ワイモバイルに乗り換え

UQモバイルからワイモバイルに乗り換えるときの手順やポイントまとめ

2021年1月7日

UQモバイルからワイモバイルに乗り換えるときの手順やポイントまとめ。

UQモバイルからワイモバイルへ乗り換え手順やポイントを最初にまとめ

SIMのみ契約+UQモバイルのスマホを使い続ける

  • UQモバイルで購入したAndroidスマホやiPhoneがワイモバイルで使えるか確認
  • iPhoneはSIMロックを解除する
  • UQモバイルでMNP予約番号を発行する
  • MNPでワイモバイルのSIMのみを申し込む
  • SIMが手元に届き次第、MNP開通手続きを行う
  • SIMをスマホに挿してAPN設定をする
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

SIMのみ契約+SIMフリースマホを使う

  • ワイモバイルで動作確認されているSIMフリーのAndroidスマホやiPhoneを用意する
  • UQモバイルでMNP予約番号を発行する
  • MNPでワイモバイルのSIMのみを申し込む
  • SIMが手元に届き次第、MNP開通手続きを行う
  • SIMをスマホに挿してAPN設定をする
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

SIMフリー版スマホは動作確認されているものならなんでもOK

SIMフリー版スマホは、動作確認されているものであれば何を使ってもOKです。

SIMロックを解除したキャリア版iPhoneだけでなく、SIMフリー版iPhoneがもちろん使えます。

Apple Store・ビックカメラ・ヨドバシカメラでSIMフリー版iPhone 12とかを買ってきても全然OKです。使えます。

SIMフリー版Androidスマートフォンも利用できます。価格コムとかで売れ筋のものを買ってきて使いましょう。

ワイモバイルのスマホを契約

  • UQモバイルでMNP予約番号を発行する
  • ワイモバイルのスマホをを申し込む
  • スマホが手元に届き次第。MNP開通手続きを行う
  • スマホの初期設定・セットアップを完了させる
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

SIMロック解除は不要、MNP予約番号だけ発行すればOK

ワイモバイルに乗り換え+SIMとスマホのセットを契約する人は、今使っているUQモバイルのスマホがワイモバイルに対応しているかどうか確認する作業は不要です。

MNP予約番号を発行して、必要なものを揃えてワイモバイルを申し込めばOKです。

Androidスマホはスペックがあんまりよくない

ただし、ワイモバイルで販売されているAndroidスマホのスペックは、松竹梅でいうと竹と梅に相当するものばかりです。

ハイスペックなスマホを使いたいという人は、Amazonや家電量販店などでSIMフリー版Androidスマホを購入してくつことをオススメします。

最新iPhoneは販売していない

ワイモバイルは2020年12月時点では、iPhone SE(第2世代)とiPhone 7を販売しています。

最新のiPhone 12シリーズは取り扱っていないので、最新iPhoneが欲しい人はApple Storeで購入してくることをオススメします。

UQモバイルからワイモバイルに乗り換えるときの流れ

必要なものを用意する・事前準備をする

ワイモバイルにスムーズに乗り換えるために、必要なものの用意、事前準備をしておきましょう。

必要なもの

  • 本人確認書類
  • 契約者名義のクレジットカード
  • フリーメールアドレス
  • ワイモバイルで動作確認されているスマートフォン

事前準備

  • スマホを変えるならLINEのトーク履歴などのデータのバックアップ
  • 今使っているスマホのSIMロック解除
  • キャリアメールアドレスで利用しているWebサービスでフリーメールアドレスへの変更
  • iPhoneなら、古いiPhoneと新しいiPhoneでiOSバージョンを同じにする

SIMのみ契約するときは、スマホのデータが消えることはないです。ご安心ください。

データのバックアップなどが必要になるのはスマホを変えるときだけです。

【手順①】今使っているUQモバイルのスマホがワイモバイルで動作確認されているか、SIMサイズ確認

ワイモバイルに乗り換えてもUQモバイルで購入したAndroidスマホやiPhoneを使いたい場合は、ワイモバイルでそのスマホが動作確認されているかチェックしましょう。

また、使いたいスマホのSIMサイズも確認しておきましょう。ちなみに、ワイモバイルで使えるiPhoneのSIMサイズはすべてnanoSIMです。

UQモバイルのスマホは対応しているネットワーク周波数帯を書いていません。取扱説明書を見ても書いてなかったりします。十分注意してください。

【手順②】SIMロックを解除する

UQモバイルで購入したスマホをワイモバイルで使う場合はSIMロックを解除しておきましょう。

my UQ mobileまたはUQお客さまセンターに電話するとSIMロックを解除できます。

UQモバイルで販売されているiPhoneはSIMロックがかかっていて、AndroidスマホはSIMロックがかかっていません。

SIMロックを解除する前に、スマホのIMEI番号をメモしておきましょう。

【手順③】UQモバイルでMNP予約番号を取得する

UQモバイルからワイモバイルに乗り換えるときは、MNP予約番号が必要になります。

UQモバイルでMNP予約番号を発行する方法は、UQお客さまセンターに電話するしかありません。

WebでMNP予約番号が発行できないのは少し残念ですね。

窓口電話番号予約番号
受付時間
UQお客さまセンター0120-929-8189時~21時

【ポイント】MNP予約番号は10日以上残っていないとダメ

ワイモバイルをオンラインで申し込むときには、MNP予約番号のMNP有効期限が10日以上残っている必要があります。

MNP予約番号を発行したらすぐにワイモバイルに申し込むようにしましょう。

有効期限が9日以内の場合は再度MNP予約番号を取り直してください。MNP予約番号は何回発行しても無料です。

MNP予約番号を発行しただけでauが解約されることは無い

UQモバイルでMNP予約番号を発行した=その時点でUQモバイルが解約されるということは絶対にありません。

UQモバイルが解約されるのは、ワイモバイルに回線切替が完了したときです。

【手順④】ワイモバイルを申し込む

契約に必要なものを用意してワイモバイルをMNPで申し込みましょう。

ワイモバイルでも使いたいスマホのSIMサイズを確認してください。

たとえばiPhoneはnanoSIMですが、間違えてmicroSIMで申し込んでしまった場合は、SIMカード交換手続きが必要になります。

必要なもの

  • 契約者本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • メールアドレスと電話番号
  • MNP予約番号

ドコモ/au/ソフトバンクで提供されているキャリアメールアドレスは、キャリア解約後はメールの送受信が一切できません。フリーメールアドレスを取得して申し込んでください。

本人確認書類は運転免許証などを用意しておきましょう。

申し込み時に使える本人確認書類については、本人確認書類の送付について|ご利用ガイド|オンラインストア|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルでをご覧ください。

【手順⑤】手元にSIMやスマホが到着次第、回線切替手続きを行う

ワイモバイルのSIMやスマホは、審査に問題がなければ17時までの申し込みは、最短翌日発送・翌々日到着で発送されます。

ただし、本人確認書類が必要な申し込みで書類に不備があった場合や、商品出荷元倉庫や交通事情などにより遅れる場合があります。

数日後に手元にでワイモバイルのSIMやスマホが届きます。届いたら次は「回線切替手続き」が必要になります。

現在契約している携帯電話会社からワイモバイルに回線を切り替えるためには、回線切替窓口への電話が必要になります。Webからはできません。

対応時間は午前10時から午後7時まで、固定電話からでも可能です。

  1. 0800-919-9809に電話をかける
  2. 音声ガイダンスにしたがって電話番号を入力する
  3. 携帯電話番号を入力
  4. 契約時に決めた4桁の暗証番号を入力
  5. 切り替え確認(はい/いいえ)
  6. 切り替え完了(はい/いいえ)

詳細は以下のページをご覧ください。

【手順⑥】スマホに挿さっているUQモバイルのSIMカードとワイモバイルのSIMカードを入れ替える

スマホに挿さっているUQモバイルのSIMカードを取り出して、ワイモバイルのSIMカードと入れ替えましょう。

SIMカードの入れ替え方が分からない場合は、YouTubeで「SIMカード 入れ替え」などで検索するといっぱい動画が出てくるので、それを見て参考にしてください。

【手順⑦】APN設定や初期設定を行う

回線をUQモバイルからワイモバイルに切り替える手続きをした後は、スマートフォン本体で「APN設定」をする必要ああります。

APN設定とは、簡単に言えば「ワイモバイルの回線にログインするために必要なIDとパスワードを入力する」作業と思ってください。

Androidスマホの場合

Androidスマホは、SIMフリーであればAPN設定があらかじめインストールされています。

SIMを挿したら勝手にAPN設定してくれるもの、SIMを挿してAPNリストの中から選択するものがあります。

キャリア版Androidスマホは、ほぼ確実に手動でAPN設定しないといけません。

iPhoneの場合

iPhoneは、機種によってAPN設定が自動で行われるもの、APN構成プロファイルをインストールしないといけない機種があります。

iPhone 12シリーズ以外のiPhoneの場合は、SIMカードを挿したら勝手にAPN設定をやってくれます。何もしなくていいです。

iPhone 12シリーズはAPN構成プロファイルのインストールが必須です。APN構成プロファイルのインストールにはWi-Fi環境が必要になります。

家にWi-Fi環境がない人はコンビニとかカフェに行ってください。

初期設定とは?

ワイモバイルを契約するとYahoo!プレミアムの会員となり、Y!mobileメール、Yahoo!ショッピングのポイント特典、Yahoo!かんたんバックアップを容量無制限で利用できるなど、便利なお得なサービスを利用できます。

ワイモバイル回線とYahoo! JAPAN IDの紐付けとか、PayPayアカウントとの紐付けする作業になります。

ワイモバイルユーザーだとPayPayキャンペーンなどで色々優遇してくれるので、初期設定しておくことをオススメします。

【手順⑧】開通していることを確認してワイモバイルの利用開始

  • 利用開始手続きが完了している
  • APN設定が完了している
  • SIMカードを使いたいスマホに挿している

順番は前後してもいいので、この3つの作業が完璧であればワイモバイルが開通しています。

天気予報や時報に電話をかけたり、Wi-Fiをオフにしてネットを見たりして、しっかり開通していることを確認してください。

UQモバイルの契約はワイモバイル開通後に自動解約されます。乗り換え時はUQモバイルを解約しないでください

UQモバイルからワイモバイルに回線切替が完了した時点で、UQモバイルの契約は自動で解約されます。

  • UQスポットなどの実店舗に行ってUQモバイルを解約する
  • UQモバイルでMNP予約番号を発行した後にUQモバイルを解約する
  • UQモバイルを解約してワイモバイルを契約する

といった行為は絶対にしないでください。

UQモバイルのスマホをワイモバイルで使うときの注意点

AndroidスマホはSIMフリー、iPhoneはSIMロック解除必須

UQモバイルで販売されているAndroidスマートフォンはすべてSIMフリーです。

UQモバイルのSIMロック解除条件を見ると、iPhoneはSIMロック解除対象機種になっていますが、Androidスマホは対象機種になっていません。

そもそも最初からSIMフリーの状態で販売されているからです。

ワイモバイル(ソフトバンク)の使用しているLTE周波数帯に対応しているか確認

ワイモバイル(ソフトバンク)は、LTE Band 1, 3, 8, 11, 28, 42を使って通信サービスを提供しています。

ワイモバイル(ソフトバンク)から販売されているAndroidスマホは、LTE Band 1, 3, 8には絶対に対応しています。

その3つの周波数帯の中でも特に重要なのがLTE Band 8です。LTE Band 8はワイモバイル(ソフトバンク)のプラチナバンドに相当します。

プラチナバンドの特徴としては、①より遠くまで電波が届く、②室内にも電波が入りやすい、③ビルの影などでも電波が届きやすくなる、といった特徴があります。

LTE Band 8に対応していない場合、あなたの活動エリア次第ではワイモバイルが繋がりにくかったり圏外になる可能性があります。

LTE  Band 8に対応していないスマホであれば、ワイモバイルのスマホを購入するか、ワイモバイルに対応しているSIMフリースマホを用意して使うことをオススメします。

UQモバイルからワイモバイルに乗り換えるときの注意点

乗り換えるタイミングによっては契約解除料が発生する可能性がある

UQモバイルでは、契約している料金プランによっては1000円~9500円の契約解除料が発生する可能性があります。

■スマホプラン
契約期間の定めがなく、契約解除料はかかりません。

■おしゃべり・ぴったりプラン
契約期間は2年間です。契約更新月(契約満了月の翌月)に解約をする場合は契約解除料は発生しません。
契約更新月(契約満了月の翌月)に解約のお申し出がない場合、さらに2年間の契約として自動更新されます。契約満了月の翌月以外に解約された場合は、10,450円(税込)の契約解除料がかかります。

■データ高速・無制限+音声通話プラン
12ヶ月(365日)の最低利用期間があります。
最低利用期間内に解約した場合は、10,450円(税込)の契約解除料が発生します。

■データ高速・無制限プラン
契約期間の定めがなく、契約解除料はかかりません。

スマホの分割払いが終わっていないときは、ワイモバイルに乗り換えても支払いは継続

ワイモバイルに乗り換えたからといって、スマホの分割払いがチャラになることは絶対にありません。

たとえばUQモバイルでAndoridスマホやiPhoneを24回分割払いで購入して、18回目の支払いのときにUQモバイルからワイモバイルに乗り換えても、残り6回の支払いは継続します。

残りの代金の支払いは、一括払いするか分割払いを継続するか選べます。

お得にワイモバイルのSIMを契約するためのポイントを教えます!

【はじめに】「ワイモバイル」と「Yahoo!モバイル」の2つの申し込み窓口があります

ワイモバイルのネットの申し込み窓口は、ワイモバイルオンラインストアとYahoo!モバイルオンラインストアの2つの窓口が存在します。 ワイモバイルオンラインストアは、ワイモバイル運営元のソフトバンクが運営している公式オンラインストアです。

Yahoo!モバイルオンラインストアは、ヤフーがワイモバイルの代理店になって運営しているオンラインストアです。

ヤフーもソフトバンクもソフトバンクグループなので、Yahoo!モバイルが怪しいということは絶対にありません。

契約できるSIMやスマホ、料金プランは同じですが、ワイモバイルとYahoo!モバイルでそれぞれ独自のキャンペーンを実施しています。

キャンペーン詳細情報は、ワイモバイルキャンペーン記事を御覧ください。

まずは、「どこでももらえる特典」にエントリー

ワイモバイルをネットや実店舗で申し込む前に、どこでももらえる特典にエントリーしておきましょう。事前エントリー必須で、後から遡って適用させることはできません。

どこでももらえる特典は、ワイモバイルのSIMやスマホを契約するとPayPay3000円相当貰えるキャンペーンです。

ワイモバイルオンラインストアで申し込むときも、Yahoo!モバイルオンラインストアで申し込むときも併用できるので、絶対にどこでももらえる特典を利用して契約しましょう。

キャンペーンエントリーはこちらから

ワイモバイル どこでももらえる特典

ワイモバイル どこでももらえる特典エントリーページに移動します

SIMを新規契約するならワイモバイルがお得

音声通話SIMを新規契約するなら、いつでも最大1万2300円お得になるワイモバイルオンラインストアがお得です。

事務手数料が無料になるのはワイモバイルオンラインストアだけです。

また、ソフトバンク系格安SIMからワイモバイルに乗り換えを受け付けているのはワイモバイルオンラインストアだけです。

PayPayが戻ってくるよりも事務手数料が無料になったほうがトータルで得してない?と考える人はワイモバイルオンラインストアで申し込みましょう。

  • ①どこでももらえる特典3000円相当還元
  • ②事務手数料3300円無料
  • ③PayPayが最大6000円相当還元
  • 合計最大1万2300円相当お得

ワイモバイルオンラインストアはこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストアTOPページに移動します

SIMをMNP転入で契約するならYahoo!モバイルがお得

音声通話SIMをMNP転入で契約するなら、5のつく日・毎週日曜日まで待って、最大1万4000円相当お得になるYahoo!モバイルオンラインストアで契約するのがお得です。

最大1万4000円相当お得になるのは5のつく日・毎週日曜日だけで、それ以外の日に申し込むと最大1万700円相当お得になります。

  • ①どこでももらえる特典3000円相当還元
  • ②PayPay最大1万1000円相当還元
  • 合計最大1万4000円相当お得

Yahoo!モバイルオンラインストアはこちらから

Yahoo!モバイルオンラインストア

Yahoo!モバイルオンラインストアTOPページに移動します

  • この記事を書いた人

ymobileinfo

-ワイモバイルに乗り換え

© 2021 ワイモバイルinfo