解説

ワイモバイルの料金プランについて解説

ワイモバイルの料金プランについて解説。シンプルS/M/Lとスマホベーシックプランの違いも。

シンプルS/M/Lについて(2021年2月開始予定新プラン)

シンプルS/M/Lは、2021年2月から提供開始が予定されている、契約期間の縛りや契約解除料がかからない料金プランです。

スマホベーシックプランとの違い

スマホベーシックプランS/M/Rとの違いは、

  • 新規割がない
  • 1回10分以内の国内通話無料が月額700円の有料オプションになる(=だれとでも定額)
  • 高速データ通信量が、シンプルMなら1GB増量、シンプルLなら6GB増量
  • 5Gサービスが追加料金0円で使える

となります。

シンプルM/Lは高速データ通信量が増えるので、

通話をほとんどしない人は700円安くなり、通話をする人は据え置きか値上げになります。

スマホベーシックプランSは月額2680円、シンプルSは月額1980円で、だれとでも定額を合わせると月額2680円になります。

基本料金

シンプルS、シンプルM、シンプルLの3つのプランがあります。

月額料金高速データ通信容量
シンプルS1980円3GB
シンプルM2980円10GB
シンプルL3780円20GB

こちらは、おうち割光セットや家族割引サービスが適用されていない料金になります。

契約期間や契約解除料なし

シンプルS/M/Lは、契約期間や契約解除料が設定されていません。

2年縛りもないですし、2年以内に解約しても契約解除料が取られることはありません。

通話料は20円で30秒

シンプルS/M/Lは、1回10分以内の国内通話は無料になりません。20円で30秒かかります。

スマホベーシックプランS/M/Rでは1回10分以内の国内通話が無料になりました。

シンプルS/M/Lでは、月額700円のだれとでも定額を契約すると1回10分以内の国内通話が無料になります。

新規割が無い

シンプルS/M/Lは、6ヶ月間700円割引される新規割はありません。

おうち割または家族割で月額500円割引

おうち割と家族割の併用は不可です。

家族割はワイモバイルを複数回線契約していれば利用できるので、みんなでワイモバイルに乗り換えるのであれば最も利用しやすい割引施策ではないでしょうか。

おうち割について

  • SoftBank AirまたはSoftBank光、おうちでんきなどの利用者が対象
  • 毎月500円割引

家族割について

  • 家族で複数回線or1人で複数回線利用すると、2回線目(2台目)以降の月額料金が毎月500円割引
  • 割引の期間

【注意点】データくりこしが不可

ワイモバイルの料金プランの注意点として、当月余った月間データ容量の翌月繰り越しができません。

スマホベーシックプランS/M/Rについて(現行プラン)

スマホベーシックプランは、2019年10月1日から提供されている、契約期間の縛りや契約解除料がかからない料金プランです。

基本料金

スマホベーシックプランS/スマホベーシックプランM/スマホベーシックプランRの3つのプランがあります。

月額料金高速データ通信容量
スマホベーシックプランS2,680円3GB
スマホベーシックプランM3,680円9GB
スマホベーシックプランR4,680円14GB

こちらは月額料金割引キャンペーンやデータ増量キャンペーンが適用されていない、本当に基本の料金プランになります。

契約期間や契約解除料なし

スマホベーシックプランは、契約期間や契約解除料が設定されていません。

2年縛りもないですし、2年以内に解約しても契約解除料が取られることはありません。

ただし、MNP転出するときにはワイモバイルで転出手数料3000円、MNP転入先で転入手数料3000円がかかります。

国内通話料は10分以内なら無料

10分以内の通話無料
10分超過の通話20円/30秒
(10分超過分のみ)

スマートフォンや携帯、固定電話(IP電話含む)への国内通話料金は、10分以内の通話なら何回かけても無料です。

10分超過の通話は30秒につき20円の通話料が別途かかります。

なお、国際ローミング・国際電話(海外への通話)・留守番電話センターへの通話料(再生)やナビダイヤル(0570)・テレドーム(0180)・番号案内(104)などは、当サービスにおける無料通話の対象外です。

SMS送受信料

SMS送信3円/1通70文字まで ※
受信無料

新規割で6ヶ月間700円割引

スマホベーシックプランS/M/Rを、新規契約または他社から乗り換え(MNP転入)、契約変更で申し込むと、基本利用料が6ヶ月間毎月700円割引される「新規割」が適用されます。

これにより、スマホベーシックプランSは6ヶ月間1980円、スマホベーシックプランMは6ヶ月間月額2980円、スマホベーシックプランRは6ヶ月間月額3980円で利用できます。

7ヶ月目以降は通常料金に戻ります。

契約時にデータ増量オプション加入で1年間オプション料金無料+データ増量

新規契約またはMNP転入で、音声通話SIM+スマホベーシックプランS/M/Rで契約するときに、データ増量オプション(月額500円)に加入すると、契約翌月を1ヶ月目として1年間オプション料金が無料になります。

データ増量プランに加入すると、スマホベーシックプランSは月1GB増量、スマホベーシックプランM/Rは3GB増量します。

おうち割または家族割でさらに月額500円割引

新規割はおうち割または家族割と併用可能なので、組み合わせることで最安月額1480円から利用できます。

なお、おうち割と家族割の併用は不可です。家族割はワイモバイルを複数回線契約していれば利用できるので、みんなでワイモバイルに乗り換えるのであれば最も利用しやすい割引施策ではないでしょうか。

おうち割について

  • SoftBank AirまたはSoftBank光、おうちでんきなどの利用者が対象
  • 毎月500円割引

家族割について

  • 家族で複数回線or1人で複数回線利用すると、2回線目(2台目)以降の月額料金が毎月500円割引
  • 割引の期間

【注意点】データくりこしが不可

ワイモバイルの料金プランの注意点として、当月余った月間データ容量の翌月繰り越しができません。

料金プランでよくある質問

料金は日割り計算、月間データ容量は日割りされない

ワイモバイルの月額料金は、新規加入および契約変更時は日割り計算になります。機種変更と同時にプラン変更をした場合は日割りとはならず翌月より変更後のプランが適用となります。

通信量と無料通話回数については新規加入、機種変更とも日割りとはなりません。

料金プランを変更した場合は翌月から適用

月の途中で料金プランを変更した場合は翌月から適用されます。料金プランを変更した月の請求は、変更前の料金プランが適用されます。

基本的には翌請求月からの適用になりますが、請求締日(=毎月末日)の21時以降の申し込みは、翌々請求月からの適用となる場合があります。

料金プランの変更はいつでもOK、回数制限や手数料もなし

料金プランの変更は、手数料や回数制限が無いのでいつでも変更できます。ただし、変更内容によっては各種割引サービスの割引額の減額や解除などがあるので注意してください。

詳細は以下のページを御覧ください。

 

お得にワイモバイルのSIMを契約するためのポイントを教えます!

【はじめに】「ワイモバイル」と「Yahoo!モバイル」の2つの申し込み窓口があります

ワイモバイルのネットの申し込み窓口は、ワイモバイルオンラインストアとYahoo!モバイルオンラインストアの2つの窓口が存在します。 ワイモバイルオンラインストアは、ワイモバイル運営元のソフトバンクが運営している公式オンラインストアです。

Yahoo!モバイルオンラインストアは、ヤフーがワイモバイルの代理店になって運営しているオンラインストアです。

ヤフーもソフトバンクもソフトバンクグループなので、Yahoo!モバイルが怪しいということは絶対にありません。

契約できるSIMやスマホ、料金プランは同じですが、ワイモバイルとYahoo!モバイルでそれぞれ独自のキャンペーンを実施しています。

キャンペーン詳細情報は、ワイモバイルキャンペーン記事を御覧ください。

まずは、「どこでももらえる特典」にエントリー

ワイモバイルをネットや実店舗で申し込む前に、どこでももらえる特典にエントリーしておきましょう。事前エントリー必須で、後から遡って適用させることはできません。

どこでももらえる特典は、ワイモバイルのSIMやスマホを契約するとPayPay3000円相当貰えるキャンペーンです。

ワイモバイルオンラインストアで申し込むときも、Yahoo!モバイルオンラインストアで申し込むときも併用できるので、絶対にどこでももらえる特典を利用して契約しましょう。

キャンペーンエントリーはこちらから

ワイモバイル どこでももらえる特典

ワイモバイル どこでももらえる特典エントリーページに移動します

SIMを新規契約するならワイモバイルがお得

音声通話SIMを新規契約するなら、いつでも最大1万2300円お得になるワイモバイルオンラインストアがお得です。

事務手数料が無料になるのはワイモバイルオンラインストアだけです。

また、ソフトバンク系格安SIMからワイモバイルに乗り換えを受け付けているのはワイモバイルオンラインストアだけです。

PayPayが戻ってくるよりも事務手数料が無料になったほうがトータルで得してない?と考える人はワイモバイルオンラインストアで申し込みましょう。

  • ①どこでももらえる特典3000円相当還元
  • ②事務手数料3300円無料
  • ③PayPayが最大6000円相当還元
  • 合計最大1万2300円相当お得

ワイモバイルオンラインストアはこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストアTOPページに移動します

SIMをMNP転入で契約するならYahoo!モバイルがお得

音声通話SIMをMNP転入で契約するなら、5のつく日・毎週日曜日まで待って、最大1万4000円相当お得になるYahoo!モバイルオンラインストアで契約するのがお得です。

最大1万4000円相当お得になるのは5のつく日・毎週日曜日だけで、それ以外の日に申し込むと最大1万700円相当お得になります。

  • ①どこでももらえる特典3000円相当還元
  • ②PayPay最大1万1000円相当還元
  • 合計最大1万4000円相当お得

Yahoo!モバイルオンラインストアはこちらから

Yahoo!モバイルオンラインストア

Yahoo!モバイルオンラインストアTOPページに移動します

  • この記事を書いた人

ymobileinfo

-解説

© 2021 ワイモバイルinfo