【最新】ワイモバイルで利用できるGalaxyまとめ

【最新】ワイモバイルで利用できるGalaxyまとめ。SIMカードのみ契約して、手持ちのGalaxyで使う方法を解説します。

ワイモバイルヤフー店でSIMのみ契約で合計最大26,000円相当お得!

ワイモバイルのSIM 合計最大26,000円相当おトク!

ワイモバイルオンラインストアヤフー店でSIMカード単体/eSIM単体を契約するときは、①「新どこでももらえる特典」、②「SIMご契約特典」、③「SIM PayPayポイント20%上乗せ特典」が利用できて、最大26,000円相当お得になります。

ワイモバイル(ヤフー店サイト)はこちらから

ボタンを押すとワイモバイルオンラインストアヤフー店に移動します

目次

【最初にまとめ】キャリア版/SIMフリー版Galaxyはワイモバイルでも使える?

ドコモ版/au版/楽天モバイル版Galaxyは、Galaxy S23シリーズ以降、Galaxy Z Fold 4/Flip 4以降の機種がソフトバンク回線に対応するようになりました。

UQモバイル版とSIMフリー版は動作確認なし、ソフトバンクはGalaxy S6 edge以降機種の販売がありません。

ソフトバンク回線に
対応?非対応?
2021年までにドコモから
販売されたGalaxy
絶対に非対応
2022年にドコモから
販売されたGalaxy
一部製品から対応
2021年までにauから
販売されたGalaxy
絶対に非対応
2022年にauから
販売されたGalaxy
一部製品から対応
ソフトバンクから
販売されたGalaxy
対応
楽天モバイルから
販売されたGalaxy
対応
SIMフリー版Galaxy対応

ワイモバイルでGalaxyを使うための基礎知識

Galaxyがソフトバンク回線(特にLTE Band 1, 3, 8に対応している必要がある

ワイモバイル(ソフトバンク)は、

  • LTE Band 1
  • LTE Band 3
  • LTE Band 8
  • LTE Band 11
  • LTE Band 28
  • LTE Band 42

を使って通信サービスを提供しています。

そのなかで重要なのはLTE Bandは、LTE Band 1, 3, 8で、割とどうでもいいのはLTE Band 11, 28, 42です。

たとえばワイモバイルから2019年に発売されたGalaxy 8はLTE Band 1. 3. 8に対応、LTE Band 11, 28, 42は非対応でした。

もしもLTE Band 11. 28, 42に対応していない=ワイモバイルが圏外になりやすい・繋がりにくい、であるなら絶対に対応させてくるはずです。

対応していないということは、別に対応していなくてもワイモバイルの利用で問題が発生することがないということです。

特に重要なのはソフトバンクのプラチナバンドであるLTE Band 8

特に重要なのはLTE Band 8です。LTE Band 8はソフトバンク(ワイモバイル)のプラチナバンドに相当します。

プラチナバンドの特徴としては、①より遠くまで電波が届く、②室内にも電波が入りやすい、③ビルの影などでも電波が届きやすくなる、といった特徴があります。

LTE Band 8に対応していない場合、あなたの活動エリア次第ではワイモバイルが繋がりにくかったり圏外になる可能性があります。

他の格安SIMだとLTE Band 8非対応=ソフトバンク回線非対応の判断をされている

他社の話になりますが、ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線を使用してサービスを提供している「mineo」で販売している「arrows M05」は、ドコモプラン・auプランに対応していますがソフトバンクプランに対応していません。

なぜかというと、arrows M05はLTE Band 8に対応していないからです。

LTE Band 8が使えないだけで「ソフトバンク回線に対応していない」判定されるということは、それだけLTE Band 8が重要であるということです。

LTE Band 1/3だけでも意外と使えるかもしれないが、完全に自己責任

LTE Band 1/3だけ対応していても意外と使えるかもしれませんが、その場合は完全に自己責任となります。

LTE Band 8に対応していない場合、場所によっては電波が繋がりにくかったり圏外になる可能性があります。

ドコモ/au/ソフトバンクなどのスマホがLTE Band 1/3/8に対応しているかどうかをチェックする方法

ドコモ、au、ソフトバンクは、自社で販売しているスマホがどのLTE Band(周波数帯・電波)に対応しているかどうかの表を公開しています。

自分がワイモバイルでも使いたいスマホがLTE Band 1/3/8に対応しているかどうかを確認してみましょう。

ドコモ

SIMロック解除対応機種および対応周波数帯を見て、使いたいスマホがLTE Band 1/3/8に対応していることを確認してください。

au

SIMロック解除が可能なau携帯電話などの実装周波数帯一覧を見て、使いたいスマホがLTE Band 1/3/8に対応していることを確認してください。

ソフトバンク

SIMロック解除が可能なスマホであれば、ソフトバンクでSIMロックを解除すればワイモバイルでも利用できます。

不安な人はSIMロック解除が可能な機種の周波数帯一覧を見て、使いたいスマホがLTE Band 1/3/8に対応していることを確認してください。

楽天モバイル

楽天モバイルで購入したGalaxyのスペック表の対応周波数帯を見て、使いたいスマホがLTE Band 1/3/8に対応していることを確認してください。

ドコモ/au/ソフトバンクのGalaxyをワイモバイルで使用するときはSIMロック解除が必要?

2021年9月30日頃までに販売された機種はSIMロックあり

SIMロックあり状態で
販売されていた時期
ドコモ2021年8月26日まで
au2021年9月30日まで
UQモバイル2021年9月30日まで
ソフトバンク2021年5月11日まで
ワイモバイル2021年5月11日まで
楽天モバイル最初からSIMロックなし
SIMフリー状態で販売

上記の時期までにドコモ/au/UQモバイル/ソフトバンクから販売されたGalaxyに、ワイモバイルのSIMカードを入れて利用する場合は、GalaxyのSIMロック解除が必須です。

SIMロックあり状態で販売されていた時期でも、

  • 端末代金を一括払いで支払っていた場合
  • 端末代金を分割払い+クレジットカード払いにしていた場合

は、SIMロック解除手続きが実施された状態で製品の引き渡しされていることがありますが、絶対にワイモバイル契約前にSIMロック解除手続きを実施してください。

楽天モバイルは最初からSIMロックなしのSIMフリー状態で販売されています。

2021年10月1日以降に販売される製品は、最初からSIMロックなしのSIMフリー状態

SIMフリー状態で
販売開始した時期
ドコモ2021年8月27日から
au2021年10月1日から
UQモバイル2021年10月1日から
ソフトバンク2021年5月12日から
ワイモバイル2021年5月12日から
楽天モバイル最初からSIMロックなし
SIMフリー状態で販売

上記の時期から、ドコモ、au/UQモバイル、ソフトバンク/ワイモバイルから販売される製品は、

  • 最初からSIMロックなしのSIMフリー状態で販売されている
  • 製品購入時に、SIMロック解除手続きが実施された状態で製品が引き渡しされている

ため、SIMロック解除手続きは不要です。

これはなぜかというと、総務省が「2021年10月1日以降に販売するスマホは、SIMロックあり状態で販売することを原則として禁止する」とキャリアに命令して、キャリアがそれに従ったからです。

SIMロック解除はWebからやれば無料

SIMロック解除は、My docomo, My au, My SoftBankで自分でやれば無料です。

実店舗に行ってSIMロック解除をお願いすると3000円かかります。

自分でやれば無料ですぐ終わるものを、ドコモショップで店員にやってもらうと3000円かかります。

新どこでももらえる特典エントリーはこちらから!

ボタンを押すと新どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイル(公式サイト)はこちらから!

ボタンを押すとワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

ワイモバイル(ヤフー店サイト)はこちらから

ボタンを押すとワイモバイルオンラインストアヤフー店に移動します

ワイモバイルで動作確認されているキャリア版Galaxy

ドコモ版Galaxy

ソフトバンク回線対応のGalaxy

以下のドコモ版Galaxyは、ソフトバンク回線に対応しています。

2023年5月6日時点では青文字の機種のみ動作確認されています。Galaxy S23シリーズは近日中に動作確認されるでしょう。

  • Galaxy Z Fold 4
  • Galaxy Z Flip 4
  • Galaxy S23
  • Galaxy S23 Ultra

動作確認されているが、ソフトバンク回線に対応していないGalaxy

以下のドコモ版Galaxyは、動作確認されているもののソフトバンク回線に対応していないものになります。

Galaxy S22シリーズまで、Galaxy Zシリーズは「3」までソフトバンク回線に対応していません。

  • Galaxy S22
  • Galaxy S22 Ultra
  • Galaxy A41
  • Galaxy Z Flip3 5G
  • Galaxy Z Fold3 5G
  • Galaxy A52 5G
  • Galaxy S21 5G
  • Galaxy S21 Ultra 5G
  •  Galaxy Note20 Ultra 5G
  •  Galaxy A51 5G
  •  Galaxy A21
  •  Galaxy A22
  •  Galaxy S20+ 5G
  •  Galaxy S20 5G
  •  Galaxy A20
  •  Galaxy Note10+
  •  Galaxy S10
  •  Galaxy S10+
  •  Galaxy Feel2
  •  Galaxy Note9
  •  Galaxy S9
  •  Galaxy S9+
  •  Galaxy Note8
  •  Galaxy Feel
  •  Galaxy S8
  •  Galaxy S8+
  •  Galaxy S7 edge
  •  Galaxy S6

詳細はドコモのロック解除対応機種および対応周波数帯をご覧ください。

au版Galaxy

ソフトバンク回線対応のGalaxy

以下のau版Galaxyは、ソフトバンク回線に対応しています。

2023年5月6日時点では青文字の機種のみ動作確認されています。Galaxy S23シリーズは近日中に動作確認されるでしょう。

  • Galaxy Z Fold 4
  • Galaxy Z Flip 4
  • Galaxy S23
  • Galaxy S23 Ultra

動作確認されているが、ソフトバンク回線に対応していないGalaxy

  • Galaxy S22
  • Galaxy S22 Ultra
  • Galaxy A41
  • Galaxy Z Flip3 5G
  • Galaxy Z Fold3 5G
  • Galaxy A21
  • Galaxy S21 5G
  • Galaxy S21+ 5G
  • Galaxy A51 5G
  • Galaxy Z Flip 5G
  • Galaxy Z Fold2 5G
  • Galaxy Note20 Ultra 5G SCG06
  • Galaxy S20+ 5G
  • Galaxy S20 5G
  • Galaxy Z Flip
  • Galaxy A20
  • Galaxy Fold
  • Galaxy Note10+
  • Galaxy A30
  • Galaxy S10
  • Galaxy S10+
  • Galaxy Note9
  • Galaxy S9
  • Galaxy S9+
  • Galaxy Note8
  • Galaxy S8
  • Galaxy S8+
  • Galaxy S7 edge
  • Galaxy A32 5G

詳細はauのSIMロック解除が可能なau携帯電話などの実装周波数帯一覧 | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | auをご覧ください。

ソフトバンク版Galaxy(S6 edge以降販売なし)

  • 動作確認なし

ソフトバンク版Galaxyスマホは動作確認を実施していません。

そもそもソフトバンクで発売された最後のGalaxyがGalaxy S6 edgeで、このスマホはSIMロック解除が不可能なのでワイモバイルでは使えません。

詳細はソフトバンクのSIMロック解除が可能な機種の周波数帯一覧をご覧ください。

楽天モバイル版Galaxy

ソフトバンク回線対応のGalaxy

以下の楽天モバイル版Galaxyは、ソフトバンク回線に対応していますが、ワイモバイルでは動作確認されていません。

  • Galaxy A23 5G
  • Galaxy S23

動作確認されているが、ソフトバンク回線に対応していないGalaxy

楽天モバイルのGalaxyは、ソフトバンクのプラチナバンドであるLTE Band 8に対応していないのでオススメしません。

  • Galaxy S10
  • Galaxy Note 10
  • Galaxy A7(ワイモバイルが動作確認しているのはこれだけ)

日本国内SIMフリー版(オープンマーケット版)Galaxy

  • Galaxy M23 5G

Galaxy M23 5GはLTE Band 1/3/8に対応していますが、なぜか動作確認されていません。

ワイモバイルオンラインストアでオトクなキャンペーン実施中!

ワイモバイルオンラインストアでは、SIMカードのみ/eSIMのみ契約するとPayPayポイントが貰えるオトクなキャンペーンを常時実施しています。

詳細はワイモバイルキャンペーンまとめ記事をご覧ください。

ワイモバイルのSIMカードを契約してGalaxyで使えるようにするまでの手順

ワイモバイルでSIMカードを契約+手持ちのGalaxyを利用する際の手順

  • ワイモバイルではSIMカードのみ契約する
  • キャリア版/SIMフリー版Galaxyを自分で用意する
  • キャリア版GalaxyならあらかじめSIMロックを解除しておく

ときの手順は以下の通り。

申し込み手順
  1. SIMフリー版またはSIMロック解除済みのGalaxyを用意する
  2. 今契約しているキャリア・サブブランド・格安SIMで、MNP予約番号を発行する(乗り換え時のみ)
  3. クレジットカード、本人確認書類、メールアドレスなどの契約に必要なものを揃える
  4. ワイモバイルオンラインストアにアクセスして、ワイモバイルのSIMカード/eSIMをを申し込む

SIMカード開通手順

開通手順
  1. ワイモバイルで回線切り替え手続きを行う(乗り換え時のみ)
  2. ワイモバイルのSIMカードをGalaxyに入れる
  3. キャリア版の場合は、「SIMロック解除コードの入力」または「利用設定」を行う
  4. GalaxyでAPN設定する
  5. Wi-Fiをオフにして、ChromeなどのブラウザアプリでWEBサイトにアクセスできることを確認して利用開始

ワイモバイルでeSIMを契約+手持ちのGalaxyを利用する際の手順

  • ワイモバイルではeSIMのみ契約する
  • キャリア版/SIMフリー版Galaxyを自分で用意する
  • キャリア版GalaxyならあらかじめSIMロックを解除しておく

ときの手順は以下の通り。

申し込み手順
  1. SIMフリー版またはSIMロック解除済みのGalaxyを用意する
  2. クレジットカード、本人確認書類、メールアドレスなどの契約に必要なものを揃える
  3. スマホからワイモバイルオンラインストアにアクセスしてeSIMを申し込む

eSIM開通手順

開通手順
  • eSIMの審査が完了するまで待つ
  • 審査完了後、「【Y!mobileオンラインストア】eSIMご利用手続きのお知らせ」メールが送られてくる
  • ワイモバイルのeSIM設定用アプリをダウンロードして、eSIMを開通させる
  • 回線切り替え手続きが完了すると、ワイモバイルが開通する(乗り換え時のみ手続きが必要)
  • ワイモバイルスマホの初期設定方法を見て、APN設定などの初期設定を行う
  • Y!mobileサービスの初期登録とPayPayアプリの登録はPayPayポイントを貰うために必要なので必ず設定する
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

【手順①】SIMロック解除済みGalaxyを用意する

SIMロック解除済みのソフトバンク版Galaxyを用意してください。SIMロック解除の方法は以下の通り。

ドコモ/ahamoを利用中の人

au/沖縄セルラーを利用中の人

UQモバイルを利用中の人

ソフトバンク

楽天モバイルはSIMフリー

楽天モバイルで販売されているiPhoneは、SIMロックなしのSIMフリー状態で販売されています。SIMロック解除手続きは不要です。

【手順②】今契約しているキャリア・サブブランド・格安SIMで、MNP予約番号を取得する(乗り換え時のみ)

ドコモ/ahamo、au/UQモバイル/povo、格安SIMからワイモバイルに乗り換える場合は、今契約している携帯電話会社で、MNP予約番号を発行してください。MNP予約番号はWebか電話で発行できます。

ソフトバンク/LINEMOからワイモバイルに乗り換える時は、MNP予約番号の発行は不要です。

新規契約する場合はMNP予約番号の発行は不要なので次の項目に進んでください。

【手順③】ワイモバイルのSIMカードを申し込む

クレジットカード、本人確認書類、メールアドレスと電話番号、MNP予約番号などの必要なものを用意してワイモバイルのSIMカードやeSIMを申し込んでください。

新規契約時は【新しい電話番号で契約する】を選択してください。

のりかえ・MNPは【今の電話番号をそのまま利用する】を選択して、以下の選択肢を参考にして選択してください。

eSIMはパソコンからの申し込みはできません。スマホからワイモバイルオンラインストアにアクセスしてください。

SIMカードの申し込み手順
現在利用中の
携帯電話会社が
選択肢
ドコモ/ahamo他社携帯電話会社
au他社携帯電話会社
UQモバイル他社携帯電話会社
povo1.0/povo2.0他社携帯電話会社
楽天モバイル他社携帯電話会社
格安SIMの
ドコモ回線プラン
他社携帯電話会社
格安SIMの
au回線プラン
他社携帯電話会社
格安SIMの
ソフトバンク回線プラン
ソフトバンク回線MVNO
ソフトバンクソフトバンク
LINEMOLINEMO

ワイモバイルのSIMカードの開通手順を解説

【手順①】SIMカードが届き次第、WEBサイトまたは電話で回線切替手続きを行う

ワイモバイルのSIMカードが届き次第、WEBサイトまたは電話で回線切替手続きを行ってください。

回線切替手続きは、現在契約している携帯電話会社からワイモバイルに回線を切り替えるために必要な手続きです。

回線切替手続きが完了すると、今契約している携帯電話会社・格安SIMの電波が圏外になる&契約が自動で解約され、ワイモバイルが開通します。

回線切り替え方法は2つ

切り替えは「オンライン回線切替受付サイト」から行う方法、「ワイモバイルカスタマーセンター切替窓口」に電話する方法の2つがあります。

オンライン回線切替受付サイトは9時から20時30分まで受け付けていて、受付後最大15分程度で切り替えが完了します。こちらのほうが受付時間が長くて切り替えにかかる時間も短いです。

ワイモバイルカスタマーセンター切替窓口は10時から19時まで受け付けていて、受付後最大1~2時間ほどで切り替えが完了します。

商品受け取り後6日以内に切り替えを行わなかった場合、ワイモバイル側にて切替え手続きを行います。その場合、切替時間の指定はできませんのでご了承ください。

オンライン回線切替受付サイト

WEBサイトからお手続きください。
受付後、最大15分ほどで切り替えが完了します。

【切替に必要な情報】

  • ・WEB受注番号
  • ・携帯電話番号
  • ・契約時に設定した4桁の暗証番号

ワイモバイルカスタマーセンター切替窓口

音声ガイダンスに沿って、電話番号などを入力してお手続きください。
受付後、最大1~2時間ほどで切替えが完了します。

【切替に必要な情報】

  • 携帯電話番号
  • 契約時に設定した4桁の暗証番号

ワイモバイルカスタマーセンター切替窓口

TEL:0800-100-1847
受付時間 10:00 ~ 19:00(年中無休)

【手順②】GalaxyにワイモバイルのSIMカードを入れて電源オン

お手持ちの端末にSIMカードを挿入する

手持ちのGalaxyにワイモバイルのSIMカードを入れて電源をオンにしてください。

ワイモバイルオンラインストアでSIMカードを契約した場合、送られてくるのは「nanoSIM」のSIMカードです。

SIMカードスロットの位置が分からない場合は、取扱説明書などを参照してください。

【手順③】SIMロック解除コードの入力または「利用設定」を行う

ドコモSIMロック解除コードの
入力が必要
au一部機種はスマホ本体側で
「利用設定」が必要
UQモバイル一部機種はスマホ本体側で
「利用設定」が必要
ソフトバンクSIMロック解除コードの
入力が必要
ワイモバイルSIMロック解除コードの
入力が必要
楽天モバイル操作不要
SIMフリー版操作不要

ドコモ/ソフトバンクで購入したAndroidスマホ

ワイモバイルのSIMカードを入れた後に「SIMロック解除コード」の入力が必要です。

SIMロック解除手続き完了時に発行されているものを入力すると、スマホ本体側のSIMロック解除手続きが完了します。

au/UQモバイルで購入したAndroidスマホ

auやUQモバイルはSIMロック解除手続き時にSIMロック解除コードは発行されませんが、その代わりにワイモバイルのSIMカードを入れた後、スマホ本体側で「利用設定」が必要です。

を参考にして、利用設定を完了させてください。

【手順④】GalaxyでAPN設定する

回線をワイモバイルに切り替える手続きをした後は、スマートフォン本体で「APN設定」をする必要があります。

APN設定とは、簡単に言えば「ワイモバイルの回線にログインするために必要なIDとパスワードを入力する」作業と思ってください。

APN設定の完了直後は、スマホがなかなかワイモバイル回線に繋がらないとか、4Gにならないことがあります。そういうときは機内モードオンオフやスマホの再起動をするとワイモバイル回線に繋がるようになります。

APN設定の詳細は以下のページをご覧ください。

名前Y!mobile APN
APNplus.acs.jp.v6
ユーザー名ym
パスワードym
MCC440
MNC20
認証タイプCHAP

【手順⑤】開通したことを確認してワイモバイルの利用開始

  • ワイモバイル側で回線切り替え手続きが完了している
  • GalaxyでAPN設定が完了している
  • SIMカードをGalaxyに入れている
  • GalaxyのSIMロックを解除している

順番はどうでもいいので、以上の作業がしっかりできていれば、Galaxyがワイモバイル回線に繋がっているはずです。

天気予報や時報に電話をかけたり、Wi-Fiをオフにしてネットを見たりして、しっかり開通していることを確認してください。

ワイモバイルのeSIMの申込後から開通までの手順を解説

簡単な流れ
  • eSIMの審査が完了するまで待つ
  • 審査完了後、「【Y!mobileオンラインストア】eSIMご利用手続きのお知らせ」メールが送られてくる
  • ワイモバイルのeSIM設定用アプリをダウンロードして、eSIMを開通させる
  • 回線切替が完了するとワイモバイルが開通する
  • ワイモバイルスマホの初期設定方法を見て、APN設定などの初期設定を行う
  • Y!mobileサービスの初期登録とPayPayアプリの登録はPayPayポイントを貰うために必要なので必ず設定する
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

eSIMの開通方法は、①別端末で表示したQRコードをeSIMで利用するスマホで読み込む方法、②eSIM設定用アプリを使う、の2つの方法があります。

ここではeSIM設定用アプリを使った開通方法を解説します。

【手順①】eSIMの審査完了後、メールが送られてくるので待つ

○新規契約、他社からのりかえの場合
・10:00~18:00に申し込み完了した場合、約1時間で「eSIMご利用開始手続きのお知らせ」をメールでご案内します。
・18:00以降に申し込み完了した場合、翌日10:00以降に「eSIMご利用開始手続きのお知らせ」をメールでご案内します。

○ソフトバンク/LINEMOからのりかえの場合
・9:00~20:00に申し込み完了した場合、約1時間で「eSIMご利用開始手続きのお知らせ」をメールでご案内します。
・20:00以降に申し込み完了した場合、翌日9:00以降に「eSIMご利用開始手続きのお知らせ」をメールでご案内します。

【手順②】ワイモバイルのeSIM設定用アプリを使ってeSIMを開通させる

ワイモバイルでは、2022年4月5日頃から「Y!mobile eSIMかんたん開通」アプリを提供しています。

このアプリを使えば、eSIMの開通準備チェック、eSIMプロファイルダウンロード、APN設定、開通チェックがスマホ1台で簡単にできるようになりました。

どう考えてもこのアプリを使ったほうが便利なので、アプリを使ってeSIMを開通させてください。

開通したら、GalaxyでAPN設定を行ってください。

名前Y!mobile APN
(名前は自由)
APNplus.acs.jp
ユーザー名ym
パスワードym
MCC440
MNC20
認証タイプCHAP
MMSChttp://mms-s
MMSプロキシandmms.plusacs.ne.jp
MMSポート8080
APNタイプdefault,mms,supl,hipri

【手順③】eSIMの開通を確認して利用開始

  • 回線切り替え手続きが完了している
  • APN設定が完了している
  • SIMカードを使いたいスマホに挿している
  • スマホのSIMロックを解除している

順番は前後してもいいので、これらの作業が完璧であればワイモバイルが開通しています。

天気予報や時報に電話をかけたり、Wi-Fiをオフにしてネットを見たりして、しっかり開通していることを確認してください。

ワイモバイル(公式サイト)はこちらから!

ボタンを押すとワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

ワイモバイルヤフー店でSIMのみ契約で合計最大26,000円相当お得!

ワイモバイルのSIM 合計最大26,000円相当おトク!

ワイモバイルオンラインストアヤフー店でSIMカード単体/eSIM単体を契約するときは、①「新どこでももらえる特典」、②「SIMご契約特典」、③「SIM PayPayポイント20%上乗せ特典」が利用できて、最大26,000円相当お得になります。

ワイモバイル(ヤフー店サイト)はこちらから

ボタンを押すとワイモバイルオンラインストアヤフー店に移動します

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次