公安9課

*

HTC 「Desire EYE」「Desire 626」 スペックまとめ

    [最終更新日]2016/01/22 14:47

htc-desire-626

HTCのSIMフリースマホ「Desire EYE」「Desire 626」スペックまとめ。

日本市場向けで初のSIMフリースマホを発売

HTC NIPPONは2015年10月1日に、日本市場向けでは初となるAndroid搭載SIMフリースマートフォンの販売を開始すると発表しました。

HTC独自のカメラ機能(HTC EYE Experience)を大きな特長とする「HTC Desire EYE」と、お求めやすい価格でありながら高い機能を維持させた「HTC Desire 626」の2種類のスマートフォンを、10月中旬より全国の家電量販店、オンラインショップを通じて販売開始します。また、楽天モバイル限定モデルとしてDesire 626のホワイト・ブラックモデルが販売されています。

Desire EYEを購入してレビューをしています

Desire EYE-5

Desire EYEのマリーンを購入してレビューを行っています。

「Desire EYE」「Desire 626」スペック

2015年10月17日に発売されました。

製品名 Desire EYE Desire 626
OS(発売時点) Android 5.1 Android 5.1
ディスプレイ 約5.2インチ
Super LCD3
約5.0インチ
Super LCD2
解像度 1920×1080, FullHD 1280×720, HD
CPU(SoC) Snapdragon 801
(2.3GHz, クアッドコア)
Snapdragon 410
(1.2GHz, クアッドコア)
グラフィックス機能 Adreno 330 / 450MHz Adreno 306 / 450MHz
メインメモリ(RAM) 2GB 2GB
ストレージ(ROM) 16GB(eMMC) 16GB(eMMC)
その他ストレージ Googleドライブ100GB(2年間無料版) Googleドライブ100GB(2年間無料版)
外部メディア規格 microSDXC(200GB) microSDXC(200GB)
microSDXCカードスロットは理論値で2TB, 市販品で200GBまで動作検証済
カメラ [前面]1300万画素(F2.0)
[背面]1300万画素(F2.2)
前面背面ともにデュアルLEDフラッシュ
前面はワイドアングル
[前面]500万画素(F2.8)
[背面]1300万画素(F2.2)
Wifi IEEE802.11 a/b/g/n
(2.4GHz & 5GHz)
IEEE802.11 b/g/n
(2.4GHz)
Bluetooth Bluetooth 4.1 Bluetooth 4.1
NFC NFC NFC
GPS GPS GPS
センサー類 加速度センサー / 近接センサー
環境光センサー / ジャイロセンサー
磁気センサー
加速度センサー / 近接センサー
環境光センサー / 磁気センサー
SIMタイプ nanoSIM nanoSIM
ネットワーク周波数帯 [LTE Band] : B1/B3/B5/B7/B8/B19/B28/
B38/B39/B40/B41
[W-CDMA Band] : B1/B2/B5/B6/B8/B19
[LTE Band] : B1/B3/B5/B7/B8/B19/B28
[W-CDMA Band] : B1/B5/B6/B8/B19
連続通話時間 約1200分(3G) 約541分(3G)
連続待受時間 約538時間(3G) / 約437時間(4G)   約451時間(3G) / 約400時間(4G)
防水/防塵 IPX7 / IP5X
サウンド機能 ステレオスピーカー内蔵
デジタルマイク内蔵
前面スピーカー(モノラル)
デジタルマイク内蔵
バッテリー容量 2400mAh 2000mAh
幅(W)×高さ(H)×厚さ(D) 約151.7 ×73.8 × 8.5mm 約146.9 ×70.9 ×8.19mm
重量 約154g 約140g
価格 5万7024円 3万2184円
本体カラー スカーレット・マリーン マカロンピンク・マリーンブルー
製品公式 HTC Desire EYE HTC Desire 626

 

スペック重視ならDesire EYE一択

一目瞭然ですが、Snapdragon 801を採用したDesire EYEの方がスペックが良いです。2年くらいは余裕で戦えると思いますよ。

Desire EYEはSnapdragon 801を採用

Snapdragon 801 Snapdragon 410
動作周波数 2.3GHz 1.2GHz
コア数 4(クアッドコア) 4(クアッドコア)
GPU Adreno 330 Adreno 306

 

Desire EYEはSoCにハイエンドに位置づけされているSnapdragon 801を採用しており、ハイスペック志向な人にはビンビン来るのではないでしょうか。Snapdragon 801なので発熱を気にする必要はありません。発熱で騒がれてるのはSnapdragon 810です。

Desire 626はSnapdragon 410を採用。Snapdragon 410はZenFone 2 LaserやVAIO Phoneにも採用されているSoCです。

ちなみに、Desire EYEの方がページに力が入っています。Desire 626はどことなく説明が軽いです。

RAM/ROMの容量は同じ

Desire EYEとDesire 626はどちらもRAM2GB/ROM16GBで、上位モデル下位モデルでの差別化はありません。

Desire EYEは前面背面カメラともに1300万画素+デュアルLEDフラッシュ

Desire EYE-16

自撮りする時光がもっと欲しい、見たまま美味しそうな食べ物が撮りたいという願望を実現するカメラを搭載。

前面背面カメラともにデュアルLEDフラッシュを搭載しており、自動で焼成されるフラッシュで肌色を自然に、さらに暗所でも楽しく撮影が可能です。

docomo回線での使用を前提

ネットワーク周波数帯に関しては、Desire EYEとDesire 626のどちらも「※NTT ドコモの移動体通信網を利用した通信サービスに対応した端末です。」というただし書きがあるのでdocomo回線での使用を前提としているようです。

また、HTCでも周波数帯についての表があります。HTC Desireシリーズ 実装対応周波数帯一覧 | HTC 日本

LTE BandはBand 1, 3, 19, 28の4つに対応。docomoのプラチナバンド(LTE Band 19)で通信が可能です。また、W-CDMA Band 6, 19に対応しているためFOMAプラスエリアでの通信が可能です。FOMAプラスエリアおじさんも安心して使えます。

Desire EYE-19

こちらはDesire EYEの説明書に記載されていた周波数帯一覧。

連続通話時間/連続待受時間はDesire EYEのほうが長い

Desire EYE Desire 626
連続通話時間 約1200分(3G) 約541分(3G)
連続待受時間 約538時間(3G) / 約437時間(4G)   約451時間(3G) / 約400時間(4G)

 

Desire EYEとDesire 626は結構な時間差があるのが分かると思います。どうしてこんなに差があるのか理由が分かりませんが…。

Desire EYEは防水・防塵対応

Desire EYEはIPX7 / IP5Xの防水・防塵に対応しています。SIMフリースマートフォンとしては珍しいかもしれません。

  • IPX7の防水性能 : 常温で、水道水、かつ静水の水深1日mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、本体内部に浸水せず、電話機としての性能を保ちます。
  • IP5X防塵性能:防塵試験管内で電話機を8時間かくはんした際に、試験用粉塵(直径75um以下)が電話機内部に入った場合でも所定の動作および安全性を保ちます。

ただ、防水に関しては静水での検証なのであまりあてにならないと思うので、防水性能に関しては過信は禁物です。

【重要】Desire EYEもDesire 626もアンテナピクト問題が発生する

Desire 626-Antennapict

Desire EYEもDesire 626も、格安SIMのデータ通信専用SIMを使用するとアンテナピクトが正常に表示されない「アンテナピクト問題」が発生します。通信は可能であり、あくまで電波の状態が確認できないだけです。

これはSMS機能付きSIMや音声通話SIMでは発生しません。アンテナピクト問題がきになる人はSMS機能付きSIMや音声通話SIMを契約しましょう。

Desire EYE

htc-desire-eyeHTC Desire EYEは、より多くの人にスマホカメラをもっと楽しんでもらいたい考え開発された製品。

同製品の最大の特長である、さまざまな瞬間を鮮明にとらえることができるカメラ機能を充実させるため、インカメラ/メインカメラ共に1300万画素の高性能カメラと2色のLEDフラッシュ、また、インカメラには複数人で自分撮りが可能な88度の画角を持つ広角レンズを搭載し、さらに、被写体を美しく撮影することができるHTC独自のソフトウェアを採用しています。

Desire 626

htc-desire-626

HTC Desire 626は、ファッションに敏感な層や現在市場にあるスマートフォンをオーバースペックであると感じている層をターゲットとするため、搭載機能を絞っています。

ポップで明るい巧みな色合いのツートーンカラーに、滑らかなグロス加工で仕上げられた外装は、現在日本市場で販売されているSIMロックフリースマートフォンとは一線を画した個性的なデザインが特徴となっています。

Desire 626は楽天モバイル限定モデルも

Desire 626-white-black

2015年10月29日より、楽天モバイルにてDesire 626の販売が開始されます。楽天モバイル限定モデルとしてDesire 626のホワイト・ブラックモデルが販売されます。

本体価格は一括の場合は3万24円、24回分割払いの場合は1251円となります。楽天モバイルの詳細や申し込みは以下のリンクから。

安心・お得な格安スマホは楽天モバイル!

バナー原稿

 

Desire EYE, Desire 626を販売しているMVNO

U-mobile

U-mobileはDesire EYEとDesire 626の両方を販売しています。

Desire EYEの本体価格は一括5万7024円、24回分割払いだと月額2376円、Desire 626の本体価格は一括3万2184円、24回分割払いだと月額1341円となっています。

U-mobile

楽天モバイル

楽天モバイルはDesire 626のみを販売しています。

楽天モバイルの本体価格は一括の場合は3万24円、24回分割払いの場合は1251円となります。また、先述しましたが楽天モバイル限定モデルとしてホワイト・ブラックモデルが販売されています。

安心・お得な格安スマホは楽天モバイル!

 

以上。情報は随時まとめていきます。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
GIGABYTEの「GA-Z170X-SOC FORCE」が近日発売
NEXT
HTCのSIMフリースマホ「Desire EYE」「Desire 626」が本日発売

コメント

  1. 匿名 より:

    前面と背面が逆

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。