WDがNVMe M.2 SSD「WD Black PCIe SSD」発表。読込2050MB/sを実現

wds512g1x0c-1

WDがNVMe M.2 SSD「WD Black PCIe SSD」を発表しました。

     

Western Digitalは2017年1月4日、同社では初となるNVMe M.2 SSD「WD Black PCIe SSD」を発表しました。1月下旬より国内販売も開始される模様です。価格はオープンプライス。

2017年3月10日頃に国内(秋葉原のPCパーツショップ)で発売開始されました。価格は256GBモデルが1万5500円、512GBモデルが2万6800円。

スペックは以下の通り。

製品名
インターフェース
PCIe Gen3x4
フォームファクタ
M.2 2280
容量 512GB 256GB
シーケンシャルリード 2050MB/s 2050MB/s
シーケンシャルライト 800MB/s 700MB/s
ランダムリード 170000 IOPS 170000 IOPS
ランダムライト 134000 IOPS 130000 IOPS
MTTF 175万時間
TBW 160TBW 80TBW
重量 7.2g
保証期間 5年間
製品公式 WD Black PCIe SSD | Western Digital (WD)

 

wds512g1x0c

256GBモデルと512GBモデルの2モデルが用意されていますが、容量によるスペックの違いはほとんどありません。

シーケンシャルリード2050MB/s、シーケンシャルライト最大800MB/sとSamsung 960 PROなどの一級品と比較すると劣ってしまいますが、それでもSATA SSDと比較するとかなり高速です。2.5インチSSDのときよりも転送速度は間違いなく短縮されるはずです。

ただ取り付けてベンチマークしてスコアに満足して終わり、という人よりかは画像編集ソフトなど作業用ファイル置き場などにしてガッツリ使うという人に向いているんじゃないでしょうか。

 



Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-SSD, ニュース
-,

© 2020 公安9課