勝手にウィザードが出てきましたし。

ファームウェア「1.01」時のスペック

モデルPX-128M5PPX-256M5PPX-512M5P
容量
128GB256GB512GB
Buffer
DRAM キャッシュ
256MB DDR3512MB DDR3768MB DDR3
Read/Write Speed (Under Windows NTFS)
読込速度
540 MB/s540 MB/s540 MB/s
書き込み速度
340 MB/s450 MB/s450 MB/s
4Kランダムリード91,000 IOPS
94,000 IOPS
94,000 IOPS
4Kランダムライト82,000 IOPS
86,000 IOPS
86,000 IOPS
消費電力
MobileMark0.25W0.25W0.25W

ファームウェア「1.0.2」時のスペック

モデルPX-128M5PPX-256M5PPX-512M5P
容量
128GB256GB512GB
Buffer
DRAM キャッシュ
256MB DDR3512MB DDR3768MB DDR3
Read/Write Speed (Under Windows NTFS)
読込速度
540 MB/s540 MB/s540 MB/s
書込速度
330 MB/s460 MB/s470 MB/s
4Kランダムリード
92,000 IOPS
100,000 IOPS
100,000 IOPS
4Kランダムライト
82,000 IOPS
  86,000 IOPS
  88,000 IOPS
消費電力
MobileMark0.25W0.25W0.25W

1.02では表を見れば分かるようにランダムリードライト面が改善されています。

特にPX-256M5PとPX-512M5Pは後発のSAMSUNG 840 Proシリーズの最上位モデルである
MZ-7PD512B/IT(ランダムリード : 100,000 IOPS, ランダムライト : 90,000 IOPS)に相当
するランダムリードライト性能へと進化しています。使用されている方はアップデート必須です。

また、SSDをランダムアクセス性能重視で探していてSAMSUNGを敬遠している人はこのM5Proシリーズしかないでしょう。超ハイパフォーマンス、速度低下を防ぐTrue Speedテクノロジーを搭載しており最高クラスのパフォーマンスを実現しているM5Proシリーズをオススメします。


格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

UQモバイルのSIMカード/eSIM契約でau PAY残高還元!スマホは最大2万200円値引き!

  • eSIMで契約すると最短45分でUQモバイルが開通!SIMカードは間に合わなくてもeSIMなら間に合うかも?
  • SIMのみ契約するとau PAY最大1万3000円相当還元!
  • 他社から乗り換え+増量オプションⅡ加入でiPhoneが最大2万2000円割引!
  • auでんきやauのインターネットサービス(ネット+電話)を利用している人は自宅セット割が適用!1人でも最安で月額990円から利用可能!

ahamoがオススメ

  • ドコモの高品質な4G/5Gネットワークが利用できる
  • 基本料金月額2970円(機種代金別途)
  • 月間データ容量20GB
  • 国内通話5分無料付き(超過後は22円/30秒)
  • SIMカード/eSIMのみで契約できるし、スマホとSIMを購入も可能

  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-PCパーツ, ニュース
-,