Snapdragon 820搭載の「Xperia X Performance」発表。日本市場にも投入

投稿日:

Xperia X Performance Colours

Snapdragon 820搭載の「Xperia X Performance」が発表されました。

ソニーモバイルコミュニケーションズは2016年2月22日、スペイン・バルセロナで開催されているMWC2016にてXPERIAの新ブランド「XPERIA X」のフラッグシップモデル「Xperia X Performance」を発表しました。

スペックは以下の通り。

製品名Xperia X Performance
メーカーソニーモバイルコミュニケーションズ
OS(発売時点)Android 6.0
ディスプレイ5インチ
解像度1920×1080, FullHD
SoCSnapdragon 820
グラフィックス機能Adreno 530
メインメモリ(RAM)3GB
ストレージ(ROM)32GB
外部メディア規格microSDXC(最大200GB迄対応)
カメラ(背面)2300万画素
カメラ(背面)1300万画素
Wifi対応
通信速度(受信時最大/送信時最大)不明(LTE Cat9対応)
VoLTE不明
BluetoothBluetooth 4.2
おサイフケータイ不明
生体認証指紋センサー
ワンセグ/フルセグ不明
バッテリー容量2700mAh(QC2.0)
幅(W)×高さ(H)×厚さ(D)144.78×71.12×8.7mm
重量約165g
本体カラーホワイト
グラファイトブラック
ライムゴールド
ローズゴールド

 

Xpeira Z5ではオクタコアのSnapdragon 810でしたが、Xperia  X PerformaceクアッドコアのSnapdragon 820を搭載。コア数は減少していますが処理性能は2倍、電力効率が向上しています。バッテリー容量は2700mAh。Quick Charge 2.0による急速充電が可能で、10分の充電で5.5時間利用可能。

カメラ性能も大きく向上し、背面カメラで2300万画素、前面カメラで1300万画素になっています。ソニーのデジタル一眼カメラαのエンジニアとの共同開発により、新たにPredictive Hybrid Autofocus(先読みオートフォーカス)機能を搭載。被写体の動きを予測することで、正確に被写体を捉え、ブレのない美しい映像の撮影を可能にします。

日本市場への投入が発表されているため、VoLTE、おサイフケータイ、ワンセグ・フルセグにも対応するものと思われます。通信速度も不明ですが、LTE Cat9に対応しているため、理論上は下り最大452.2Mbps、上り最大51Mbpsでの通信が可能なので、docomo, au, SoftBankでのその時点で最速の通信速度に対応すると思われます。

電源ボタン部分が指紋センサーになっていますがこれには賛否両論ありますね。

カラーバリエーションはホワイト、グラファイトブラック、ライムゴールド、ローズゴールドの4色で、ヘアライン加工はホワイトとグラファイトブラックにのみ施されます。





Y!mobileの音声SIMカード申込で月額料金割引実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-スマートフォン, ニュース
-

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.