公安9課

*

ファーウェイがSIMフリースマホ「HUAWEI Mate S」を発表

   

HUAWEI Mate S

ファーウェイがSIMフリー・高性能ハイエンドスマホ「HUAWEI Mate S」を発表しました。

HUAWEI Mate Sが発表される

ファーウェイ・ジャパンは2015年11月26日、SIMロックフリースマートフォン「HUAWEI Mate S」を発表いたしました。発売開始は12月4日(金)より予定しており、市場想定売価は8万6184円となっています。

HUAWEI Mate S楽天モバイルが取り扱い開始を発表しており、発売記念キャンペーンとして2016年1月15日(金)9:59まで台数限定で、8万6184円から1万6200円引きの6万9984円で販売されます。

HUAWEI Mate S スペック

HUAWEI Mate S
OS Android 5.1(Lolipop)
ディスプレイ 5.5インチ
(1080×1920) FullHD AMOLED
Corning Gorilla Glass 4
CPU Hisilicon Kirin 935
(2.2GHz+1.5GHz, オクタコア)
メインメモリ(RAM) 3GB
ストレージ(ROM) 32GB
カメラ(背面/前面) 1300万画素(F2.0)/800万画素
光学手ブレ補正/4色RGBWセンサー/2色Flash
外部メディア規格/最大容量 microSD/128GB
(microSDXC, microSDHC, microSD)
NFC
Wi-Fi IEEE 802.11 b/g/n/
Bluetooth Bluetooth 4.1 + BLE
GPS GPS, AGPS, GLONASS, BeiDou
センサー類 加速度センサー / 近接センサー / ジャイロスコープ
環境光センサー / ホールセンサー / 電子コンパス / 指紋センサー
テザリング Wifi / Bluetooth / USB
SIMタイプ nanoSIM×1
ネットワーク周波数帯 [LTE]:Band 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 17, 18, 19, 20, 25, 26, 28, 40
[W-CDMA(HSPA+)] : Band 1, 2, 5, 6, 8, 19
バッテリー容量 2700mAh(取り外し不可)
連続通話時間 3G : 14時間
連続待受時間 4G : 440時間
3G : 483時間
高さ(H)×幅(W)×厚さ(D) 約149.8×75.3×7.2mm
重量 約156g

 

高性能なハイエンドスマートフォン

HUAWEI Mate S-2

ディスプレイには、2.5Dラウンドエッジ加工の美しく強い第4世代Gorillaガラスを使用した、色域105%、コントラスト180万:1で驚くほど美しい、フルHD解像度のAMOLEDディスプレイを搭載しています。

CPU(SoC)はHisilicon社製オクタコア「Kirin 935」を搭載しています。「Kirin 935」は、高性能コア4基と、省電力コア4基で構成されており、処理の負担にあわせ最適なパフォーマンスを発揮します。

HUAWEI Mate S-1

本体は最薄部2.65mm の精巧に削りだされた5.5インチの「フルメタルシェル」ボディを採用し、側面はエッジを切り落としたダイヤモンド加工により、手にやさしくなじむだけではなく、メタルならではの美しい輝きをもたらします。

重さは約156gと軽量のため長時間のスマートフォン操作でも手が疲れにくい軽さを実現。さらに約10分の充電時間で最大約2時間の通話が可能な急速充電にも対応しています。

機能面

 

  • マニュアルカメラの表現を再現した「プロモード」

コントラスト、風合い、優れた色合い設定を含むハイスペックな画像を提供。光や色味、シャッタースピードを操り、目の前の光景を美しく再現。本格的な13メガピクセルのアウトカメラは、高品質の写真を素早く撮影、4色カラーRGBW センサー、光学式手ぶれ補正、2色フラッシュ、独立した画像信号プロセッサーを搭載しています。また8メガピクセルのインカメラにもソフトライトLED を施したことで、「HUAWEI Mate S」のカメラ性能はさらに進化し、セルフィー画像をよりきれいに撮影することを可能にしています。

  • 指紋認証 + タッチパッド + シャッターと何役もこなす「Fingerprint Sense 2.0」内蔵

自己学習機能も加わり、認識スピードも2倍になりました。指紋認証だけではなく、フリックやカメラでの撮影、電話着信時など、片手での操作に便利な機能を高感度センサーの搭載で実現。高いセキュリティーを確保できる指紋認証は、最大で5つの指紋を登録でき、ワンタッチsw開錠することが出来ます。

  • 新機能が追加された「ナックルセンス・テクノロジー」でさらに便利に

 

爪先や指の関節部でタップできる機能。最大の進化は画面キャプチャを動画で行える機能の追加だそうです。

 

ハイスペック・多機能なのは間違いないんですが、価格が8万6164円とSIMフリースマートフォンの中では高めの値段設定になっているので気軽には手を出しづらいですね。

楽天モバイルであれば

 

楽天モバイルのHUAWEI Mate Sの詳細や申し込みは以下のリンクから。

安心・お得な格安スマホは楽天モバイル!

バナー原稿



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
OCN モバイル ONEに10GB/月コースが登場。複数端末で使いたい人に最適
NEXT
Acerが応答速度1msの4K28型ゲーミング液晶「XB281HKbmiprz」「CB281HKbmjdprx」発表

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。