公安9課

*

導入して約2年経ったSSDが速度低下・劣化しているか調べてみた

    [最終更新日]2015/01/18 23:55

toolbox1

導入して2年経ったIntel SSDが速度低下・劣化しているか調べてみました。

導入時のベンチマーク結果

2012年10月28日にCrystalDiskMarkでベンチマークした際の結果。

導入したてのベンチマーク結果なのでまだまだフレッシュ。

約2年使用してみてのベンチマーク結果

before

左側がランダムの方の計測結果ですがシーケンシャルリードやランダムリードなどリード面のスコアはそこまで低下していないのですが、シーケンシャルライトとランダムライト(512K)のスコアが減っているのが目につきます。一方右側の0Fillの計測結果は導入時とそれほど変わっていないのが分かります。なおCドライブにはOS程度しか入れていません。

Trimコマンドを実行してからまたベンチマークしてみる

ふとTrimコマンドのことを思い出したのでIntel SSD Toolbox上からTrimコマンドを実行した後に再度ベンチマークをしてみて、書込速度などが改善されているかどうか調べてみました。もともとWindow7でSSDがTrimに対応していたら、Trimコマンドが送信もしくは実行されるようになっていますが任意のタイミングでは行えません。なのでIntel SSD Toolboxの方でTrimコマンドを実行してみました。

Trimコマンドとは

Trimコマンドとは、OS上で不要になったデータのブロックをSSDに通知し、SSDはその情報で不要なデータのブロックを一旦削除します。これにより書き込み可能なブロックを迅速に用意でき、書き込み速度の低下を防ぐコマンドのこと。また、Trimコマンドを実行することによりSSD内部での書き換え回数を平準化してNANDフラッシュの劣化を抑えるウエアレベリングの効率も向上します。

Intel SSD ToolboxでTrimコマンドを実行

Intel SSD Toolboxを起動させてIntel SSD Optimizerをクリック。

Intel SSD Optimizerを実行する

実行をクリックする。するとこのようなウィンドウが出てくるのでスタートをクリック。

終わると「無事終了しました。」と表示されるので消す。きちんと実行されているのを確認。

これでTrim機能により最適化されたはずなので一応再起動して再度ベンチマーク。

Trimコマンドを実行した後のベンチマーク結果

Trimコマンドを実行した後に再起動し、再度CrystalDiskMarkでベンチマークしてみました。

ランダム0fill
SSD導入時。
before
Trim実行前。
after

Trim実行後。

Trimコマンドを送信しても劇的に変化するわけではないようです。

結論から言うと。確かにSSDは長期間使用すると主に書き込み速度が低下するという結果になりました。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
Intel CPU Devil's Canyon 「Core i7-4790K」「Core i5-4690K」まとめ
NEXT
ECS「LIVA」にWindows8.1 with Bingがプリインストールされる

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。