ワイモバイルに乗り換え

ドコモからワイモバイルに乗り換え手順やポイントまとめ

2021年10月3日

ドコモからワイモバイルに乗り換えるときの手順やポイントまとめ。

2021年11月28日までワイモバイルヤフー店で超PayPay祭により特典額が毎日増額中!SIMカード/eSIMを契約するなら絶対お得!合計最大1万円相当還元!

ワイモバイルオンラインストアヤフー店では、2021年11月28日まで「超PayPay祭」の一環として、SIMやスマホを申し込む時に貰えるPayPayボーナスの特典額が増額されています!SIMカード/eSIMもスマホも最大7000円相当のPayPayボーナスが貰えます。

私は普段から、SIMやスマホを契約するときにワイモバイル公式とワイモバイルヤフー店どちらがお得か?をいつもチェックしています。

断言します。SIMカード/eSIMを新規契約、「ドコモ/ahamo、au/UQモバイル/povo、楽天モバイル、その他格安SIM(ソフトバンク回線プランは除く)からワイモバイル乗り換え」で申し込むなら、絶対に超PayPay祭期間中のワイモバイルヤフー店がお得です。

ヤフー店は2021年10月から「5のつく日・日曜日」が無くなって毎日お得!

ワイモバイルオンラインストアヤフー店は2021年10月1日からは、「5のつく日・日曜日」が無くなり、24時間毎日いつでもキャンペーンが適用されるようになりました。

どうしても5のつく日・日曜日の印象が強すぎるようですが、これからは24時間毎日いつでもお得ですよ!

 2021年9月30日まで2021年10月1日以降
SIMご契約特典5のつく日/日曜日
のみ適用
24時間毎日
いつでも適用
スマホご契約特典5のつく日/日曜日
のみ適用
24時間毎日
いつでも適用

 

新どこでももらえる特典が併用できると合計最大1万円相当還元

「新どこでももらえる特典」に事前エントリーしてからSIMカードやeSIMを契約すると、シンプルSならPayPayボーナス500円相当、シンプルM/LはPayPayボーナス3000円相当還元されます。

ワイモバイルオンラインストア(公式)で契約するときでも新どこでももらえる特典は併用可能なので、2つのキャンペーンを併用するとSIMカードやeSIMを契約すると合計最大1万円相当のPayPayボーナスが還元されます。

ワイモバイルヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店に移動します

キャンペーンエントリーはこちらから

新どこでももらえる特典

新どこでももらえる特典エントリーページに移動します

 

ワイモバイル公式でスマホ契約すると最大2万1600円値引き!SIMのみ契約も特典あり!


UQモバイルでSIMのみ+MNP転入で契約すると最大1万円キャッシュバック!

ドコモからワイモバイルへ乗り換え手順やポイントを最初にまとめ(ドコモの電話番号をワイモバイルでも使い続ける人)

機種そのままで乗り換えるときは、SIMのみ契約すればOKです

  • ドコモからワイモバイルに乗り換える
  • ドコモで購入した機種(スマホ)はそのまま使いたい

というときは、ドコモでスマホのSIMロックを解除して、ワイモバイルでSIMカードのみを契約すればOKです。

ワイモバイルでは、SIMカードのみを新規契約またはMNP転入で契約することができます。

ワイモバイルではスマホを購入しなくてもOKです。SIMカードのみを契約しましょう。

「これは新規契約?他社から乗り換え(MNP転入)?」まとめ

「新規契約」と「他社から乗り換え(MNP転入)」の違いは、「今ドコモで使っている携帯電話番号をワイモバイルでも引き継ぐかどうか」です。

新規契約で契約すると、ワイモバイルで携帯電話番号が発行されます。ワイモバイルではその電話番号を使って電話やSMS送受信を行います。

これは「他社から乗り換え」です

「ワイモバイルを契約したい。ドコモの携帯電話番号はワイモバイルに乗り換えても使いたい!この番号をずっと使い続ける!」という人は、ドコモでMNP予約番号を発行してワイモバイルを「他社から乗り換え」で契約してください。

ドコモで使っている携帯電話番号がワイモバイルに引き継がれて、ワイモバイルでもドコモの携帯電話番号を使って音声通話やSMS送受信ができます。

「他社から乗り換え」で契約するときは、ワイモバイルを申し込む前、MNP予約番号を発行した後にドコモを絶対に解約しないでください。

これは「新規契約」です

「ワイモバイルを契約したい。ドコモの携帯電話番号は使えなくなってもいい」という人は、ドコモを解約して、ワイモバイルを「新規契約」で契約してください。

「ワイモバイルをサブ回線として新しく契約したい」という人は、ワイモバイルを「新規契約」で契約してください。

SIMカードのみ契約+ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneを使い続ける

  • ドコモからワイモバイルに乗り換える
  • SIMカードのみ契約する
  • ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneは、ワイモバイルに乗り換えても使い続ける

ときの手順は以下の通り。

手順

  • Yahoo! JAPAN IDを使って新どこでももらえる特典にエントリーする
  • ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneがワイモバイルで使えるかを、SIM動作確認済機種一覧を見てチェックする
  • ワイモバイル契約前に、ドコモのスマホのSIMロック解除手続きをする
  • ドコモでMNP予約番号を発行する
  • 本人確認書類、クレジットカード、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを用意する
  • ワイモバイルオンラインストアにアクセスする
  • SIMカードの契約方法は、「他社からのりかえ」で契約する
  • あとは画面の指示に従ってSIMカードの契約を完了させる
  • 数日後にワイモバイルのSIMカードが手元に届く
  • ワイモバイル側で回線切り替え手続きを行う(WEBで可能)
  • 手持ちのスマホにワイモバイルのSIMカードを入れて電源オン
  • ワイモバイルスマホの初期設定方法を見て、APN設定などの初期設定を行う
  • Y!mobileサービスの初期登録とPayPayアプリの登録はPayPayボーナスを貰うために必要なので必ず設定する
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

ドコモでで購入したスマホは、購入した時期や支払い方法によってはSIMロック解除手続きがされている状態で渡されたり、SIMロック自体無かったりしますが、絶対にSIMロック解除しているか確認してください。

SIMカードのみ契約+ワイモバイルで動作確認済みのSIMフリースマホを自分で買ってきて使う

  • ドコモ/ahamo、au/UQモバイル/povo、楽天モバイル、格安SIMからワイモバイルに乗り換える
  • とにかく、ソフトバンクやLINEMO以外からワイモバイルに乗り換える
  • SIMカードのみ契約する
  • ワイモバイルで動作確認されているSIMフリーのAndroidスマホやiPhoneを使う

ときの手順は以下の通り。

手順

  • Yahoo! JAPAN IDを使って新どこでももらえる特典にエントリーする
  • 使いたいSIMフリースマホがSIM動作確認済機種一覧にあることを確認する
  • SIMタイプを見てSIMサイズを確認しておく。大抵の人は「nanoSIM」になっているはず
  • 今契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を発行する
    あらかじめ発行するよりも、ワイモバイルを申し込む当日に発行をオススメ
  • 本人確認書類、クレジットカード、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを用意する
  • ワイモバイルオンラインストア(公式)、またはワイモバイルオンラインストアヤフー店にアクセス
  • 【SIMカード】を選んで申し込む
  • SIMカードのサイズを選択する。SIMサイズを間違えないように注意
    nanoSIMで申し込むべきなのに「microSIM」を選ばないように注意、逆もしかり
  • SIMカードの契約方法は、「他社からのりかえ」で契約する
    ※格安SIMのソフトバンク回線プランから乗り換えの場合は、「ソフトバンク回線MVNOからのりかえ」を選択すること
  • あとは画面の指示に従ってSIMカードの契約を完了させる
  • 数日後にワイモバイルのSIMカードが手元に届く
  • 新スマホにワイモバイルのSIMカードを入れて、新スマホのセットアップ、旧スマホから新スマホにデータ移行を完了させて使える状態にする
  • ワイモバイル側で回線切り替え手続きを行う(WEBまたは電話で可能)
    WEBからだと最大15分で切り替え完了するのでオススメ
  • 回線切り替えが完了すると、今の携帯電話会社が自動解約されて、ワイモバイルが開通=ワイモバイル回線が使えるようになる
  • ワイモバイルスマホの初期設定方法を見て、APN設定などの初期設定を行う
    APN設定直後は、ワイモバイルに繋がりにくいことがある
    機内モードオンオフやスマホを再起動するとすぐ繋がる
  • Y!mobileサービスの初期登録とPayPayアプリの登録はPayPayボーナスを貰うために必要なので必ず設定する
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

今どき発売されているSIMフリーのAndroidスマホは、ソフトバンク回線にしっかり対応しています。

回線切り替え手続きはすぐに終わります。新スマホのセットアップや使える状態にするまでにかかる時間のほうが長いです。

先にワイモバイルのSIMカードを新スマホに入れて、新スマホを使える状態にしてから回線切り替えするといいですよ。

回線切り替えすると旧スマホ/今の携帯電話会社が圏外になり、新スマホ/ワイモバイル回線の電波を掴むようになります。

新旧スマホを2台並べて作業すると回線の切り替わりが分かりやすいです。

※格安SIMのソフトバンク回線プラン(mineo, LINEモバイル, nuroモバイルなどのソフトバンク回線)からワイモバイルに乗り換える人は、「ソフトバンク回線MVNOからのりかえ」を選択してください

キャンペーンエントリーはこちらから

新どこでももらえる特典

新どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

ワイモバイルオンラインストアヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店TOPページに移動します

eSIMのみ契約+eSIM対応スマホを使う(iPhoneやGoogle Pixelなど)

  • ドコモ/ahamo、au/UQモバイル/povo、楽天モバイル、格安SIMからワイモバイルに乗り換える
  • とにかく、ソフトバンクやLINEMO以外からワイモバイルに乗り換える
  • eSIMのみ契約する
  • eSIMに対応しているAndroidスマホやiPhoneを用意する

ときの手順は以下の通り。実はワイモバイルでもeSIMで契約できるんですよ。

手順

  • Yahoo! JAPAN IDを使って新どこでももらえる特典にエントリーする
  • ワイモバイルで動作確認されているeSIM対応スマホを用意する
  • キャリアで購入したスマホを使う場合は、ワイモバイル契約前にSIMロックを解除しておく
  • 今契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を発行する(MNP転入時のみ)
    あらかじめ発行するよりも、ワイモバイルを申し込む当日に発行をオススメ
  • 本人確認書類、クレジットカード、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを用意する
  • ワイモバイルオンラインストア(公式)、またはワイモバイルオンラインストアヤフー店にアクセス
  • 【eSIM】を選んで申し込む
    eSIMはパソコンからは申し込みできません
  • eSIMの契約方法は、「他社からのりかえ」で契約する
    ※格安SIMのソフトバンク回線プランから乗り換えの場合は、「ソフトバンク回線MVNOからのりかえ」を選択すること
  • あとは画面の指示に従ってeSIMの契約を完了させる
  • 申込後、【Y!mobileオンラインストア】eSIMご利用手続きのお知らせ」 メールが送られてくる
  • eSIMを利用するスマホ以外の端末を使い、メールに記載されたURLから利用開始手続きをする
  • eSIMを利用するスマホ以外の端末でQRコードを表示させる
  • eSIMを利用するスマホでQRコードを読み取る
  • モバイル通信プランを追加する。画面の指示に従って操作を進める
  • ワイモバイル側で回線切り替え手続きを行う
  • 回線切り替えが完了すると、今の携帯電話会社が自動解約されて、ワイモバイルが開通=ワイモバイル回線が使えるようになる
  • ワイモバイルスマホの初期設定方法を見て、APN設定などの初期設定を行う
    APN設定直後は、ワイモバイルに繋がりにくいことがある
    機内モードオンオフやスマホを再起動するとすぐ繋がる
  • Y!mobileサービスの初期登録とPayPayアプリの登録はPayPayボーナスを貰うために必要なので必ず設定する
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

eSIMはパソコンからの申し込みはできません。スマホでワイモバイルオンラインストアにアクセスして申し込んでください。

※格安SIMのソフトバンク回線プラン(mineo, LINEモバイル, nuroモバイルなどのソフトバンク回線)からワイモバイルに乗り換える人は、「ソフトバンク回線MVNOからのりかえ」を選択してください

ワイモバイルに乗り換えと同時に、ワイモバイルのAndroidスマホやiPhoneを契約する

  • ドコモ/ahamo、au/UQモバイル/povo、楽天モバイル、格安SIMからワイモバイルに乗り換える
  • とにかく、ソフトバンクやLINEMO以外からワイモバイルに乗り換える
  • 手持ちのスマホがもう古いので、ワイモバイルで新しいスマホに買い替えたい
  • ワイモバイルで販売しているAndroidスマホやiPhoneを契約する

ときの手順は以下の通り。

手順

  • Yahoo! JAPAN IDを使って新どこでももらえる特典にエントリーする
  • 今契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を発行する
    MNP予約番号は有効期限があるので、ワイモバイルを申し込む当日に発行をオススメ
  • 本人確認書類、クレジットカード、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを用意する
  • ワイモバイルオンラインストア(公式)、またはワイモバイルオンラインストアヤフー店にアクセス
    公式は最大2万1600円値引きしてくれるので、本体価格が安くなってオススメです
    ヤフー店はPayPayボーナス還元がありますが、お得さは公式以下ですよ
  • 申し込みたいAndroidスマホやiPhoneを選択する
  • 本体容量や本体カラーを選択する
  • 契約方法は、「他社から乗り換え」を選択する
    ※格安SIMのソフトバンク回線プランから乗り換えの場合は、「ソフトバンク回線MVNOからのりかえ」を選択すること
  • あとは画面の指示に従ってスマホの契約を完了させる
  • 数日後にスマホとSIMカードのセットが手元に届く
    手元に届いたときはバッテリー残量が少ない可能性が高いので、箱から出して充電しておく
  • 古いスマホでアプリなどのデータのバックアップを行う
  • スマホにワイモバイルのSIMカードを挿して、スマホのセットアップ、データ移行を完了させて使える状態にする
  • ワイモバイル側で回線切り替え手続きを行う(WEBまたは電話で可能)
    WEBからだと最大15分で切り替え完了するのでオススメ
  • 回線切り替えが完了すると、今の携帯電話会社が自動解約されて、ワイモバイルが開通=ワイモバイル回線が使えるようになる
  • 回線切り替え完了直後は、スマホがワイモバイル回線になかなか繋がらないことがある
    機内モードオンオフ、スマホを再起動するとそのうち繋がるようになる
  • ワイモバイルスマホの初期設定方法を見て、APN設定などの初期設定を行う
  • Y!mobileサービスの初期登録とPayPayアプリの登録はPayPayボーナスを貰うために必要なので必ず設定する
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

ワイモバイルで販売されているAndroidスマホやiPhoneを契約するときは、2021年9月13日時点ではSIMカードでのみ契約できます。

※格安SIMのソフトバンク回線プラン(mineo, LINEモバイル, nuroモバイルなどのソフトバンク回線)からワイモバイルに乗り換える人は、「ソフトバンク回線MVNOからのりかえ」を選択してください

キャンペーンエントリーはこちらから

新どこでももらえる特典

新どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

ワイモバイルオンラインストアヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店TOPページに移動します

ドコモを解約してワイモバイルを新規契約時の手順やポイントを最初にまとめ(電話番号は使い捨てるタイプの人)

こちらも乗り換えといえば乗り換えですが、MNPを利用しない、同じ携帯電話番号をずっと使わずに使い捨てるタイプの人向けの解説は以下の通り。

SIMカードのみ契約+キャリアで購入したAndroidスマホやiPhoneを使う

  • 今契約している携帯電話会社は解約してワイモバイルを契約する
  • キャリアごとに電話番号を使い捨てして、同じ電話番号は使い続けない人
  • ワイモバイルでSIMカードを新規契約する
  • ドコモ/au/ソフトバンク/UQモバイル/ワイモバイルで購入したAndroidスマホやiPhoneを使う

ときの手順は以下の通り。

手順

  • Yahoo! JAPAN IDを使って新どこでももらえる特典にエントリーする
  • キャリアで購入したAndroidスマホやiPhoneのSIMロックを解除しておく。解約後だとSIMロック解除が面倒になるので注意
  • 今契約している携帯電話会社を解約する
    Web解約を受け付けていない場合は、サブブランド、オンライン専用プラン、契約解除料の無い格安SIMなどに一度逃してから解約すればOK(auがWebでの解約非対応)
  • ワイモバイルオンラインストアにアクセスする
  • SIMカードの契約方法は、「新規契約」で契約する
  • あとは画面の指示に従ってSIMカードの契約を完了させる
  • 数日後にワイモバイルのSIMカードが手元に届く
  • ワイモバイルのSIMカードをスマホに入れる
  • ワイモバイルスマホの初期設定方法を見て、APN設定などの初期設定を行う
    スマホによってはSIMカードを入れるだけでワイモバイルが使えるようになるものもある
  • Y!mobileサービスの初期登録とPayPayアプリの登録はPayPayボーナスを貰うために必要なので必ず設定する
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

SIMカードのみ契約+ワイモバイルで動作確認されているSIMフリースマホを使う

  • 今契約している携帯電話会社は解約してワイモバイルを契約する
  • キャリアごとに電話番号を使い捨てして、同じ電話番号は使い続けない人
  • ワイモバイルでSIMカードを新規契約する
  • ワイモバイルで動作確認されているSIMフリー版AndroidスマホやiPhoneを使う

ときの手順は以下の通り。

手順

  • Yahoo! JAPAN IDを使って新どこでももらえる特典にエントリーする
  • 今契約している携帯電話会社を解約する
    Web解約を受け付けていない場合は、サブブランド、オンライン専用プラン、契約解除料の無い格安SIMなどに一度逃してから解約すればOK(auがWebでの解約非対応)
  • 本人確認書類、クレジットカード、メールアドレスなどの契約に必要なものを用意する
  • ワイモバイルオンラインストアにアクセスする
  • SIMカードの契約方法は、「新規契約」で契約する
  • あとは画面の指示に従ってSIMカードの契約を完了させる
  • 数日後にワイモバイルのSIMカードが手元に届く
  • 新スマホにワイモバイルのSIMカードを入れて、新スマホのセットアップ、旧スマホから新スマホにデータ移行を完了させる
  • ワイモバイルスマホの初期設定方法を見て、APN設定などの初期設定を行う
    スマホによってはSIMカードを入れるだけでワイモバイルが使えるようになるものもある
  • Y!mobileサービスの初期登録とPayPayアプリの登録はPayPayボーナスを貰うために必要なので必ず設定する
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

eSIMのみ新規契約+eSIM対応スマホを使う(iPhoneやGoogle Pixelなど)

  • 今契約している携帯電話会社は解約してワイモバイルを契約する
  • キャリアごとに電話番号を使い捨てして、同じ電話番号は使い続けない人
  • ワイモバイルでeSIMを新規契約する
  • ワイモバイルで動作確認されているeSIM対応のAndroidスマホやiPhoneを使う

ときの手順は以下の通り。

手順

  • Yahoo! JAPAN IDを使って新どこでももらえる特典にエントリーする
  • キャリアで購入したeSIM対応スマホを使う場合は、SIMロックを解除しておく。解約後だとSIMロック解除が面倒になるので注意
  • 今契約している携帯電話会社を解約する
    Web解約を受け付けていない場合は、サブブランド、オンライン専用プラン、契約解除料の無い格安SIMなどに一度逃してから解約すればOK(auがWebでの解約非対応)
  • 本人確認書類、クレジットカード、メールアドレスなどの契約に必要なものを用意する
  • スマホからワイモバイルオンラインストアにアクセスして、「eSIM」を選ぶ
  • eSIMの契約方法は、「新規契約」を選択する
  • あとは画面の指示に従ってeSIMの契約を完了させる
  • 申込後、【Y!mobileオンラインストア】eSIMご利用手続きのお知らせ」 メールが送られてくる
  • eSIMを利用するスマホ以外の端末を使い、メールに記載されたURLから利用開始手続きをする
  • eSIMを利用するスマホ以外の端末でQRコードを表示させる
  • eSIMを利用するiPhoneでQRコードを読み取る
  • iPhoneでモバイル通信プランを追加する。画面の指示に従って操作を進める
  • ワイモバイルスマホの初期設定方法を見て、APN設定などの初期設定を行う
  • Y!mobileサービスの初期登録とPayPayアプリの登録はPayPayボーナスを貰うために必要なので必ず設定する
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

ワイモバイルで販売中のAndroidスマホやiPhoneを【SIMカード】で契約する

  • 今契約している携帯電話会社は解約してワイモバイルを契約する
  • キャリアごとに電話番号を使い捨てして、同じ電話番号は使い続けない人
  • ワイモバイルでSIMカードとスマホのセットを契約する

ときの手順は以下の通り。

手順

ワイモバイルで販売されているAndroidスマホやiPhoneを契約するときは、2021年10月1日時点ではSIMカードでのみ契約できます。

キャンペーンエントリーはこちらから

新どこでももらえる特典

新どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

ワイモバイルオンラインストアヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店TOPページに移動します

ワイモバイルヤフー店でSIMのみ契約でPayPayボーナス最大7000円相当還元!他社から乗り換え+プランSでも3000円相当還元!

ワイモバイルオンラインストアヤフー店で実施されている独自キャンペーンの「SIMご契約特典」と「スマホご契約特典は、2021年9月30日までは「5のつく日・日曜日」に申し込むことが適用条件でした。

2021年10月1日からは、「5のつく日・日曜日」が無くなり、毎日24時間いつ申し込んでもSIMご契約特典とスマホご契約特典が適用されるようになりました!

さらに、2021年10月1日からはSIMカードやeSIMを他社から乗り換え+シンプルSで契約するときにPayPayボーナス3000円相当貰えるようになりましたよ!

新どこでももらえる特典が併用できると合計最大1万円相当還元

「新どこでももらえる特典」に事前エントリーしてからSIMカードやeSIMを契約すると、シンプルSならPayPayボーナス500円相当、シンプルM/LはPayPayボーナス3000円相当還元されます。

ワイモバイルオンラインストア(公式)で契約するときでも新どこでももらえる特典は併用可能なので、2つのキャンペーンを併用するとSIMカードやeSIMを契約すると合計最大1万円相当のPayPayボーナスが還元されます。

ワイモバイルヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店に移動します

キャンペーンエントリーはこちらから

新どこでももらえる特典

新どこでももらえる特典エントリーページに移動します

 

ワイモバイル申込時のポイント

「新どこでももらえる特典」にエントリーするとPayPayボーナス最大3000円相当貰えるので絶対にエントリー

ワイモバイルオンラインストア(公式)やワイモバイルオンラインストアヤフー店でSIMカード/eSIM/スマホを契約する前に、新どこでももらえる特典にエントリーしてください。

新どこでももらえる特典にエントリーしてから契約すると、PayPayボーナス最大3000円相当還元されます。

新どこでももらえる特典のエントリーにはYahoo! JAPAN IDが必要です。ワイモバイルオンラインストアヤフー店で申し込むときは、Yahoo! JAPAN IDが必要になります。

Yahoo! JAPAN IDを持っていない人は取得してください。なお、当月に取得したYahoo! JAPAN IDでは新どこでももらえる特典にエントリーできません。

2021年9月にYahoo! JAPAN IDを取得した場合は、2021年10月から新どこでももらえる特典にエントリーできます。

キャンペーンエントリーはこちらから

新どこでももらえる特典

新どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ドコモからワイモバイルに乗り換えるときは、「他社からのりかえ」で申し込む

ワイモバイル契約に必要な本人確認書類、MNP予約番号、クレジットカード/口座振替などの必要なものを用意してワイモバイルのSIMやスマホをMNPで申し込みましょう。

ワイモバイルをオンラインで申し込むときには、MNP予約番号のMNP有効期限が10日以上残っている必要があります。

SIMサイズを選択(物理SIMカードの場合)

ワイモバイルでも使いたいスマホのSIMサイズを確認してください。

たとえばiPhoneはnanoSIMですが、間違えてmicroSIMで申し込んでしまった場合は、SIMカード交換手続きが必要になります。

契約方法について

ドコモからワイモバイルに乗り換えるときは、SIMカードを契約するときもeSIMを契約するときも、契約方法は「他社からのりかえ」を選択してください。

ワイモバイルへの切り替えで月をまたぐと料金が余計にかかる

ドコモが解約されるのは、MNP予約番号を発行した日ではなく、ワイモバイルとの契約が成立した日=ワイモバイルで回線切替した日となります。

ワイモバイルの回線切替手続きが月をまたいだ場合には、解約となった月の月額料金が発生するので注意してください。

たとえば4月30日に回線切替しようとしたのに忘れていて、5月1日に回線切替した場合は、5月1日付けでドコモを解約したことになるので、ドコモの5月分の月額料金が発生します。

 

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

ワイモバイルオンラインストアヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店TOPページに移動します

ワイモバイルに乗り換える前にドコモでやること

ドコモでスマホのSIMロック解除手続きをする

ドコモで購入したAndroidスマホやiPhoneをワイモバイルで使う際は、ワイモバイルを契約する前にドコモ側でスマホのSIMロック解除手続きが絶対に必要です。

物理SIMカード(nanoSIM, microSIM)で契約するときも、eSIMで契約するときも、SIMロック解除が必要です。

ドコモで購入したスマホは、購入した時期や支払い方法によってはSIMロック解除手続きがされている状態で渡されたり、SIMロック自体無かったりしますが、絶対にSIMロック解除しているか確認してください。

2021年10月1日以降発売端末はSIMロック無し

ドコモ/au/ソフトバンク/UQモバイル/ワイモバイルなどのキャリアから販売されるAndroidスマホやiPhoneは、2021年10月1日以降に販売されるものはSIMロックなしのSIMフリー状態で販売されています。

iPhone 13シリーズは2021年9月24日に発売されましたが、全キャリアでSIMフリー状態で販売されています。

SIMロック解除手続きの流れをもっと正しくいうとこう

  1. my docomoなどでスマホのSIMロックの解除手続きをする
  2. AndroidスマホのみSIMロック解除コードが発行される
  3. スマホにワイモバイルのSIMカードを挿す
  4. iPhoneならアクティベーション、AndroidスマホならSIMロック解除コードを入力する
  5. SIMロック解除完了

ドコモで購入したスマホにワイモバイルのSIMカードを挿すことにより、SIMロック解除が正式に完了します。

ワイモバイルの開通も完了している、APN設定をしているのにワイモバイル回線が使えないというときは、大抵SIMロック解除手続きをすっ飛ばしています。

SIMロック解除の窓口は2つ

ドコモのスマホのSIMロック解除は、My docomoかドコモショップ実店舗で受け付けています。

My docomoで自分でSIMロックを解除すれば無料です。ドコモショップ実店舗だと手数料3000円と待ち時間が発生します。

SIMロックを解除する前に、スマホのIMEI番号をメモしておきましょう。

ドコモでMNP予約番号を取得する

ドコモからワイモバイルに乗り換えるときは、ドコモでMNP予約番号を発行する必要があります。

ドコモでMNP予約番号を発行する方法は大きく分けて、①携帯電話や一般電話からドコモに電話、②My docomoで発行、の2つあります。

この中でオススメするのは、My docomoでMNP予約番号を取得することです。

24時間対応ですし、人と話す必要がないですし、電話と違ってすぐに手続きができます。時間のロスがありません。面倒な引き止めとかアンケートも無いです。

どうしてもやりかたが分からないという人はauに電話してMNP予約番号を発行してもらいましょう。

MNP予約番号の受付窓口

申込方法MNP予約受付窓口受付時間
携帯電話151に電話9時~21時
一般電話0120-800-000に電話9時~21時
My docomoトップ→契約内容・手続き
→ドコモオンライン手続き
24時間対応

【ポイント】MNP予約番号は10日以上残っていないとダメ

ワイモバイルをオンラインで申し込むときには、MNP予約番号のMNP有効期限が10日以上残っている必要があります。

MNP予約番号を発行したらすぐにワイモバイルに申し込むようにしましょう。

有効期限が9日以内の場合は再度MNP予約番号を取り直してください。MNP予約番号は何回発行しても無料です。

MNP予約番号を発行しただけでドコモが解約されることは無い

ドコモでMNP予約番号を発行した=その時点でドコモが解約されるということは絶対にありません。

ドコモが解約されるのは、ワイモバイルに回線切替が完了したときです。

キャリアメールアドレスを使って登録しているWebサービスのメールアドレスを変更する(Apple IDなど)

もしもドコモのキャリアメールアドレスを使って登録しているWebサービスが有るなら、ドコモ契約中にYahoo!メールやGmailなどのフリーメールアドレスに変更してください。

ドコモからワイモバイルに乗り換えると、ドコモで提供されている「@docomo.ne.jp」といったキャリアメールアドレスは利用できなくなります。メールの送受信もできなくなります。

たとえば代表的なのはApple IDですね。iCloudにログインできなくなるなどの可能性があります。

ドコモ契約中にメールアドレスを変更しておいたほうがいいです。

ワイモバイルに乗り換えた後だと、サポートセンターにメールを投げたり、問い合わせたりしないといけなくなって、メールアドレスの変更まで異常に時間がかかる可能性が高いですよ。

Webサービスの中には、利用できなくなったメールアドレスを登録している状態だと、自分でメールアドレスの変更ができなくなるものがあります。

dポイントは、乗り換え前にdアカウントを発行すればずっと使えます

ドコモからワイモバイルに乗り換えるとdポイントが失効するとかいう間違った情報を吹聴しているWebサイトがありますが、それは間違いです。

ドコモ解約前にdアカウントを発行すればいいだけです。

dポイントおよび、dポイント(期間・用途限定)については、ドコモ回線解約前にその回線に対するdアカウントを発行していれば、引き続きご利用になれます(dアカウントにて本サイトにログインされますと、履歴確認なども引き続きご利用になれます)。
また、ドコモ回線解約前に利用者情報登録していたdポイントカードも引き続きご利用になれます。

ただし、ドコモ回線解約前にdアカウントを発行していない場合、ポイントは失効し、利用者情報登録していたdポイントカードもご利用になれなくなりますので、必ず解約前にはdアカウントを発行されますよう、お願いいたします。

また、ポイント共有グループをご利用になっている場合、dアカウントをお持ちであれば、解約後もポイント共有グループとして引き続きご利用になれます。ただし解約される回線が代表回線であった場合、解約前に代表変更のお手続きが必要となります。

さらに、dポイントを送る機能により、他のdポイントクラブ会員に送ることもできます。詳しくは、dポイントを送る機能とはでご確認ください。

ワイモバイルのメリットまとめ

  • 月3GBで月額2178円で済む。本当に月20GBも使いますか?
  • ソフトバンクのサブブランドなので高品質な回線が利用できる
  • 2021年8月18日からデータくりこしが可能に
  • データ増量オプションは自動で容量追加
  • 家族割引サービスがある
  • 固定回線セット割がある
  • ワイモバイルでもキャリアメールアドレスが無料で使える
  • LINEのID検索や年齢認証が可能に
  • 店舗でのサポートが受けられる
  • eSIMで契約できる
  • 追加料金無しでYahoo!プレミアム会員になれる

月3GBで月額2178円で済む。本当に月20GBも使いますか?

ワイモバイルは月間データ容量3GBのシンプルSであれば月額2178円で利用できます。

後述する家族割引サービスやおうち割光セットが利用できると、シンプルSなら月額990円から利用できます。

LINEMOは月間データ容量20GBで月額2728円ですが、本当に毎月20GB使いますか?過去に突然大量にデータ通信したくなったことがありましたか?毎月のデータ使用量はチェックしていますか?

総務省の公開している電気通信事業分野における市場調査(令和元年度) 年次レポートによると、1ヶ月当たりのデータ通信の使用量に関する質問の回答状況 24をみると、20GB 以上利用している者の割合は、MNO 利用者において最も多い(7.5%)一方、1GB 未満と回答した者の割合も、MNO 利用者において最も多い(34.3%)だそうです。

3GB未満まで含めると全体の60%を占めています。3GBまで使っていない人がLINEMOに乗り換えても突然20GB使うことはまず無いと思います。

それならワイモバイルのシンプルSで月3GB/月額2178円でいいのではないでしょうか。

ソフトバンクのサブブランドなので高品質な回線が利用できる

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドです。

ワイモバイルのデータ通信はソフトバンクのネットワークを利用しているため、ソフトバンクとほぼ同等品質で通信できます。

データくりこしが可能に

ワイモバイルは2021年8月18日から余ったデータ容量の翌月繰越ができるようになっています。

たとえば月間データ容量が15GBで今月使ったのが10GBだった場合は、残り5GBが翌月に繰り越されて、翌月は合計20GB使えます。

データ増量オプションは自動で容量追加

データ増量オプションに加入すると、月間データ容量が増量します。

 シンプルSシンプルMシンプルL
通常のデータ通信量
(規定容量)
3GB15GB25GB
データ増量オプション増量分+2GB+5GB+5GB
合計5GB20GB30GB

家族割引サービスがある

ワイモバイルのシンプルS/M/Lを複数回線契約すると、2台目以降は毎月1188円割引になる「家族割引サービス」が適用されます。

割引が適用されることにより、シンプルSだと月額990円から利用可能です。

なお、家族割引サービスと固定回線セット割の併用はできません。

固定回線セット割がある

SoftBank AirやSoftBank光を契約している人がワイモバイルのシンプルS/M/Lを契約すると、毎月1188円割引になる「おうち割 光セット(A)」が適用されます。

割引が適用されることにより、シンプルSだと月額990円から利用可能です。

ワイモバイルでもキャリアメールアドレスが無料で使える

ワイモバイルでは、「@ymobile.ne.jp」というキャリアメールアドレスを無料で提供しています。

ワイモバイルならNTTドコモ、au、ソフトバンクなどキャリア(MNO)と同じように、申し込み不要、月額無料でキャリアメールが使えます。

LINEのID検索や年齢認証が可能に

UQモバイルではLINEのID検索や年齢認証が不可能でしたが、ワイモバイルではLINEのID検索や年齢認証が可能です。

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドなので、「My Softbank」を利用して「年齢確認」ができ、LINEのID検索が利用できます。

店舗でのサポートが受けられる

  • 「どの機種が良いか教えて欲しい」
  • 「どの料金プランが自分に合っているかがわからない」

といったスマホを購入する時のお悩みだけでなく、

  • 「使い方が分からない」
  • 「故障してしまったかもしれない」

といった購入後のお悩みにも対面でしっかりとサポートするショップが全国に約1000店舗あります。

さらにワイモバイルショップでは便利な来店予約ができるので、待ち時間なく利用することができます。

eSIMで契約できる

ワイモバイルではSIMカードに加えてeSIMでも契約できます。

eSIM(イーシム)は、スマートフォンの機種内にあらかじめ埋め込まれた本体一体型のSIMです。

eSIM対応スマートフォンであればSIMのように機種にSIMカードを差し替えることなく、契約と設定のみで回線を利用できるようになります。

追加料金無しでYahoo!プレミアム会員になれる

ワイモバイルを契約すると、ヤフーの各種サービスがおトクに利用できる会員向けサービス「Yahoo!プレミアム」がなんと追加料金なしで利用できます。

ヤフー関連サービスでのお買い物時に特典がいっぱいもらえたり、あんしん補償が付いたりするほか、雑誌の読み放題サービスも付いてきます。

通常、有料会員向けのサービスですが、ワイモバイルをお使いの場合は追加料金なしで利用できます。(Y!mobileサービスの初期登録が必要)

 

ドコモからワイモバイルに乗り換えるときの注意点やポイント

注意点

  • ドコモの契約解除料や解約金留保は2021年10月1日から廃止!いつでも乗り換えOK!
  • 乗り換え当月の月額料金の支払い、端末代金の残りの支払いは必要です!
  • ワイモバイルはソフトバンク回線なので、ソフトバンク回線不毛地帯は注意が必要
  • ドコモのAndroidスマホはソフトバンク回線との相性が悪い
  • 月間データ容量が少なくなる
  • ドコモのキャリアメールアドレスが使えなくなる
  • 回線セット割や家族割などが利用できなくなる

ドコモの契約解除料や解約金留保は2021年10月1日から廃止!いつでも乗り換えOK!

ドコモの解約金や解約金留保は2021年10月1日で廃止されたので、いつワイモバイルに乗り換えても契約解除料は無いです。

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、定期契約の料金プラン解約時に設定している「解約金」について、2021年10月1日(金曜)から廃止12します。また、料金プラン変更前の定期契約プランの契約満了月まで、解約金が留保される「解約金留保」の制度についても2021年10月1日(金曜)から廃止1します。
今回の変更に伴い、現在提供している2年定期契約プランについては、2021年9月30日(木曜)に新規受付を終了します。

ドコモ側で発生する費用について

  • 乗り換え当月のドコモの利用料金の支払い
  • SIMロック解除手数料(Webでやれば無料、店舗だと3300円)
  • 端末代金の分割払いの支払い(まだ終わっていない人)

解約当月の利用料金

ドコモからワイモバイルに乗り換えた当月のドコモの利用料金も請求されます。

料金プランの月額料金、インターネット接続サービス料、オプションサービスの月利用料金、通話料・データ通信量、ユニバーサルサービス料、コンテンツの購入代金などが請求されます。

SIMロック解除手数料

WebでSIMロックを解除すれば無料なんですが、ドコモショップ実店舗でやると3300円かかります。

どうしてもどうしてもやり方が分からないときはドコモショップ実店舗に行きましょう。

ドコモで買ったスマホの代金の残りの支払いは必要!

ドコモからワイモバイルに乗り換えても、ドコモで買ったスマホの代金の残りの支払いは続きます。分割払いの残額を一括で支払うことも可能です。

たとえば、ドコモで24回払いでiPhone 12を契約していて、18回目まで支払っているときにワイモバイルに乗り換えた場合は、残り6回の支払いがワイモバイルに乗り換えても継続します。

ドコモからワイモバイルに乗り換えたからといって、ドコモで購入したスマホの代金の残りの支払いがチャラになることは絶対にありません。

ワイモバイルはソフトバンク回線なので、ソフトバンク回線不毛地帯は注意が必要

LINEMOはソフトバンク回線を使用しています。

そのため、ドコモ回線では問題なくつながったけどソフトバンク回線だと部屋の中や奥まった場所に行くと電波が悪くなるとか、人里離れた場所、山間部や川だと電波が悪くなる、といった問題が発生する可能性があります。

まあ人が住んでいないエリアについては、だいたいドコモもauもソフトバンクも電波状況が悪いと思います。

箱根登山鉄道とか山の中を走りますけど、何にもないところだとドコモでも全くデータ通信できない状態になってましたよ。ドコモがダメならauもソフトバンクもダメでしょう。

ドコモのAndroidスマホはソフトバンク回線との相性が悪い

ドコモから販売されているAndroidスマホは、ドコモでの使用を前提としているため、au回線やソフトバンク回線に対応していない物が多いです。

これはauやソフトバンクでも同様で、auやソフトバンクから販売されているAndroidスマホは、ドコモ回線に対応していないものが多いです。

GalaxyやXperiaは確実に対応していません。AQUOSであれば2019年以降にドコモから発売されたモデルはソフトバンク回線に対応しているものが多いです。

後述していますが、ドコモで購入したAndroidスマホがLTE Band 1/3/8に対応していることを確認してください。

ドコモのキャリアメールアドレスが使えなくなる

ドコモからワイモバイルに乗り換えると、ドコモのキャリアメールアドレス(@docomo.ne.jp)が使えなくなります。

キャリアメールアドレスを使ってWebサービスを登録している人は、ワイモバイルに乗り換える前にGmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスに全部変えるようにしましょう。

Apple IDにドコモのキャリアメールアドレスを使っている場合も変更しておきましょう。

回線セット割や家族割などが利用できなくなる

ドコモから楽天モバイルに乗り換えると、ドコモ光とのセット割引や各種家族割引サービスが利用できなくなります。

各種家族割引サービスは、加入している回線数が減るので割引額が減額されたり消滅する可能性もあります。1人で使っているなら何も問題ないです。

ワイモバイルの月間データ容量は最大月25GB(オプション加入で最大月30GB)

2021年10月1日現在、ワイモバイルで月間データ容量が一番大きいプランはシンプルLの月25GBです。データ増量オプションに加入すると5GB増えて合計月30GBになります。

ドコモで大容量プラン・無制限プランを使っていた人は要注意です。ギガライトとか使っている人は大丈夫でしょう。

スマホを返却すると端末代金の支払いが軽減するような仕組みはない

ワイモバイルでは、ドコモで提供されていたスマホおかえしプログラムやいつでもカエドキプログラムのような、分割払いの途中でスマホを返却すると端末代金の支払いが不要になる、といった仕組みは提供されていません。

キャンペーンエントリーはこちらから

ワイモバイル 新どこでももらえる特典

ワイモバイル どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

ワイモバイルオンラインストアヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店TOPページに移動します

ドコモで購入したスマホをワイモバイルでも使い続けるときの注意点やポイント

ちょっと難しいことを言うと、「LTE Band 1/3/8」に対応しているスマホが必要

ワイモバイル(ソフトバンク)は、LTE Band 1, 3, 8, 11, 28, 42を使って通信サービスを提供しています。

ワイモバイルで販売しているAndroidスマホやiPhoneが対応しているLTE Bandは、SIMロック解除が可能な機種の周波数帯一覧で確認できますが、LTE Band 1/3/8には絶対に対応しています。LTE Band 11/28/42は重要視されていないので大丈夫です。

LTE Band 1/3/8の中でも特に重要なのがLTE Band 8です。LTE Band 8はワイモバイル(ソフトバンク)のプラチナバンドに相当します。

プラチナバンドの特徴としては、①より遠くまで電波が届く、②室内にも電波が入りやすい、③ビルの影などでも電波が届きやすくなる、といった特徴があります。

LTE Band 8に対応していないということは、あなたの活動エリア次第ではワイモバイルが繋がりにくかったり圏外になる可能性があります。

「LTE Band 8に対応していないスマホですが、ワイモバイルが問題なく使えています」という人を価格コムの掲示板などでたまに見ますが、私は全くオススメしません。

他の格安SIMだとLTE Band 8非対応=ソフトバンク回線非対応の判断をされている

ワイモバイルではなく他社の話になりますが、ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線を使用してサービスを提供している「mineo」で販売しているSIMフリースマートフォン「arrows M05」は、ドコモプラン・auプランに対応していますがソフトバンクプランに対応していません。

なぜかというと、arrows M05はLTE Band 8に対応していないからです。

LTE Band 8が使えないだけで「ソフトバンク回線に対応していない」判定されるということは、ソフトバンク回線においてLTE Band 8がかなり重要であるということです。

ドコモで購入したAndroidスマホがワイモバイルで使えるか確認する方法

ドコモのSIMロック解除対応機種および対応周波数帯にアクセスして、自分のAndroidスマホがLTE Band 1/3/8に対応しているかどうかを確認してください。

ドコモから販売されているAndroidスマホは、LTE Band 1, 3は確実に対応していますが、ワイモバイル(ソフトバンク)のプラチナバンドであるLTE Band 8に対応していないものがかなり多いことが分かります。

AQUOSであれば2019年頃以降似発売された製品であればLTE Band 8に対応している可能性が高いですが、Xperia, Galaxy, arrowsなどはLTE Band 8に確実に対応していません。

iPhone 6s以降であればワイモバイルが問題なく使える

ドコモから販売されたiPhoneは、SIMロック解除に対応したiPhone 6s以降であれば、ドコモでSIMロックを解除すればワイモバイル回線が利用できるようになります。絶対に使えるので安心してください。

ドコモ/au/ソフトバンクで販売されているiPhoneは、SIMロックを解除していないときは購入したキャリアでしか使えません。ドコモで購入したiPhoneならドコモ回線しか対応していません。

SIMロックを解除すると、ドコモ/au/ソフトバンク/楽天モバイル回線にフル対応します。iPhoneは無敵です。

各キャリアから販売されるiPhoneは、iPhone 13シリーズ以降はSIMロックのかかっていないSIMフリーの状態で販売されます。

ワイモバイルが動作確認しているドコモのiPhoneは以下の通り。

  • ドコモ版iPhone 6s, iPhone 6s Plus
  • ドコモ版iPhone SE(第1世代)
  • ドコモ版iPhone 7, iPHone 7 Plus
  • ドコモ版iPhone 8, iPhone 8 Plus
  • ドコモ版iPhone X
  • ドコモ版iPhone XS, iPhone XS Max
  • ドコモ版iPhone XR
  • ドコモ版iPhone 11, iPhone 11 Pro, iPhone 11 Pro Max
  • ドコモ版iPhone SE(第2世代)
  • ドコモ版iPhone 12, iPhone 12 mini, iPhone 12 Pro, iPhone 12 Pro Max
  • ドコモ版iPhone 13, iPhone 13 mini, iPhone 13 Pro, iPhone 13 Pro Max

同時にスマホのSIMサイズを確認しておく。大抵の人のスマホは「nanoSIM」のはず

スマホのSIMサイズは、動作確認済機種一覧ページの「SIMサイズ」の項目に記載されています。

なお、ワイモバイルで動作確認されているスマホのSIMサイズはほぼ全て「nanoSIM」です。

iPhoneはiPhone 5シリーズからずっとnanoSIMサイズを採用しています。

ワイモバイルで動作確認されているAndroidスマホも、ほぼ全てがnanoSIMサイズを採用しています。

eSIMで契約するなら、eSIMに対応しているスマホかどうか確認を

ワイモバイルのeSIMをスマホにインストールして利用する場合は、eSIM対応製品が必要です。

eSIMに対応しているスマホはかなり少ないので注意してください。iPhoneでいうとiPhone XS/XS Max/XR以降が対応しています。

詳細は以下のページをご覧ください。

キャンペーンエントリーはこちらから

ワイモバイル 新どこでももらえる特典

ワイモバイル どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

ワイモバイルオンラインストアヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店TOPページに移動します

ワイモバイル公式やヤフー店でお得なキャンペーン実施中!

ワイモバイルオンラインストア(公式)やワイモバイルオンラインストアヤフー店では、SIMを契約する人はPayPayボーナスが貰えるキャンペーン、スマホを契約する人は機種代金値引きやPayPayボーナスが貰えるキャンペーンを実施しています。

キャンペーンの最新情報はワイモバイルキャンペーンまとめ記事を御覧ください。

キャンペーンエントリーはこちらから

新どこでももらえる特典

新どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイルヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店に移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します


ワイモバイル公式でスマホ契約すると最大2万1600円値引き!SIMのみ契約も特典あり!
  • この記事を書いた人

ymobileinfo

-ワイモバイルに乗り換え