公安9課

*

PlayStation Now for PCが3月21日開始。必要なものやスペックまとめ

   

PlayStation Now for PC

PlayStation Now for PCが3月21日開始。必要なものやスペックまとめ。

PlayStation Nowとは

PlayStation Nowは、クラウドサーバーに格納された幅広いジャンルのPlayStation 3タイトルを、さまざまな対応デバイスからネットワーク経由で遊ぶことができるストリーミングゲームサービス。

ゲームデータの情報は専用のサーバーで管理されており、ユーザーへストリーミング方式でゲームデータを配信しています。そのため、ゲーム機本体や対象機器(PC)にデータをダウンロードする必要がありません。

オンラインマルチプレイ、トロフィー、テキストメッセージの送受信など、PlayStation Networkの各種機能にも対応しています。

2017年3月21日より、Windows PC向け対応サービスとして「PlayStation Now for PC」がスタートします。

PS3本体・PS4本体は不要。デスクトップPCやノートPCからでも、PS Nowで配信している180本以上のPS3タイトルが楽しめるようになります。

必要なもの・環境

  • 推奨スペックのWindows PC
  • ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)(USBケーブル接続またはDUALSHOCK4 USBワイヤレスアダプター接続)、もしくはワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 3)(USBケーブル接続)
  • DUALSHOCK 4 USBワイヤレスアダプター(DUALSHOCK 4を無線接続する場合)
  • 5Mbps以上のインターネット接続
  • Sony Entertainment Network アカウント
  • PS Now定額制サービス、または7日間無料体験への加入
  • 「PS Now for PC アプリ」のインストール

定額制サービスは、1ヶ月利用権が2315円+税、3ヶ月利用権が5463円+税になっています。

Windows PC向けの「PlayStation Now for PC」では、PS Nowのレンタルサービスは利用できません。

配信されているタイトルの一覧はゲームソフト検索 | プレイステーション® オフィシャルサイトから。

Windows PCの推奨スペック

  • 次のいずれかのOSがインストールされているパソコン
    Windows 7 SP1、8.1または10(32ビット版または64ビット版)
  • 300 MB以上のストレージ空き容量
  • 2GB以上のRAM
  • 3.5 GHz Intel Core i3または3.8 GHz AMD A10以上のプロセッサ
  • サウンドカード
  • USBポート

OSやメモリ、ストレージ容量などは問題ないという人が多いでしょうが、要求されるCPUが高スペックになっています。

Intel AtomやCeleronを搭載した「なんかやたらと安いノートパソコン」「3万円程度しかしないノートパソコン」でプレイするのは厳しいかもしれません。

マウスやキーボードでのゲームプレイは不可能

メニュー画面での操作はマウスではできますが、ゲームプレイ自体は接続したコントローラーのみの操作となります。

ゲーム画面はフルスクリーン表示・ウィンドウ表示が可能なので、1つのモニター上にゲームのウィンドウと攻略サイトを並べてプレイするということも可能です。

DUALSHOCK 4での無線接続にはUSBワイヤレスアダプターが必要

PS-USB-WirelessAdapterDUALSHOCK 4での無線接続にはDUALSHOCK4 USBワイヤレスアダプターが必要になります。有線で接続するという人は買う必要はないです。

 

 




Y!mobileでは音声SIM申し込みでキャッシュバックが貰えるキャンペーンを実施中です!


  「PlayStation Now for PCが3月21日開始。必要なものやスペックまとめ」をSNSでシェア



  関連記事



PREV
ドスパラより8インチタブレット「raytrektab DG-D08IWP」発売。ペンはワコムの技術を採用
NEXT
Intel CPU Core i7とCore i5とCore i3の性能の違いについてと比較

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。