ワイモバイルでiPhoneを使う

ワイモバイルでiPhone 12 Proを使う方法や乗り換え手順を解説

ワイモバイルでもiPhone 12 Proを利用可能!使う方法や乗り換え手順を解説。

2021年11月28日までワイモバイルヤフー店で超PayPay祭により特典額が増額中!SIMカード/eSIMを契約するなら絶対お得!合計最大1万円相当還元!

ワイモバイルオンラインストアヤフー店では、2021年11月28日まで「超PayPay祭」の一環として、SIMやスマホを申し込む時に貰えるPayPayボーナスの特典額が増額されています!SIMカード/eSIMもスマホも最大7000円相当のPayPayボーナスが貰えます。

私は普段から、SIMやスマホを契約するときにワイモバイル公式とワイモバイルヤフー店どちらがお得か?をいつもチェックしています。

断言します。SIMカード/eSIMを新規契約、「ドコモ/ahamo、au/UQモバイル/povo、楽天モバイル、その他格安SIM(ソフトバンク回線プランは除く)からワイモバイル乗り換え」で申し込むなら、絶対に超PayPay祭期間中のワイモバイルヤフー店がお得です。

新どこでももらえる特典が併用できると合計最大1万円相当還元

「新どこでももらえる特典」に事前エントリーしてからSIMカードやeSIMを契約すると、シンプルSならPayPayボーナス500円相当、シンプルM/LはPayPayボーナス3000円相当還元されます。

ワイモバイルオンラインストア(公式)で契約するときでも新どこでももらえる特典は併用可能なので、2つのキャンペーンを併用するとSIMカードやeSIMを契約すると合計最大1万円相当のPayPayボーナスが還元されます。

ワイモバイルヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店に移動します

キャンペーンエントリーはこちらから

新どこでももらえる特典

新どこでももらえる特典エントリーページに移動します

 

ワイモバイル公式でスマホ契約すると最大2万1600円値引き!SIMのみ契約も特典あり!


UQモバイルでSIMのみ+MNP転入で契約すると最大1万円キャッシュバック!

ワイモバイルでnanoSIMカードのみ契約して、手持ちのiPhone 12 Proを利用する手順やポイントを最初にまとめ

nanoSIMカードのみ契約+ドコモ/ahamo、au/povo/UQモバイル、楽天モバイル、格安SIMから乗り換え

  • ドコモ/ahamo、au/povo/UQモバイル、楽天モバイル、格安SIMからワイモバイルに乗り換える
  • SIMカードをnanoSIMサイズで契約する(iPhoneのSIMサイズはnanoSIM)
  • キャリア版/SIMフリー版iPhoneを自分で用意する
  • キャリア版iPhoneならあらかじめSIMロックを解除しておく

ときの手順は以下の通り。

手順

  • iOSバージョンやキャリア設定アップデートを最新の状態にしておく
  • Yahoo! JAPAN IDを使って新どこでももらえる特典にエントリーする
  • SIMフリー版またはSIMロック解除済みのiPhoneを用意する
  • 今契約している携帯電話番号で、MNP予約番号を発行しておく
  • 本人確認書類、クレジットカード、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを用意する
  • ワイモバイルオンラインストアにアクセスして、「SIMカード」を選ぶ
  • SIMサイズは、「nano」を選択する
  • 契約方法は、「他社からのりかえ」を選択する
    格安SIMのソフトバンク回線プランから乗り換えは、「ソフトバンク回線MVNOからのりかえ」を選択する
  • あとは画面の指示に従ってSIMカードの契約を完了させる
  • 数日後にワイモバイルのSIMカードが手元に届く
  • ワイモバイル側で回線切り替え手続きを行う(WEBで可能)
  • スマホの電源をオフにして、ワイモバイルのSIMカードを入れる
  • ワイモバイルスマホの初期設定方法を見て、APN設定などの初期設定を行う
  • Y!mobileサービスの初期登録とPayPayアプリの登録はPayPayボーナスを貰うために必要なので必ず設定する
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

iOSバージョンやキャリア設定アップデートが最新の場合は、SIMカードを入れるだけでワイモバイルが使えるようになります。

アップデートは時間がかかるので、あらかじめ最新の状態にしておくと、回線切り替え後にワイモバイルがすぐ使えるようになりますよ。

ソフトバンク/LINEMO/格安SIMのソフトバンク回線プランからワイモバイルに乗り換える場合は、ワイモバイルオンラインストア(公式)で実施されている、SIMカードやeSIMを契約するとPayPayボーナスが貰えるキャンペーンは利用できません。適用対象外です。

nanoSIMカードのみ契約+ソフトバンクから乗り換え

  • ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える(番号移行)
  • ソフトバンクで使っていたiPhoneをワイモバイルでも利用する
  • SIMカードをnanoSIMサイズで契約する(iPhoneのSIMサイズはnanoSIM)

ときの手順は以下の通り。

手順

  • iOSバージョンやキャリア設定アップデートを最新の状態にしておく
  • Yahoo! JAPAN IDを使って新どこでももらえる特典にエントリーする
  • My SoftBankに登録されている名前や住所が最新のものか確認する。古かった場合は最新のものに変更して、翌日以降に申し込む
  • 条件を満たしていればソフトバンクのスマホのSIMロックが自動で解除されるが、不安ならあらかじめSIMロック解除をオススメ
  • ソフトバンク側でMNP予約番号の発行は不要
  • 本人確認書類、クレジットカード、メールアドレスなどの契約に必要なものを用意する
  • ワイモバイルオンラインストアにアクセスして、「SIMカード」を選ぶ
  • SIMサイズは、「nano」を選択する
  • 契約方法は、「ソフトバンクからのりかえ」を選択する
  • My SoftBankにログインする
  • あとは画面の指示に従ってSIMカードの契約を完了させる
  • ワイモバイル側で回線切り替え手続きを行う(WEBで可能)
  • スマホの電源をオフにして、ワイモバイルのSIMカードを入れる
  • ワイモバイルスマホの初期設定方法を見て、APN設定などの初期設定を行う
  • Y!mobileサービスの初期登録とPayPayアプリの登録はPayPayボーナスを貰うために必要なので必ず設定する
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換え(番号移行)の場合は、My SoftBankに登録されている住所にワイモバイルのSIMカードが配送されます。また、MNP予約番号の発行は不要です。

ソフトバンクで購入したスマホは、①SIMロック解除対象端末であること、②SIMロック解除済みでないこと、③ネットワーク利用制限ではないこと、の3つを満たしている場合は、SIMロックが自動で解除されるようになっていますが、不安な人はMy SoftBankからSIMロック解除をしておくことをオススメします。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える場合は、ワイモバイルオンラインストア(公式)で実施されている、SIMカードやeSIMを契約するとPayPayボーナスが貰えるキャンペーンは利用できません。適用対象外です。

nanoSIMカードのみ契約+新規契約

ときの手順は以下の通り。

手順

  1. SIMフリー版またはSIMロック解除済みのiPhoneを用意する
  2. 本人確認書類、クレジットカード、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを用意する
  3. ワイモバイルオンラインストアにアクセスして、「SIMカード」を選ぶ
  4. SIMサイズは、「nano」を選択する
  5. 契約方法は、「新規契約」で契約する
  6. あとは画面の指示に従ってSIMカードの契約を完了させる
  7. 数日後にワイモバイルのSIMカードが手元に届く
  8. スマホの電源をオフにして、ワイモバイルのSIMカードを入れる
  9. ワイモバイルスマホの初期設定方法を見て、APN設定などの初期設定を行う
  10. Y!mobileサービスの初期登録とPayPayアプリの登録はPayPayボーナスを貰うために必要なので必ず設定する
  11. Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

SIMカードを新規契約するときは、iOSバージョンやキャリア設定アップデートが最新の場合は、SIMカードを入れるだけでワイモバイルが使えるようになります。

アップデートは時間がかかるので、あらかじめ最新の状態にしておくと、回線切り替え後にワイモバイルがすぐ使えるようになりますよ。

キャンペーンエントリーはこちらから

新どこでももらえる特典

新どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

ワイモバイルオンラインストアヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店TOPページに移動します

ワイモバイルでeSIMのみ契約して、手持ちのiPhone 12 Proを利用する手順やポイントを最初にまとめ

eSIMのみ契約+ソフトバンク以外から乗り換え編

  • ドコモ/ahamo、au/povo/UQモバイル、楽天モバイル、格安SIMからワイモバイルに乗り換える
  • eSIMで契約する
  • eSIMに対応しているキャリア版/SIMフリー版iPhoneを自分で用意する(iPhone XS/XS Max/XR以降)
  • キャリア版iPhoneならあらかじめSIMロックを解除しておく

ときの手順は以下の通り。

手順

  • SIMフリー版またはSIMロック解除済みの、eSIMに対応しているPhoneを用意する
  • 今契約している携帯電話番号で、MNP予約番号を発行しておく
  • 本人確認書類、クレジットカード、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを用意する
  • スマホからワイモバイルオンラインストアにアクセスして、「eSIM」を選ぶ
  • eSIMの契約方法は、「他社からのりかえ」を選択する
    ※格安SIMのソフトバンク回線プランから乗り換えの場合は、「ソフトバンク回線MVNOからのりかえ」を選択すること
  • あとは画面の指示に従ってeSIMの契約を完了させる
  • 申込後、【Y!mobileオンラインストア】eSIMご利用手続きのお知らせ」 メールが送られてくる
  • eSIMを利用するスマホ以外の端末を使い、メールに記載されたURLから利用開始手続きをする
  • eSIMを利用するスマホ以外の端末でQRコードを表示させる
  • eSIMを利用するiPhoneでQRコードを読み取る
  • iPhoneでモバイル通信プランを追加する。画面の指示に従って操作を進める
  • ワイモバイル側で回線切り替え手続きを行う(WEBで可能、MNP転入時のみ)
  • ワイモバイルスマホの初期設定方法を見て、APN設定などの初期設定を行う
  • Y!mobileサービスの初期登録とPayPayアプリの登録はPayPayボーナスを貰うために必要なので必ず設定する
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

eSIMのみ契約+ソフトバンクから乗り換え編

  • ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える(番号移行)
  • ソフトバンクで使っていたiPhoneをワイモバイルでも利用する
  • eSIMで契約する

ときの手順は以下の通り。

手順

  • My SoftBankに登録されている名前や住所が最新のものか確認する。古かった場合は最新のものに変更して、翌日以降に申し込む
  • 条件を満たしていればソフトバンクのスマホのSIMロックが自動で解除されるが、不安ならあらかじめSIMロック解除をオススメ
  • ソフトバンク側でMNP予約番号の発行は不要
  • 本人確認書類、クレジットカード、メールアドレスなどの契約に必要なものを用意する
  • ワイモバイルオンラインストアにアクセスして、「eSIM」を選ぶ
  • eSIMの契約方法は「ソフトバンクからのりかえ」を選択する
  • My SoftBankにログインする
  • あとは画面の指示に従ってeSIMの契約を完了させる
  • eSIMを利用するスマホ以外の端末を使い、メールに記載されたURLから利用開始手続きをする
  • eSIMを利用するスマホ以外の端末でQRコードを表示させる
  • eSIMを利用するiPhoneでQRコードを読み取る
  • iPhoneでモバイル通信プランを追加する。画面の指示に従って操作を進める
  • ワイモバイル側で回線切り替え手続きを行う(WEBで可能、MNP転入時のみ)
  • ワイモバイルスマホの初期設定方法を見て、APN設定などの初期設定を行う
  • Y!mobileサービスの初期登録とPayPayアプリの登録はPayPayボーナスを貰うために必要なので必ず設定する
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換え(番号移行)の場合は、MNP予約番号の発行は不要です。

ソフトバンクで購入したスマホは、①SIMロック解除対象端末であること、②SIMロック解除済みでないこと、③ネットワーク利用制限ではないこと、の3つを満たしている場合は、SIMロックが自動で解除されるようになっていますが、不安な人はMy SoftBankからSIMロック解除をしておくことをオススメします。

eSIMのみ契約+新規契約編

  • ワイモバイルを新規契約する
  • eSIMで契約する
  • eSIMに対応しているキャリア版/SIMフリー版iPhoneを自分で用意する(iPhone XS/XS Max/XR以降)
  • キャリア版iPhoneならあらかじめSIMロックを解除しておく

ときの手順は以下の通り。

手順

  • SIMフリー版またはSIMロック解除済みの、eSIMに対応しているPhoneを用意する
  • 今契約している携帯電話番号で、MNP予約番号を発行しておく
  • 本人確認書類、クレジットカード、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを用意する
  • スマホからワイモバイルオンラインストアにアクセスして、「eSIM」を選ぶ
  • eSIMの契約方法は、「新規契約」を選択する
  • あとは画面の指示に従ってeSIMの契約を完了させる
  • 申込後、【Y!mobileオンラインストア】eSIMご利用手続きのお知らせ」 メールが送られてくる
  • eSIMを利用するスマホ以外の端末を使い、メールに記載されたURLから利用開始手続きをする
  • eSIMを利用するスマホ以外の端末でQRコードを表示させる
  • eSIMを利用するiPhoneでQRコードを読み取る
  • iPhoneでモバイル通信プランを追加する。画面の指示に従って操作を進める
  • ワイモバイルスマホの初期設定方法を見て、APN設定などの初期設定を行う
  • Y!mobileサービスの初期登録とPayPayアプリの登録はPayPayボーナスを貰うために必要なので必ず設定する
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

キャンペーンエントリーはこちらから

新どこでももらえる特典

新どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

ワイモバイルオンラインストアヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店TOPページに移動します

ワイモバイルで販売しているiPhoneを契約する時の手順やポイントを最初にまとめ

iPhoneを契約+新規契約orソフトバンク以外から乗り換え編

  • ドコモ/ahamo、au/povo/UQモバイル、楽天モバイル、格安SIMからワイモバイルに乗り換える
  • SIMカードとiPhoneのセットを契約する

ときの手順は以下の通り、

ワイモバイルでは、2021年9月15日時点でiPhone 11, iPhone SE(第2世代), iPhone 12, iPhone 12 miniを販売しています。

契約時にSIMカードかeSIMの選択肢は無いので、SIMカードでの契約となります。

手順

  1. Yahoo! JAPAN IDを使って新どこでももらえる特典にエントリーする
  2. クレジットカード、本人確認書類、メールアドレスなどの契約に必要なものを揃える
  3. MNP予約番号を発行しておく(MNP転入時のみ)
  4. 本人確認書類、クレジットカード、メールアドレス、MNP予約番号などの契約に必要なものを用意する
  5. ワイモバイルオンラインストアにアクセスする
  6. 契約方法は、「他社からのりかえ」か「新規契約」を選ぶ
    格安SIMのソフトバンク回線プランから乗り換えは、「ソフトバンク回線MVNOからのりかえ」を選択する
  7. 後は画面の指示に従い、iPhoneの契約を完了させる
  8. 数日後に手元にiPhoneとSIMカードのセットが届く
  9. iPhoneにSIMカードを挿して初期設定、データ移行を行い、iPhoneが使える状態にする
  10. ワイモバイル側で回線切り替え手続きを行う(WEBで可能)
  11. ワイモバイルスマホの初期設定方法を見て、APN設定などの初期設定を行う
  12. Y!mobileサービスの初期登録とPayPayアプリの登録はPayPayボーナスを貰うために必要なので必ず設定する
  13. Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

格安SIMのソフトバンク回線プランからワイモバイルに乗り換え+スマホを契約するときは、機種代金値引きが適用されないので定価購入になります。

iPhoneを契約+ソフトバンクから乗り換え編

  1. Yahoo! JAPAN IDを使って新どこでももらえる特典にエントリーする
  2. My SoftBankに登録されている名前や住所が最新のものか確認する。古かった場合は最新のものに変更して、翌日以降に申し込む
  3. クレジットカード、本人確認書類、メールアドレスなどの契約に必要なものを揃える
  4. ソフトバンク側でMNP予約番号の発行は不要
  5. 本人確認書類、クレジットカード、メールアドレスなどの契約に必要なものを用意する
  6. ワイモバイルオンラインストアにアクセスして、好きなiPhoneを選択する
  7. 契約方法は、「ソフトバンクからのりかえ」を選択する
  8. My SoftBankにログインする
  9. 後は画面の指示に従い、iPhoneの契約を完了させる
  10. 数日後に手元にiPhoneとSIMカードのセットが届く
  11. iPhoneにSIMカードを挿して初期設定、データ移行を行い、iPhoneが使える状態にする
  12. ワイモバイル側で回線切り替え手続きを行う(WEBで可能)
  13. ワイモバイルスマホの初期設定方法を見て、APN設定などの初期設定を行う
  14. Y!mobileサービスの初期登録とPayPayアプリの登録はPayPayボーナスを貰うために必要なので必ず設定する
  15. Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えでスマホを契約する場合は、機種代金値引きは利用できません。

キャンペーンエントリーはこちらから

新どこでももらえる特典

新どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

ワイモバイルオンラインストアヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店TOPページに移動します

ワイモバイルでiPhone 12 Proを使うときの基礎知識

ワイモバイルではiPhone 12 Proを販売していないので、自分で買ってきてください

ワイモバイルではiPhone 12 Proを販売していないので、

  • Apple Store
  • ヨドバシカメラやビックカメラの一部のiPhone取扱店
  • ヤフオク
  • メルカリ
  • ゲオモバイルなどの中古スマホ販売店

で買ってきてください。

ワイモバイルでの動作確認状況まとめ。音声通話・SMS送受信・データ通信・テザリングができます

ワイモバイルはSIMフリー版/ドコモ版/au版/ソフトバンク版iPhone 12 Proで動作確認を実施しており、音声通話・SMS送受信・データ通信・テザリングが可能です。

動作確認機能
SIMフリー版
iPhone 12 Pro
動作確認済音声通話:〇
SMS:〇
データ通信:〇
テザリング:〇
5G : ◯
ドコモ版
iPhone 12 Pro
動作確認済音声通話:〇
SMS:〇
データ通信:〇
テザリング:〇
5G : ◯
au版
iPhone 12 Pro
動作確認済音声通話:〇
SMS:〇
データ通信:〇
テザリング:〇
5G : ◯
ソフトバンク版
iPhone 12 Pro
動作確認済音声通話:〇
SMS:〇
データ通信:〇
テザリング:〇
5G : ◯

メーカーブランド製品のうち、通信モジュールを含むモバイル通信機器において、ワイモバイルUSIM(音声・データ通信・SMS)の接続性検証の確認がとれたものとなります。

iPhone 12 Proの動作確認の最新情報は、他社が販売する携帯電話をワイモバイルで利用する|その他のサービス|サービス|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルでをご覧ください。

iPhone 12 Proはワイモバイルで5Gでの通信が可能です

ワイモバイルでは2021年2月18日から5Gサービスの提供が開始されています。

iPhone 12 Proは5Gに対応しているので、ワイモバイルの音声通話SIMを挿すと5Gでの通信が可能です。

iPhone 12 ProはeSIMに対応。ワイモバイルでもeSIMサービスあり

iPhone XSはeSIMに対応しています。ワイモバイルでは2021年3月17日からeSIMが契約できるようになっています。

ワイモバイルでeSIMを契約して、eSIMロック解除済み/SIMフリー版iPhone XSにeSIMをインストールすればワイモバイルが利用できるようになります。

ワイモバイルのeSIMはワイモバイル公式でもワイモバイルヤフー店でも契約できます。

eSIMとは?

スマートフォン本体にあらかじめ埋め込まれている本体一体型のSIMです。

eSIM対応スマートフォンであれば従来のようにSIMカードを差し込むことなく、契約と設定のみでワイモバイル回線を利用できるようになります。

  • ワイモバイルのeSIMをサブ回線として使う
  • メイン回線が圏外になったとき、ワイモバイルのeSIMに切り替えて使う
  • 仕事用電話番号とプライベート用電話番号を分けて使う

といった使い方が想定されます。

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

SIMフリー版/楽天モバイル版は、何もしなくてもワイモバイルのSIMが利用可能

  • SIMフリー版iPhone 12 Pro
  • 楽天モバイル版iPhone 12 Pro

であれば、iPhoneのSIMロックを解除しなくてもワイモバイルのnanoSIMやeSIMが利用できます。

楽天モバイルで販売されているiPhoneはSIMフリーなので、ワイモバイル契約前にSIMロックを解除する必要はありません。

ドコモ版/au版/ソフトバンク版を使うなら、ワイモバイル契約前にiPhoneのSIMロック解除必須

  • ドコモ版iPhone 12 Proに、ワイモバイルのSIMを挿す
  • au版iPhone 12 Proに、ワイモバイルのSIMを挿す
  • ソフトバンク版iPhone 12 Proに、ワイモバイルのSIMを挿す

に、ワイモバイルのnanoSIMカードを挿す/eSIMをインストールする場合は、ワイモバイル契約前にiPhoneのSIMロックの解除が必要になります。

ワイモバイルを契約する前に、My docomoやMy SoftBankでiPhoneのSIMロックを解除してください。

SIMロックを解除していないドコモ版/ソフトバンク版iPhone 12 ProにワイモバイルのSIMを挿しても、iPhoneがワイモバイルのSIMを認識しません。

SIMロックを解除しているドコモ版/ソフトバンク版iPhone 12 ProにワイモバイルのSIMを挿すと、iPhoneがワイモバイルのSIMを認識します。

eSIMを使うときでもiPhoneのSIMロック解除必須

勘違いされがちですが、ワイモバイルのeSIMを使うときでもiPnoneのSIMロック解除が絶対に必要です。絶対にSIMロックを解除してください。

SIMロックを解除していないeSIM対応iPhoneにeSIMをインストールしても、iPhoneでeSIMを使った通信はできません。

SIMロックを解除したeSIM対応iPhoneにeSIMをインストールすると、iPhoneでeSIMを使った通信ができるようになります。

キャリア版iPhoneのSIMロック解除の条件・費用について

SIMロック解除の条件

SIMロック解除をするための条件がいくつか設けられています。

  • ネットワーク利用制限がかかっていないこと
  • スマホの購入後100日経過しているとき
  • 過去にSIMロック解除を行っていて、その受付から100日経過したとき
  • スマホを一括払いで購入したとき
  • スマホを分割払いで購入したけど、その後に残額を一括で支払った時
  • 携帯電話料金支払い方法をクレジットカード払いに設定しているとき

なんか難しそうに見えるんですが、総務省が横槍を入れているおかげで毎年条件がかなり簡単になっています。

ネットワーク利用制限は、窃盗や詐欺で不正に入手された携帯電話とか、偽造した書類で不正に契約したとかそういうやつなので、普通に生きてたら何も関係ないです。

2020年11月時点では、一括払いで購入するか、携帯電話料金支払い方法をクレジットカード払いに設定している場合は、100日待たなくてもSIMロックが即時解除できるようになっています。

詳細は各キャリアの公式サイトをご覧ください。

SIMロック解除でかかる費用

Web上で解除ショップで解除
ドコモ無料 (My docomo)3000円
au無料 (My au)3000円
ソフトバンク無料 (My SoftBank)3000円

SIMロック解除にかかる費用は、Web上で行えばどのキャリアにおいても無料です。

ドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップでもSIMロック解除でも行うことは可能ですが、3000円の手数料がかかります。

また、キャリア解約後にSIMロック解除する場合、大抵がキャリアショップでしかSIMロック解除を受付していないので、キャリア解約・乗り換え前にSIMロック解除しましょう。

ワイモバイルでは自分で用意したiPhoneが加入できる保証サービスはありません

ワイモバイルでは、自分で用意したiPhone向けの保証サービスはありません。

Androidスマホのみ提供されています。

もしもSIMフリー版iPhoneを購入するなら、AppleCare+ for iPhoneに加入することをオススメします。

iPhoneのSIMサイズは「nanoSIM」です

  • nanoSIMで申し込み

もともとiPhone 12 ProのSIMカードスロットのSIMサイズは「nanoSIM」です。

iPhoneにワイモバイルの音声通話SIM挿して利用したいときは、「nanoSIM」で申し込んでください。

ワイモバイルに乗り換え+SIMのみ契約+今iPhoneを使うときは、データ移行などは一切不要

  • 他社からワイモバイルに乗り換える
  • SIMカードのみ契約する
  • 今使っているiPhoneをワイモバイルでも使い続ける

というときは、電話帳やらのデータ移行やバックアップなどは一切不要です。やらなくていいです。

そもそもSIMカードに写真や動画やアプリなどのデータは保存されていません。連絡先情報なんて今どきGoogleアカウントかiCloudで紐付けられているはずで、ガラケーみたいに連絡先をSIMカードにどうたらこうたらする必要は無いです。

アプリのアカウント引き継ぎどうたらこうたらは、それは機種変更とかスマホを新しく買うとかのスマホ自体を変えるときの話です。SIMカード入れ替えだけする場合は全く関係ありません。だってスマホは変わらないんですから。

私はワイモバイルやUQモバイルなど色々契約していて、スマホでSIMカードをよく入れ替えて使っていますが、スマホのデータが消えたことなんて一度もありません。

海外に行ったときに現地のプリペイドSIMカードを購入して、LINEのインストールされたメインスマホに挿して使いましたが、スマホのデータはそのまま、写真も動画もアプリもそのままで、LINEのトーク履歴もそのままでした。消えるわけがないんです。

ワイモバイル公式やヤフー店でお得なキャンペーン実施中!

ワイモバイルオンラインストア(公式)やワイモバイルオンラインストアヤフー店では、SIMを契約する人はPayPayボーナスが貰えるキャンペーン、スマホを契約する人は機種代金値引きやPayPayボーナスが貰えるキャンペーンを実施しています。

キャンペーンの最新情報はワイモバイルキャンペーンまとめ記事を御覧ください。

キャンペーンエントリーはこちらから

新どこでももらえる特典

新どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイルヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店に移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します


ワイモバイル公式でスマホ契約すると最大2万1600円値引き!SIMのみ契約も特典あり!
  • この記事を書いた人

ymobileinfo

-ワイモバイルでiPhoneを使う