ワイモバイルに乗り換え 解説

ahamo(アハモ)からワイモバイルに乗り換え手順やポイント解説

ahamo(アハモ)からワイモバイルに乗り換え手順やポイント解説。

ahamo(アハモ)からワイモバイルに乗り換え手順やポイントを最初にまとめ

SIMのみ契約+ahamoでも使っていたスマホを使い続ける

  1. ahamoで使っていたAndroidスマホやiPhoneがワイモバイルで使えるか確認
  2. ドコモからahamoに移行していて、ドコモで購入したスマホのSIMロックを解除していない場合は、ワイモバイル契約前にSIMロック解除が絶対に必要
  3. ahamoでMNP予約番号を発行する
  4. MNPでワイモバイルのSIMのみを申し込む
  5. SIMが手元に届き次第、MNP開通手続きを行う
  6. SIMをスマホに挿してAPN設定をする
  7. Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

SIMのみ契約+SIMフリースマホを使う

  • ワイモバイルで動作確認されているSIMフリーのAndroidスマホやiPhoneを用意する
  • ahamoでMNP予約番号を発行する
  • MNPでワイモバイルのSIMのみを申し込む
  • SIMが手元に届き次第、MNP開通手続きを行う
  • SIMをスマホに挿してAPN設定をする
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

ワイモバイルのスマホを契約

  • ahamoでMNP予約番号を発行する
  • ワイモバイルのスマホをを申し込む
  • スマホが手元に届き次第。MNP開通手続きを行う
  • スマホの初期設定・セットアップを完了させる
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始

ワイモバイルではiPhone 12/12 mini/SE(第2世代)を販売中

ワイモバイルでは2021年5月23日時点で、iPhone 12/iPhone 12 mini/iPhone SE(第2世代)を販売しています。

iPhone 12/iPhone 12 miniは5Gに対応しています。5G対応エリアでは5Gでの通信が可能ですが、5Gで通信できるエリアはまだ限定されます。5Gで通信するための追加費用はありません。0円で利用できます。

キャンペーンエントリーはこちらから

ワイモバイル どこでももらえる特典

ワイモバイル どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

Yahoo!モバイルオンラインストアはこちらから

Yahoo!モバイルオンラインストア

Yahoo!モバイルオンラインストアTOPページに移動します

ahamoからワイモバイルへの乗り換え手順(SIMのみ契約するとき)

  • ahamoからワイモバイルに乗り換え
  • SIMのみ契約する
  • SIMロックを解除したAndroidスマホやiPhoneを使う
  • SIMフリーのAndroidスマホかiPhoneを使う

ときの流れは以下の通り。

流れ

  • 今使っているahamoのスマホがワイモバイルで動作確認されているか、SIMサイズを確認
  • ahamoのスマホのSIMロックを解除する
  • ahamoでMNP予約番号を取得する
  • ワイモバイルを申し込む
  • 手元にSIMやスマホが到着次第、回線切替手続きを行う
  • スマホに挿さっているahamoのSIMカードとワイモバイルのSIMカードを入れ替える
  • スマホでAPN設定や初期設定を行う
  • 開通していることを確認してワイモバイルの利用開始

必要なものを用意する・事前準備をする

ワイモバイルにスムーズに乗り換えるために、必要なものの用意、事前準備をしておきましょう。

必要なもの

  • 本人確認書類
  • 契約者名義のクレジットカード
  • フリーメールアドレス
  • ワイモバイルで動作確認されているスマートフォン

事前準備

  • スマホを変えるならLINEのトーク履歴などのデータのバックアップ
  • 今使っているスマホのSIMロック解除
  • キャリアメールアドレスで利用しているWebサービスでフリーメールアドレスへの変更
  • iPhoneなら、古いiPhoneと新しいiPhoneでiOSバージョンを同じにする

ワイモバイルに乗り換え+SIMのみ契約+今のスマホを使うときは、データ移行などは一切不要

  • ahamoからワイモバイルに乗り換える
  • SIMカードのみ契約する
  • ahamoで使っていたスマホをワイモバイルでも使い続ける

というときは、電話帳やらのデータ移行やバックアップなどは一切不要です。やらなくていいです。

そもそもSIMカードに写真や動画やアプリなどのデータは保存されていません。連絡先情報なんて今どきGoogleアカウントかiCloudで紐付けられているはずで、ガラケーみたいに連絡先をSIMカードにどうたらこうたらする必要は無いです。

アプリのアカウント引き継ぎどうたらこうたらは、それは機種変更とかスマホを新しく買うとかのスマホ自体を変えるときの話です。SIMカード入れ替えだけする場合は全く関係ありません。だってスマホは変わらないんですから。

私はワイモバイルやUQモバイルなど色々契約していて、スマホでSIMカードをよく入れ替えて使っていますが、スマホのデータが消えたことなんて一度もありません。

海外に行ったときに現地のプリペイドSIMカードを購入して、LINEのインストールされたメインスマホに挿して使いましたが、スマホのデータはそのまま、写真も動画もアプリもそのままで、LINEのトーク履歴もそのままでした。消えるわけがないんです。

【手順①】今使っているスマホがワイモバイルで動作確認されているか確認

ahamoで使っていた購入したAndroidスマホやiPhoneをワイモバイルでも使いたい場合、新しいSIMフリースマホを買って使いたい場合は、ワイモバイルでそのスマホが動作確認されているかチェックしましょう。

また、使いたいスマホのSIMサイズも確認しておきましょう。ちなみに、ワイモバイルで使えるiPhoneのSIMサイズはすべてnanoSIMです。

なお、ワイモバイルではiPhone以外は動作確認をまともに行っていないので注意してください。Androidスマホは更新頻度はかなり遅く、数年変わっていないものもザラです。

【手順②】ドコモやahamoのスマホをワイモバイルで使うならSIMロック解除手続きが絶対に必要

  • ドコモからahamoに移行したときにスマホのSIMロックを解除していない
  • ahamoで機種変更でスマホを購入した

といった場合は、ワイモバイルを契約する前にahamoやmy docomoでスマホのSIMロック解除手続きを絶対にしてください。

au/ソフトバンク/UQモバイル/ワイモバイルなどからahamoに乗り換えた人は、おそらくahamo契約前にスマホのSIMロックを解除していることでしょう。

SIMロック解除手続きを正確に言うと、

  1. ahamoのお手続きページやMy docomoでSIMロック解除手続きをする
  2. AndroidスマホのみSIMロック解除コードが発行される
  3. スマホにワイモバイルのSIMカードを挿す
  4. iPhoneならアクティベーション、AndroidスマホならSIMロック解除コードを入力する
  5. SIMロック解除完了

このような手順になります。

SIMロック解除手続きをしたドコモ/ahamoで購入したスマホに、ワイモバイルのSIMカードを挿すことにより、SIMロック解除が正式に完了します。

ワイモバイルの開通も完了している、APN設定をしているのにワイモバイル回線が使えないというときは、大抵SIMロック解除手続きをすっ飛ばしています。

条件次第ではすでにSIMロック解除手続きが実施されている

新たに機種を購入する際に以下の条件のいずれかを満たす場合は、SIMロック解除の手続きを実施した状態で渡されるので、SIMロック解除手続きは不要です。

SIMロック解除コードはこちらで確認できます。

ahamoの回線契約を伴うお客さまの場合
  1. 当該機種を一括払いでご購入された場合
  2. 当該回線または一括請求の代表回線において、ahamoの携帯電話のお支払い方法をクレジットカード※1に設定いただいた場合
  • ご利用いただけるクレジットカードは、当社が別途指定する種類のクレジットカードであり、かつ、契約者ご本人名義のものに限ります。

SIMロック解除 | その他お手続き | サポート | ahamo

スマホを一括払いで購入しているか、ahamoの支払い方法をクレジットカード払いにしてれば、SIMロック解除手続きは不要です。

SIMロック解除条件

  1. ネットワーク利用制限などの各種ロックがかかっていないこと
  2. 以下のいずれかを満たす場合、即時にSIMロック解除の手続きが可能となります
    1.  当該機種の購入後100日経過した場合
    2. 当該回線において、過去SIMロック解除を行っており、その受付から100日経過した場合
    3. 分割払いで購入して、その分割支払金/分割払金の精算した場合
    4. 当該回線(解約済み回線を含む)において、ドコモの携帯電話料金の支払い方法をクレジットカードに設定している場合

【手順③】ahamoでMNP予約番号を取得する

ahamoからワイモバイルに乗り換えるときは、ahamoでMNP予約番号を発行する必要があります。

MNP予約番号はahamoお手続きページで24時間行えます。

【ポイント】MNP予約番号は10日以上残っていないとダメ

ワイモバイルをオンラインで申し込むときには、MNP予約番号のMNP有効期限が10日以上残っている必要があります。

MNP予約番号を発行したらすぐにワイモバイルに申し込むようにしましょう。

有効期限が9日以内の場合は再度MNP予約番号を取り直してください。MNP予約番号は何回発行しても無料です。

【ポイント】MNP予約番号を発行しただけでahamoが解約されることは無い

ahampでMNP予約番号を発行した=その時点でahamoが解約されるということは絶対にありません。

ahamoが解約されるのは、ahamoからワイモバイルに回線切替が完了したときです。

手順④】ワイモバイルを申し込む。SIMのみ契約なら最大7000円相当還元

契約に必要なものを用意してワイモバイルのSIMをMNPで申し込みましょう。

ワイモバイルでも使いたいスマホのSIMサイズを確認して選択してください。

たとえばiPhoneのSIMカードのサイズはnanoSIMですが、間違えてmicroSIMを選んで申し込むと、SIMカードの交換手続きが必要になります。

ahamoからワイモバイルに乗り換えるときは、契約方法は「他社からのりかえ」を選択してください。

ahamoからワイモバイルに乗り換えるときは、SIMカードのみ契約するときは合計最大7000円相当のPayPayボーナス、スマホは最大5555円相当のPayPayボーナスが貰えます。

ワイモバイルの申し込み窓口は2つあり、それぞれで独自キャンペーンを実施

ワイモバイルの申し込み窓口は、

  • ワイモバイルオンラインストア(公式、ソフトバンクが運営)
  • ワイモバイルオンラインストアヤフー店(代理店、ヤフーが運営)

の2つあります。

どちらで申し込んでも事務手数料3300円は無料になりますが、それぞれの窓口で独自のキャンペーンを実施しています。

キャンペーンの詳細については、【最新】ワイモバイルキャンペーンまとめを御覧ください。

音声通話SIMやスマホを新規契約またはMNP転入で契約すると最大7000円相当還元!

ワイモバイルオンラインストア(ワイモバイル)またはワイモバイルオンラインストアヤフー店(Yahoo!モバイル)で、音声通話SIMを新規契約またはMNP転入で契約すると、合計最大7000円相当のPayPayボーナスが還元されます。

スマホを新規契約するとPayPayボーナスの還元または値引きが受けられます。

5のつく日・毎週日曜日を狙ったほうがお得なもの、いつ契約しても貰えるPayPayボーナスの金額が変わらないものがあります。

貰えるPayPayボーナスの比較表は以下の通り。

 ワイモバイルヤフー店
5のつく日
毎週日曜日
ワイモバイルヤフー店
通常日
ワイモバイル公式
いつでも
音声通話SIM
新規契約orMNP転入
シンプルS
PayPayボーナス
還元なし
PayPayボーナス
還元なし
PayPayボーナス
還元なし
音声通話SIM
新規契約orMNP転入
シンプルM
PayPayボーナス
5000円
相当還元
PayPayボーナス
還元なし
PayPayボーナス
5000円
相当還元
音声通話SIM
新規契約orMNP転入
シンプルL
PayPayボーナス
7000円
相当還元
PayPayボーナス
還元なし
PayPayボーナス
5000円
相当還元
スマホ
新規契約orMNP転入
シンプルS/M/L
PayPayボーナス
5555円
相当還元
+1万1180円割引
PayPayボーナス
還元なし
+1万1180円割引
PayPayボーナス
還元なし
+最大2万1600円割引

※ソフトバンク本家/LINEMO/ソフトバンク系からワイモバイルに乗り換えはSIMもスマホもPayPayボーナス還元無し

スマホは貰えるPayPayボーナスの金額だけでなく、値引き額も考慮して申し込む窓口を決めましょう。

ちなみに、iPhone 12/iPhone 12 mini/iPhone SE(第2世代)を契約するならワイモバイル公式のほうがお得ですよ。

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

Yahoo!モバイルオンラインストアはこちらから

Yahoo!モバイルオンラインストア

Yahoo!モバイルオンラインストアTOPページに移動します

ワイモバイルの申し込みに必要なもの

必要なもの

  • 契約者本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • メールアドレスと電話番号
  • MNP予約番号

ドコモ/au/ソフトバンクで提供されているキャリアメールアドレスは、キャリア解約後はメールの送受信が一切できません。フリーメールアドレスを取得して申し込んでください。

本人確認書類は運転免許証などを用意しておきましょう。

申し込み時に使える本人確認書類については、本人確認書類の送付について|ご利用ガイド|オンラインストア|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルでをご覧ください。

キャンペーンエントリーはこちらから

ワイモバイル どこでももらえる特典

ワイモバイル どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

Yahoo!モバイルオンラインストアはこちらから

Yahoo!モバイルオンラインストア

Yahoo!モバイルオンラインストアTOPページに移動します

【手順⑤】手元にSIMやスマホが届き次第、ワイモバイルに電話して回線切替手続きを行う

数日後に手元にでワイモバイルのSIMやスマホが届きます。届いたら次は「回線切替手続き」が必要になります。

現在契約している携帯電話会社からワイモバイルに回線を切り替えるためには、回線切替窓口への電話が必要になります。Webからはできません。

対応時間は午前10時から午後7時まで、固定電話からでも可能ですが、050から始まるIP電話からは受け付けできません。

なお、商品受取後6日以内に切り替えを行わなかった場合は、ワイモバイル側が切り替え手続きを行います。その場合は切り替え時間の指定はできないのでご注意ください。

回線切替手続きをすると、今契約している携帯電話会社の回線が圏外になります。

  1. 0800-100-1847に電話をかける
  2. 音声ガイダンスにしたがって電話番号を入力する
  3. 携帯電話番号を入力
  4. 契約時に決めた4桁の暗証番号を入力
  5. 切り替え確認(はい/いいえ)
  6. 切り替え完了(はい/いいえ)

詳細は以下のページをご覧ください。

【手順⑥】スマホにワイモバイルのSIMカードを入れる(この時点でSIMロック解除が正式完了)

スマホに挿さっているahamo/ドコモのSIMカードを取り出して、ワイモバイルのSIMカードと入れ替えましょう。

SIMカードの入れ替え方が分からない場合は、YouTubeで「SIMカード 入れ替え」などで検索するといっぱい動画が出てくるので、それを見て参考にしてください。

SIMロック解除手続きをしたドコモ/ahamoのスマホにワイモバイルのSIMカードを挿して、アクティベーションやSIMロック解除コードを入力して起動すると、SIMロック解除が正式に完了します。

iPhoneの場合

ワイモバイルのSIMを挿して起動すると、iPhoneのアクティベーションを求められることがあります。

画面の指示に従ってApple IDとパスワードを入力しましょう。

Androidスマホの場合

auで購入したAndroidスマホにワイモバイルのSIMを挿して起動すると、「ロック解除PIN」とか「SIMロックの解除コード」の入力を求められることがあります。

SIMロックを解除するための番号は、auから送られてくるメールや、SIMロック解除受付画面で表示されます。メモしておきましょう。

スマホが1台しかない、パソコンもない人はメールが見れないので注意してください。メモしときましょう。

【手順⑦】APN設定や初期設定を行う

回線をauからワイモバイルに切り替える手続きをした後は、スマートフォン本体で「APN設定」をする必要ああります。

APN設定とは、簡単に言えば「ワイモバイルの回線にログインするために必要なIDとパスワードを入力する」作業と思ってください。

Androidスマホの場合

Androidスマホは、SIMフリーであればAPN設定があらかじめインストールされています。

SIMを挿したら勝手にAPN設定してくれるもの、SIMを挿してAPNリストの中から選択するものがあります。

キャリア版Androidスマホは、ほぼ確実に手動でAPN設定しないといけません。

iPhoneの場合

iPhoneは、機種によってAPN設定が自動で行われるもの、APN構成プロファイルをインストールしないといけない機種があります。

SIMフリー版、SIMロックを解除したキャリア版iPhoneの場合は、iOSを最新バージョンに更新して、キャリア設定アップデートをアップデートするとAPN設定不要で利用できます。

ワイモバイルで購入したiPhone 12/iPhone 12 miniの場合は、APN構成プロファイルのインストールが必要です。APN構成プロファイルのインストールにはWi-Fi環境が必要になります。

家にWi-Fi環境がない人はコンビニとかカフェに行ってください。

初期設定とは?

ワイモバイルを契約するとYahoo!プレミアムの会員となり、Y!mobileメール、Yahoo!ショッピングのポイント特典、Yahoo!かんたんバックアップを容量無制限で利用できるなど、便利なお得なサービスを利用できます。

ワイモバイル回線とYahoo! JAPAN IDの紐付けとか、PayPayアカウントとの紐付けする作業になります。

ワイモバイルユーザーだとPayPayキャンペーンなどで色々優遇してくれるので、初期設定しておくことをオススメします。

【手順⑧】開通していることを確認してワイモバイルの利用開始

  • 利用開始手続きが完了している
  • APN設定が完了している
  • SIMカードを使いたいスマホに挿している
  • キャリア版スマホを使うならSIMロックを解除している

順番は前後してもいいので、これらの作業が完璧であればワイモバイルが開通しています。

天気予報や時報に電話をかけたり、Wi-Fiをオフにしてネットを見たりして、しっかり開通していることを確認してください。

ahamoの契約はワイモバイル開通後に自動解約されます。乗り換え時はahamoを解約しないでください

ahamoからワイモバイルに回線切替が完了した時点で、auの契約は自動で解約されます。

  • ahamoでMNP予約番号を発行した後にahamoを解約する
  • ahamoを解約してワイモバイルを契約する

といった行為は絶対にしないでください。

キャンペーンエントリーはこちらから

ワイモバイル どこでももらえる特典

ワイモバイル どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

Yahoo!モバイルオンラインストアはこちらから

Yahoo!モバイルオンラインストア

Yahoo!モバイルオンラインストアTOPページに移動します

ドコモやahamoで使っていたいスマホを楽天モバイルで使うときの注意点

ドコモ/ahamoのスマホをワイモバイルで使うなら、スマホのSIMロック解除必須

ワイモバイルに乗り換えてもドコモ/ahamoで購入したiPhoneやAndroidスマホを使うなら、ワイモバイルに乗り換える前にドコモでスマホのSIMロック解除が必須です。

ドコモから販売されたAndroidスマホやiPhoneはSIMロックがかかっています。

SIMロックを解除していないドコモから販売されたAndroidスマホに、ワイモバイルのSIMカードを挿しても、スマホがSIMカードを認識しません。

SIMロックを解除したドコモから販売されたAndroidスマホに、ワイモバイルのSIMカードを挿すと、スマホがSIMカードを認識します。

ワイモバイルの使用しているLTE周波数帯に対応しているか確認

ワイモバイル(ソフトバンク)は、LTE Band 1, 3, 8, 11, 28, 42を使って通信サービスを提供しています。

ワイモバイル(ソフトバンク)から販売されているAndroidスマホは、LTE Band 1, 3, 8には絶対に対応しています。

その3つの周波数帯の中でも特に重要なのがLTE Band 8です。LTE Band 8はワイモバイル(ソフトバンク)のプラチナバンドに相当します。

プラチナバンドの特徴としては、①より遠くまで電波が届く、②室内にも電波が入りやすい、③ビルの影などでも電波が届きやすくなる、といった特徴があります。

LTE Band 8に、あなたの活動エリア次第ではワイモバイルが繋がりにくかったり圏外になる可能性があります。

他の格安SIMだとLTE Band 8非対応=ソフトバンク回線非対応の判断をされている

他社の話になりますが、ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線を使用してサービスを提供している「mineo」で販売しているSIMフリースマートフォン「arrows M05」は、ドコモプラン・auプランに対応していますがソフトバンクプランに対応していません。

なぜかというと、arrows M05はLTE Band 8に対応していないからです。

LTE Band 8が使えないだけで「対応していない」判定されるということは、それだけLTE Band 8が重要であるということです。

Androidスマホは、ワイモバイルで使うのはオススメしない

ドコモのSIMロック解除対応機種および対応周波数帯を見て、ワイモバイルで使いたいスマホがLTE Band 1/3/8に対応しているか確認してください。

ドコモから販売されているAndroidスマホは、LTE Band 1, 3は確実に対応していますが、LTE Band 8に対応していないものがかなり多いです。

LTE Band 8に対応していないのはリスキーです。やめておいたほうがいいです。ドコモのスマホが対応している周波数は以下のドコモのページをご覧ください。

iPhone 6s以降であればワイモバイルが問題なく使える

ドコモから販売されたiPhoneは、SIMロック解除に対応したiPhone 6s以降であれば、SIMロックを解除すればワイモバイル回線が利用できるようになります。

iPhoneはSIMロックを解除すると、ドコモ/au/ソフトバンク/楽天モバイル回線にフル対応します。iPhoneは無敵です。

ワイモバイルが動作確認しているドコモのiPhoneは以下の通り。

  • ドコモ版iPhone 6s, iPhone 6s Plus
  • ドコモ版iPhone SE(第1世代)
  • ドコモ版iPhone 7, iPHone 7 Plus
  • ドコモ版iPhone 8, iPhone 8 Plus
  • ドコモ版iPhone X
  • ドコモ版iPhone XS, iPhone XS Max
  • ドコモ版iPhone XR
  • ドコモ版iPhone 11, iPhone 11 Pro, iPhone 11 Pro Max
  • ドコモ版iPhone SE(第2世代)
  • ドコモ版iPhone 12, iPhone 12 mini, iPhone 12 Pro, iPhone 12 Pro Max

スマホのSIMサイズもチェックを

スマホのSIMサイズも確認しておきましょう。

動作確認情報の赤枠部分の「SIMサイズ」欄に書かれているSIMサイズで申し込みが必要です。大抵の人のスマホは「nanoSIM」と記載されているはずです。

ちなみにiPhoneのSIMサイズは、iPhone 5シリーズ以降から全て「nanoSIM」が採用されています。

 

キャンペーンエントリーはこちらから

ワイモバイル どこでももらえる特典

ワイモバイル どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

Yahoo!モバイルオンラインストアはこちらから

Yahoo!モバイルオンラインストア

Yahoo!モバイルオンラインストアTOPページに移動します

 

ワイモバイルでお得なキャンペーン実施中!

ワイモバイルでは、SIMやスマホを契約する人を対象にしたお得なキャンペーンを実施しています。

ワイモバイルの申し込み窓口は2つあり、それぞれで独自キャンペーンを実施

ワイモバイルの申し込み窓口は、

  • ワイモバイルオンラインストア(公式、ソフトバンクが運営)
  • ワイモバイルオンラインストアヤフー店(代理店、ヤフーが運営)

の2つあります。

どちらで申し込んでも事務手数料3300円は無料になりますが、それぞれの窓口で独自のキャンペーンを実施しています。

キャンペーンの詳細については、【最新】ワイモバイルキャンペーンまとめを御覧ください。

音声通話SIMを新規契約またはMNP転入で契約すると最大7000円相当還元!

ワイモバイルオンラインストア(ワイモバイル)またはワイモバイルオンラインストアヤフー店(Yahoo!モバイル)で、音声通話SIMを新規契約またはMNP転入で契約すると、最大7000円相当のPayPayボーナスが還元されます。

お得になる金額と比較表は以下の通り。

 ワイモバイルヤフー店
5のつく日
毎週日曜日
ワイモバイルヤフー店
通常日
ワイモバイル公式
いつでも
音声通話SIM
新規契約orMNP転入
シンプルS
PayPayボーナス
還元なし
PayPayボーナス
還元なし
PayPayボーナス
還元なし
音声通話SIM
新規契約orMNP転入
シンプルM
PayPayボーナス
5000円
相当還元
PayPayボーナス
還元なし
PayPayボーナス
5000円
相当還元
音声通話SIM
新規契約orMNP転入
シンプルL
PayPayボーナス
7000円
相当還元
PayPayボーナス
還元なし
PayPayボーナス
5000円
相当還元

※ソフトバンク本家/LINEMO/ソフトバンク系からワイモバイルに乗り換えはPayPayボーナス還元無し

音声通話SIMをシンプルSで契約するときはどっちでもOKです。

音声通話SIMをシンプルMで契約するときは、いつでもワイモバイルオンラインストアのほうが便利です。

音声通話SIMをシンプルLで契約するときは、5のつく日・毎週日曜日にワイモバイルオンラインストアヤフー店で契約するのがお得です。

スマホを新規契約またはMNP転入で契約すると最大5555円相当還元!

ワイモバイルオンラインストアヤフー店で、5のつく日・毎週日曜日にスマホを新規契約またはMNP転入で契約すると、合計最大5555円相当のPayPayボーナスが還元されます。

5のつく日・毎週日曜日まで待てるなら絶対に待ったほうがいいです。

 Yahoo!モバイル
5のつく日
毎週日曜日
Yahoo!モバイル
通常日
ワイモバイル
いつでも
スマホ
新規契約orMNP転入
シンプルS/M/L
PayPayボーナス
5555円
相当還元
PayPayボーナス
還元なし
PayPayボーナス
還元なし

※ソフトバンク本家/LINEMO/ソフトバンク系からワイモバイルに乗り換えはPayPayボーナス還元無し

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

Yahoo!モバイルオンラインストアはこちらから

Yahoo!モバイルオンラインストア

Yahoo!モバイルオンラインストアTOPページに移動します

  • この記事を書いた人

ymobileinfo

-ワイモバイルに乗り換え, 解説