ワイモバイルとIIJmioを併用する・デュアルSIMで利用する手順やポイント解説

2022/11/28

 

ワイモバイルとIIJmioを併用する・デュアルSIMで利用する手順やポイント解説。

ワイモバイルとIIJmioの音声eSIM/データeSIMを併用するメリット

ソフトバンク回線とドコモ回線/au回線で通信障害対策

  • ワイモバイルのSIMカード+IIJmioの音声eSIM(au回線)
  • ワイモバイルのSIMカード+IIJmioのデータeSIM(ドコモ回線)
  • ワイモバイルのeSIM+IIJmioのeSIM(au回線)
  • ワイモバイルのeSIM+IIJmioのデータeSIM(ドコモ回線)

のデュアルSIMにして利用することで、通信障害や災害が発生したときに、「通信できない」リスクを減らすことができます。

ワイモバイルはソフトバンク回線、IIJmioの音声eSIMはau回線、データeSIMはドコモ回線なので、キャリアの回線が使えれば、よっぽどのことがない限り困ることはないでしょう。

機械の故障が原因で発生するタイプの大規模障害は、3キャリアで同時に発生することはまずありえないです。

2022年7月2日にauで大規模障害が発生し、auではデータ通信や音声通話が不可能でしたが、ドコモやソフトバンクでは問題なくデータ通信や音声通話ができていました。

3キャリア同時に通信障害が発生するのは巨大地震・豪雨くらいでしょう。そんなときはもうどうしようもないです。

iPhoneでデュアルSIMの設定をする時、APN構成プロファイルの入れ替えは不要

iPhoneで、

  • ワイモバイルのSIMカード/eSIM
  • IIJmioの音声eSIM/データeSIM

を利用する場合は、モバイルデータ通信の切替にあたり、IIJmioのAPN構成プロファイルの再インストールを行う必要はありません。

格安SIMと格安SIMのデュアルSIMだと、APN構成プロファイルを何回も再インストールしないといけません。

ですが、ワイモバイルとIIJmioの組み合わせであれば、IIJmioのAPN構成プロファイルを一度入れればOKです。

IIJmioでも音声eSIMサービス開始

IIJmioでは、2022年10月25日から音声eSIMの提供が開始されています。

また、音声eSIMの提供開始にあわせて、オンラインで本人確認を完結できる仕組みである「eKYC」(株式会社Liquidの LIQUID eKYC)を導入しています。

eSIMは、スマートフォンなどの端末に通信サービスの利用に必要な加入者情報(SIMプロファイル)を遠隔で書き込める組み込み型のSIMで、端末にSIMカードを挿入することなく、eSIM対応端末にプロファイルをダウンロードするだけで、手軽に通信サービスを開始することが可能です。

これまでの物理SIMでは、IIJmioのWebサイトから音声通話機能付きSIMを申し込む場合、手元にSIMカードが届き利用開始できるまでに最短でも3~4日程度の日数かかります。

音声eSIMでは、SIMカードの配送が不要になり、さらにeKYC方式の導入により本人確認もオンラインで完結するため、最短で申し込み日に即日利用可能になります。

キャンペーンエントリーはこちらから

新どこでももらえる特典

新どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

ワイモバイルオンラインストアヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店TOPページに移動します

デュアルSIMにするデメリット・注意点

【ワイモバイル】SIMカード⇔eSIMの変更はショップにいかないとダメ(有料)

ワイモバイルで、

  • SIMカードからeSIMに変更する
  • eSIMからSIMカードに変更する

ときは、ワイモバイルショップに行かないと手続きができません。しかも有料で3300円かかります。

【ワイモバイル】eSIM再発行手数料がかかる(店舗で手続き時)

ワイモバイルのeSIMの再発行は、My Y!mobileから手続きすれば無料です。

利用端末が紛失した際などMy Y!mobileでの手続きができない場合は、店頭でのお手続きとなり、事務手数料3300円が必要です。

【IIJmio】eSIM再発行手数料がかかる

スマホAで利用しているIIJmioのeSIMをスマホBに移す場合、IIJmioでSIMプロファイル発行手数料として220円発生します。

eSIMの場合、SIMカード再発行手数料2200円は発生しません。

●設定済のアクティベーションコードを再度設定することはできません。

●再発行により、データeSIMは現在の電話番号が変更されます。なお、音声eSIMは現在の電話番号から変更されません。

iOS16より実装されている「近くのiPhone転送(電話番号を別のiPhoneから転送)」する機能はIIJmioでは対応しておりません(対応の予定はありません)。 そのため機種変更時にもご利用いただけません。

ワイモバイルの基礎知識やオススメポイント

ソフトバンク自社回線を使用

ワイモバイルはソフトバンクの自社回線を利用してサービスを提供しているため、ソフトバンクと同じ安定した速度で快適に利用できます。

格安SIM他社のソフトバンク回線だと、昼休みの時間帯や通勤時間帯は通信速度が低下しますが、ワイモバイルはいつでも高速で通信できます。

データ通信は4Gと5Gどちらも利用可能です。

シンプルM/Lならデータ容量を使い切っても1Mbpsで通信できる

ワイモバイルのデータ通信容量超過時の通信速度は、シンプルSは最大300kbps、シンプルM/Lは最大1Mbpsで利用できます。

家族で契約すれば「家族割引サービス」が利用できて、シンプルSなら月額990円から使える(2回線目以降)

ワイモバイルを家族で複数回線契約すると、2回線目以降は毎月1188円の割引が適用されます。(2回線目以降、最大9回線まで割引が適用)

シンプルSなら月額990円から、シンプルMなら月額2090円から、シンプルLなら月額2970円から利用できます。

割引は同居の家族だけでなく、遠くの親戚や同居している恋人やパートナーでも対象になります。

割引が適用されることにより、シンプルSだと月額990円から利用可能です。なお、家族割引サービスと固定回線セット割の併用はできません。

他にも、SoftBank光やSoftBank Airとワイモバイルのスマホをセットで利用するだけで月々のワイモバイル料金が1人あたり毎月最大1188円割引される「おうち割光セット(A)」などのお得な割引サービスも用意されています。

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

 

IIJmioの基礎知識やオススメポイント

ドコモ回線とau回線が選べる

IIJmioで音声SIM(物理SIMカード)を契約する場合、ドコモ回線とau回線が選べます。利用するスマホやエリアに合わせて契約回線の選択が可能です。

音声eSIMはau回線のみ提供されています。ドコモ回線の提供は一切未定です。

データ容量の翌月繰り越し・シェアが可能

IIJmioは、データ容量の繰り越し、データ容量シェア、データ容量プレゼント、通信速度切替、ギガプラン専用追加データ量に対応しています。

余ったデータ量は翌月に繰り越せるため、無駄なく使えるうえに、同一契約内のギガプランであれば最大10回線まで自由にデータ容量をシェアすることが可能です。

例えば、家族でデータ容量を分け合ったり、複数の端末で利用するなど、お客様の用途と毎月の利用状況に合わせて効率的に使えます。

データ容量繰り越し余ったデータ容量の
翌月への繰り越し可能
データ容量シェアギガプランのみ最大10回線まで、
データ容量のシェアが可能
(容量、SIM機能問わず)
データ容量プレゼント同一契約内のギガプラン回線への
データ容量移行が可能
通信速度切替高速通信/低速通信の
切り替え可能
ギガプラン専用
追加データ量
1GB 200円
(有効期限当月末
Webサイトから追加可能)

 

音声SIM/音声eSIMの料金は同額。2GBが月額850円から利用可能

IIJmioの音声SIM(物理SIMカード)と音声eSIMの月額料金は同額で、2ギガプランは月額850円で利用できます。

2ギガプラン月額850円
4ギガプラン月額990円
8ギガプラン月額1500円
15ギガプラン月額1800円
20ギガプラン月額2000円

 

データeSIMは2GBが440円から利用できる

ギガプランのデータeSIMは、月額440円から利用できます。

サブ回線は必要だけど別に音声通話はいらない!データ通信だけでいいよ!普段から家族や友達との通話にはLINEの無料通話を使ってるよ!という人は、データeSIMで契約するといいでしょう。

2ギガプラン月額440円
4ギガプラン月額660円
8ギガプラン月額1100円
15ギガプラン月額1430円
20ギガプラン月額1650円

通話定額オプションが安い

IIJmioでは3つの通話定額オプションが用意されています・。IP電話と違い電話回線を利用しているため、音質も変わらず安心して使えます。

なお、通話定額オプションの無料通話を利用する場合は、「みおふぉんダイアルアプリ」を使って電話を発信する必要があります。

みおふぉんダイアル
通話定額5分+
みおふぉんダイアル
通話定額10分+
みおふぉんダイアル
かけ放題+
月額料金税込500
税込700
税込1,400
国内通話1回5分以内の
国内通話無料
1回10分以内の
国内通話無料
無制限で
国内通話無料
超過分
通話料金
超過時は税込11円/30秒
同一mioID内通話の場合、
税込8.8円/30秒(税抜8円/30秒)

IIJmio公式サイトはこちらから!

IIJmioの公式サイトはこちらから!

IIJmio公式サイトに移動します

SIMフリー/SIMロック解除済みの、以下の条件に一致するスマホを用意する

【選択肢①】eSIM対応iPhone

eSIM対応iPhoneには、

  • SIMカード+eSIMのデュアルSIMが利用できるiPhone
  • SIMカード+eSIMのデュアルSIM、eSIM+eSIMのデュアルSIMが利用できるiPhone

の2種類が存在します。

SIMカード+eSIMのデュアルSIMで利用する場合は、ワイモバイルとpovo2.0でSIMカード/eSIMを契約してください。

eSIM+eSIMのデュアルSIMで利用する場合は、ワイモバイルとpovo2.0でeSIMを契約してください。

eSIM対応iPhone

製品名対応している
組み合わせ
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
SIMカード+eSIM
iPhone 11シリーズSIMカード+eSIM
iPhone SE(第2世代)SIMカード+eSIM
iPhone 12シリーズSIMカード+eSIM
iPhone 13シリーズSIMカード+eSIM
eSIM+eSIM
iPhone SE(第3世代)SIMカード+eSIM
eSIM+eSIM
iPhone 14シリーズSIMカード+eSIM
eSIM+eSIM

 

【選択肢②】SIMスロット2つ搭載しているAndroidスマホ

SIMカードスロットを2つ搭載しているAndroidスマホを用意して、ワイモバイルとpovo2.0でSIMカードを契約してください。

SIMスロットが2つあるAndroidスマホ

  • ASUS ZenFone 7, Zenfone 8など
  • SONY Xperia 1 III, Xperia 5 IIIなど
  • OPPO Reno5 A,など
  • Xiaomi Redmi Note 9S, Mi Note 10 Liteなど

【選択肢③】SIMカードとeSIM対応のAndroidスマホ

SIMカードとeSIMに対応しているAndroidスマホを用意して、ワイモバイルとpovo2.0でSIMカードとeSIMを契約してください。

SIMカードとeSIM対応のAndroidスマホ

  • Google Pixelシリーズ
  • AQUO wish, AQUOS sense6, AQUOS zero6など
  • OPPO Reno5 A, OPPO A73, OPPO A55s 5Gなど
  • Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5Gなど
  • Motorola moto g52j 5Gなど

【注意】ワイモバイルで購入したeSIM対応iPhoneを使うなら、SIMロック解除手続きが必要

ワイモバイルで購入したeSIM対応iPhoneに、IIJmioのeSIMを入れて利用する場合は、iPhoneのSIMロック解除手続きが必要です。

IIJmioを契約する前に、My Y!mobileなどでSIMロック解除手続きをしてください。

IIJmio公式サイトはこちらから!

IIJmioの公式サイトはこちらから!

IIJmio公式サイトに移動します

IIJmio側でデュアルSIMの設定方法が詳しく解説されている

デュアルSIM対応端末にて他社のSIMと併用する場合(初期設定手順) | 格安SIM/格安スマホのIIJmioにて、この記事で設定方法を説明する必要がないくらい詳しく解説されています。

iPhoneでワイモバイルとIIJmioのデュアルSIMにして利用するときは、先にワイモバイルのSIMカードやeSIMを入れておいて、その後IIJmioのeSIMをインストールするようにしましょう。

キャンペーンエントリーはこちらから

新どこでももらえる特典

新どこでももらえる特典エントリーページに移動します

ワイモバイル(公式)はこちらから

ワイモバイルオンラインストア

ワイモバイルオンラインストア(公式)に移動します

ワイモバイルオンラインストアヤフー店はこちらから

ワイモバイルオンラインストアヤフー店

ワイモバイルオンラインストアヤフー店TOPページに移動します

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

UQモバイルのSIMカード/eSIM契約でau PAY残高還元!スマホは最大2万200円値引き!

  • eSIMで契約すると最短45分でUQモバイルが開通!SIMカードは間に合わなくてもeSIMなら間に合うかも?
  • SIMのみ契約するとau PAY最大1万3000円相当還元!
  • 他社から乗り換え+増量オプションⅡ加入でiPhoneが最大2万2000円割引!
  • auでんきやauのインターネットサービス(ネット+電話)を利用している人は自宅セット割が適用!1人でも最安で月額990円から利用可能!

ahamoがオススメ

  • ドコモの高品質な4G/5Gネットワークが利用できる
  • 基本料金月額2970円(機種代金別途)
  • 月間データ容量20GB
  • 国内通話5分無料付き(超過後は22円/30秒)
  • SIMカード/eSIMのみで契約できるし、スマホとSIMを購入も可能

  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-解説