UQモバイルでiPhone 11 Pro Maxを使う方法や乗り換え手順を解説

2019/09/22

UQモバイルでiPhone 11 Pro Maxを使う方法や乗り換え手順を解説。

UQモバイルはキャリア版/SIMフリー版iPhone 11 Pro Maxが使えます

お手持ちのiPhone 11 Pro Max、もしくはこれから購入予定のiPhone 11 Pro Maxでも、UQモバイルを利用することが出来ます!

キャリア回線を利用するよりもUQモバイルは月額料金が圧倒的に安くなります。

ここでは、iPhone 11 Pro MaxでUQモバイルを利用する際の手順、条件、キャリア回線利用時とどのくらい月額料金に差があるのかを解説します。

UQモバイルでiPhone 11 Pro Maxを使うまでの手順

  1. iPhone 11 Pro MaxがUQモバイルで使えるか確認する
  2. SIMロック解除が必要ならSIMロックを解除する
  3. 契約に必要なものを揃える。MNPならMNP予約番号を発行
  4. UQモバイルに申し込む
  5. APN設定して利用開始

iPhone 6s以降のiPhoneはどのキャリアのものでもUQモバイルで使えます

ドコモ/au/ソフトバンクから2015年5月以降に発売された、SIMロック解除に対応しているのiPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE以降のすべてのiPhoneは、SIMロックを解除すれば、購入したキャリア以外の回線をすべて使えるようになります。

たとえばドコモで購入したiPhoneは、SIMロックがかかっているときはドコモ回線しか使えないようになっています。

auやソフトバンクで購入したiPhoneも同じで、SIMロックを解除していないときはau回線/ソフトバンク回線しか使えないようになっています。

しかしSIMロックを解除すれば、ドコモ回線はもちろんのこと、au回線やソフトバンク回線も使えるようになります。

auやソフトバンクで購入したiPhoneも同じで、SIMロックを解除すればドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線を使えるようになります。

au版iPhone 11 Pro MaxであればSIMロックを解除しなくてもUQモバイル利用可能

2017年8月1日以降に販売されたauスマートフォンにau回線系格安SIMを挿して使う場合は、iPhoneのSIMロックを解除しなくてもau系格安SIMが利用できます。

iPhone 11 Pro Maxは2019年9月20日に発売されています。UQモバイルはau回線を使用した格安SIMです。

つまり、au版iPhone 11 Pro MaxにUQモバイルのSIMを挿す場合は、SIMロックを解除しなくてもUQモバイルのSIMが利用できます。

ただし、SIMロックを解除すればドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線にフル対応するので、UQモバイルへの乗り換え前にSIMロックを解除しておくことをオススメします。

UQモバイルでiPhone 11 Pro Maxを使うには

まずは現在利用中のiPhoneがUQモバイルで使えるかどうか確認する必要があります。

なお、UQモバイルではSIMフリー版/ドコモ版/au版/ソフトバンク版iPhone 11 Pro Maxで動作確認が実施されています。

ドコモ版/au版/ソフトバンク版iPhone 11 Pro MaxにUQモバイルのSIMを挿して利用する場合は、SIMロックの解除が必要・不要な組み合わせがあります。

これからiPhoneを調達するならどこで買えばいい?

  • Apple Store(実店舗またはオンライン)
  • ゲオなどの中古端末販売店
  • ヤフオク
  • メルカリ

UQモバイルでのiPhone 11 Pro Maxの動作確認状況

データ通信音声通話
SMS
テザリング
SIMフリー版iPhone 11 Pro Max
ドコモ版iPhone 11 Pro Max
au版iPhone 11 Pro Max
ソフトバンク版iPhone 11 Pro Max

SIMロックの解除が「不要」な組み合わせ

  • SIMフリー版iPhone 11 Pro Maxに、UQモバイルのSIMを挿す
  • au版iPhone 11 Pro Maxに、UQモバイルのSIMを挿す

この組み合わせであれば、iPhone 11 Pro MaxのSIMロックを解除しなくてもUQモバイルのSIMが利用できます。

SIMロックの解除が「必要」な組み合わせ

  • ドコモ版iPhone 11 Pro Maxに、UQモバイルのSIMを挿す
  • ソフトバンク版iPhone 11 Pro Maxに、UQモバイルのSIMを挿す

この組み合わせの場合は、iPhone 11 Pro MaxのSIMロック解除が必要です。

SIMロックを解除すればUQモバイルのSIMが利用できるようになります。

UQモバイルのSIMを挿しても音声通話・データ通信・テザリングはできます

SIMフリー版/ドコモ版/au版/ソフトバンク版iPhone 11 Pro Maxは、UQモバイルのSIMを挿しても音声通話・データ通信・テザリングが可能です。

2018年10月31日より、すべてのiPhoneでテザリングができるようになっています。また、テザリングを利用するための月額料金は無料です。

一昔前までは、「UQモバイルに乗り換えるとiPhoneでテザリングができない!」と怒っておられる方もいらっしゃいましたが、今はテザリングOKです。

UQモバイルで提供されている有料メールアドレス「○○○@uqmobile.jp」が利用不可

iPhone 11 Pro Maxは、UQモバイルで有料で提供されているメールアドレス「○○○@uqmobile.jp」が利用不可です。(2019年7月3日現在)

Gmailなどのフリーメールは問題なく利用可能です。

UQモバイルでは自分で調達したiPhoneに対してかけられる補償サービスはありません

UQモバイルでは、自分でiPhoneを用意してSIMカードのみを契約するときに加入できる補償サービスやオプションはありません。

SIMフリー版iPhoneを購入してUQモバイルを契約するなら、Apple Storeなどで購入するときにApple Care+に加入しておくことをオススメします。

UQモバイルでiPhone 11 Pro Maxを使うなら「マルチSIM」で申込

UQモバイルでiPhone 11 Pro Maxを使うなら、UQモバイルでは「VoLTE用マルチSIM(mini/micro/nano)」で申し込んでください。

マルチSIMについて解説

 

UQモバイルのマルチSIMは、この画像のようにSIMカードの台紙から「自分で任意のSIMサイズに切り取る」ようになっています。

マルチSIMのSIMカードの台紙からは、通常SIM(大)>microSIM(中)>nanoSIM(小)の3つの大きさに切り取ることができます。

iPhoneのSIMサイズは「nanoSIM」なので、マルチSIMカードを自分でnanoSIMサイズに切り取って利用します。

nanoSIMサイズは、SIMカードサイズの中では一番サイズが小さいので、切り取る際に失敗してしまうことは絶対にありません。

格安SIM乗り換え時の注意点

違約金が発生する

2年縛りの途中でキャリアを解約したり、キャリアから格安SIMに乗り換えると1万円近い違約金が発生します。

ドコモ/au/ソフトバンクでは、解約するときに違約金が発生しない期間が3ヶ月間設けられています。その3ヶ月間で格安SIMに移動すると違約金が発生しないので費用を抑えることができます。

キャリアメールが使えなくなる

格安SIMに乗り換えると、「◯◯◯@docomo.ne.jp」、「◯◯◯@ezweb.ne.jp」、「◯◯◯@softbank.ne.jp」といったキャリアメールアドレスが利用できなくなります。

GmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスは問題なく利用できるので、格安SIMに乗り換える際にはフリーメールアドレスで申し込みましょう。

また、Webサービスをキャリアメールアドレスで登録している場合は、格安SIMに乗り換える前にフリーメールアドレスに変更しておきましょう。

  • 古いメールアドレス(キャリアメールアドレス)から新しいメールアドレス(フリーメールアドレス)に変更するときに、
  • 古いメールアドレスに「このURLから新しいメールアドレスを登録してください」
  • というメールが送られてくることがある
  • キャリアメールアドレスで登録しているとそのメール自体が届かない
  • メールアドレスの変更が永遠に不可能になる
  • こうならないように注意してください

端末代金支払いが残っていたら支払いは継続

キャリアから格安SIMに乗り換えるときに、キャリアで購入した端末の端末代金の支払いが終了していない場合は、キャリアから格安SIMに乗り換えても端末代金の支払いは継続します。

格安SIMに乗り換えたからといって、端末代金の支払いがチャラになるようなことは絶対にありません。

たとえば、auでiPhone 8を24回払いで購入し、端末代金の支払いが残り12回のときに格安SIMに乗り換えた場合は、格安SIMに乗り換えても残り12回分の支払いは継続します。

LINEのID検索ができない

格安SIMではLINEのID検索が不可能です。(例外としてLINEモバイルだけは可能)

LINEのID検索機能には年齢認証が必要で、18歳未満のユーザーはID検索が利用できないようになっています。

ドコモ/au/ソフトバンクでは年齢認証システムが用意されていますが、格安SIMだと年齢認証システムがないので18歳未満かどうかの判別ができません。

UQモバイルのSIMを申し込むときの手順

手順

  1. UQモバイルの音声通話SIMを挿して使いたいiPhoneが動作確認されていることを確認
  2. iPhoneのSIMロックを解除しておく
  3. 今契約している携帯電話会社でMNP予約番号を取得する
  4. 本人確認書類などを用意してUQモバイルの音声通話SIMを申し込む
  5. 数日で手元にUQモバイルの音声通話SIMが届く

step
1
UQモバイルで使いたいiPhoneが動作確認されているかを確認する

UQモバイルで使いたいiPhoneがUQモバイルで動作確認されているかを、動作確認端末一覧│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)を見てしっかり確認してください。

step
2
iPhoneのSIMロックを解除しておく

UQモバイルに乗り換える前に、今使っているiPhoneのSIMロックを解除しておきましょう。

iPhone 6s以降の全てのiPhoneはSIMロック解除に対応しており、SIMロックを解除することでドコモ/au/ソフトバンク回線にフル対応します。

今後スマホを売るときにもSIMロックを解除しておけば、SIMロック未解除のものよりも少しは高く売れるでしょう。

SIMロック解除でかかる費用

Web上で解除ショップで解除
ドコモ無料
(My docomo)
3000円
au無料
(My au)
3000円
ソフトバンク無料
(My SoftBank)
3000円

SIMロック解除にかかる費用は、Web上で行えばどのキャリアにおいても無料です。

ドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップでもSIMロック解除でも行うことは可能ですが、3000円の手数料がかかります。

また、キャリア解約後にSIMロック解除する場合、大抵がキャリアショップでしかSIMロック解除を受付していないので、キャリア解約・乗り換え前にSIMロック解除しましょう。

step
3
MNP予約番号を取得する

ドコモ/au/ソフトバンクでMNP予約番号を取得してください。MNP予約番号の有効期限は15日間です。

MNP予約番号の発行方法

  • ドコモ : My docomo、ケータイなら151に電話、一般電話なら0120-800-000に電話
  • au : My au、ケータイ・一般電話なら0077-75470に電話
  • ソフトバンク : My SoftBank、ケータイなら*5533に電話、一般電話なら0800-100-5533に電話
  • MNP予約番号の発行受付は9時から20時まで

step
4
必要なものを用意してUQモバイルのSIMを申し込む

本人確認書類などの必要なものを用意してUQモバイルを申し込みましょう。

なお、iPhoneにUQモバイルのSIMを挿して利用したい人は「マルチSIM」で申し込んでください。

申し込み及び本人確認終了後、本人確認書類に記載された住所宛に最短即日でSIMやスマホが発送されます。

申し込みで必要なもの

  • 契約者本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • メールアドレスと電話番号
  • MNP予約番号

ドコモ/au/ソフトバンクで提供されているキャリアメールアドレスは、キャリア解約後はメールの送受信が一切できません。フリーメールアドレスを取得して申し込んでください。

本人確認書類は運転免許証などを用意しておきましょう。

UQモバイルのSIMが手元に届いてからの手順

手順

  1. iPhoneにUQモバイルのSIMを挿す
  2. 現在契約している携帯電話会社からUQモバイルに回線を切り替える
  3. APN設定をする

SIMカードを入れ替える、回線切替をする、APN設定をする、の順番は自由です。別に正解はないので好きな順番でやってください。

この順番でやらないとダメ!とか、この順番でやらないと損害が発生する!とかいうのはありません。

iPhoneから他社のSIMを抜いてUQモバイルのSIMを挿す

スマートフォンにSIMカードを挿すときどうればいいのかわからない人も中にはいるかと思いますが、思っているよりはるかに簡単なものです。

カメラのSDカードを入れ替えるときと同じです。本当に何も難しいことはないです。

用意するもの

  • スマートフォン
  • SIMピン(クリップでも代用可能)

SIMピンはスマートフォンの箱の中に絶対入っています。なかったらAmazonとかで購入してください。

SIMカードの挿し方(iPhoneの場合)

まずはiPhoneの電源を切ります。

iPhoneは本体の右側にSIMカードスロットがあります。本体右側を見るとなんか小さい穴があるので、その穴にSIMピンを奥まで挿します。

 

奥まで挿すとSIMカードスロットを取り出すことができます。

もともと入っていたSIMカードをSIMカードスロットから取り外して、UQモバイルのSIMカードをSIMカードスロットに装着します。

SIMカードには切り欠きがあるので一方向にしか収まりません。

SIMカードスロットにSIMカードを装着し終わったら、さきほどSIMカードスロットを取り外したときと同じ向きでiPhoneにSIMカードスロットを挿します。これで終わりです。

SIMカードを挿した後は電源を入れて、画面の指示に従ってApple IDとパスワードを入力してください。

回線切替の手順

今契約している携帯電話会社からUQモバイルの回線に切り替えるために、「回線切替」という作業が必要になります。

もしも自分で回線切替を実施しない場合は、出荷日+7日で自動的に回線切替が完了します。回線切替完了後は携帯電話会社の圏外および自動解約されます。

たとえばドコモからUQモバイルに乗り換えるためにUQモバイルのSIMを申し込み、12月25日に回線切替をした場合は、回線切替完了後にドコモが圏外になり、12月25日付でドコモが自動解約されます。

step
1
my UQ mobileにログイン

step
2
トップ画面の「お申し込み状況一覧」ボタンをタップ

step
3
現在の申込状況が表示されるので、「回線切替」をタップ

step
4
「実行する」ボタンをタップする

step
5
回線切替受付完了

iPhone側で必要なAPN設定プロファイルのインストールの流れを解説

かんたんな流れ

  • UQモバイルのAPN設定プロファイルの配布ページにアクセス
  • APN設定プロファイルをインストールする
  • 機内モードオン・オフ、iPhoneの再起動、モバイルデータ通信のオン・オフなどをする
  • WiFiをオフにしてブラウザアプリで適当なページを開いてみたり、時報などにかけたりしてUQモバイル回線でデータ通信や音声通話が利用できることを確認する
  • おわり

step
1
APN設定プロファイルをインストールする

iPhoneのWi-Fiをオンにしてインターネットができる状態にしたら、iOS製品の設定方法│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)にアクセスしてください。

こちらのURLにアクセスしてください。

iPhone 6以降のすべてのiPhoneはこのURLからAPN設定プロファイルのインストールが可能です。iPhone 11/11 Pro/11 Max Proも大丈夫です。

「このWebサイトは~」というポップアップが表示されるので「許可」をタップ。

 

プロファイルのインストール画面が表示されるので、「インストール」をタップ。

その後パスコードの入力を要求されるので、パスワードを入力。

承諾画面になるので「次へ」をタップ。

警告画面が出てなんか脅されているような文章が出ますが気にせずに「インストール」をタップ。

 

また「インストール」をタップ。

「完了」をタップするとAPN構成プロファイルのインストールが完了します。これでiPhone上での設定は終わりです。

step
2
機内モードやデータ通信のオンオフをすると通信可能に

あとは機内モードやモバイルデータ通信をオン・オフすると4G表示になります。また、左上のキャリア表示が「UQ mobile」になります。

SIM入れ替え、回線切替、APN設定の順番は自由ですが、この順番でやるとスムーズです

  1. 回線切替をする
  2. SIMカードを入れ替える
  3. APN設定をする

step
1
回線切替をする

my UQ mobileで回線切替手続きをすると、現在利用中の携帯電話会社からUQモバイルに回線が切り替わります。

回線切替手続きをすると、現在利用中の携帯電話会社の電波がすぐに圏外になります。

UQモバイルに回線が完全に切り替わるまでには30分程度かかります。この切替にかかる時間でSIMカードの入れ替えとAPN設定をします。

step
2
SIMカードを入れ替える

利用中の携帯電話会社の回線(電波)が圏外になったことを確認したら、iPhoneの電源をオフにして、いまiPhoneに刺さっているSIMカードを抜いて、UQモバイルのSIMカードを挿しましょう。

SIMカードを入れ替えたあとにまた電源をオンにしましょう。このとき、アクティベーションといってApple IDとパスワードの入力を求められることがあります。

求められたら入力してください。入力したらホーム画面に移動します。

step
3
APN設定をする

iPhoneが起動したら、UQモバイルのページからAPN設定プロファイルをiPhoneにインストールしてください。

インストールして、回線がUQモバイルに完全に切り替わると、iPhoneでデータ通信や音声通話ができるようになります。

APN設定後や回線切替後は、4G/LTE表示になってくれないことがあります。そのときは、機内モードのオン・オフ、モバイルデータ通信のオン・オフ、iPhoneの再起動を行いましょう。

そうすると、4G/LTE表示になっているはずです。

格安SIM乗り換え時によくあるトラブル

APN設定をしていますか?

スマホでデータ通信をするためにはAPN設定が必要です。スマホに格安SIMのSIMカードを挿すだけじゃダメなんです。

APN設定をしていなくても音声通話はできるので、なにか深刻な問題が発生していると勘違いしている人がたまにいます。

音声通話はできるけどデータ通信ができない、というときはだいたいAPN設定をしていません。

APN設定をしたのにデータ通信できない!という人は、機内モードのオンオフをしてみる、モバイルデータ通信がオフになっていないか確認する、スマホを再起動する、などをやってみましょう。

回線切替しましたか?

キャリアの回線から格安SIMの回線に切り替えるために必要な「回線切替手続き」「MNP切り替え」はしていますか?

回線切替をしていないのに、スマホに刺さってるキャリアのSIMを抜いて格安SIMを挿しても音声通話やデータ通信は絶対にできません。

スマホのSIMロックは解除していますか?

スマホのSIMロックを解除していることを確認してください。

なお、スマホと回線の組み合わせによってはSIMロックを解除しなくても格安SIMを利用できます。

  • ドコモから販売されたスマホ+ドコモ回線の格安SIM
  • 2017年8月1日以降に販売されたauのスマホ+au回線の格安SIM
  • 2017年8月1日以降に販売されたソフトバンクのスマホ+ソフトバンク回線の格安SIM

この組み合わせであれば、SIMロックを解除しなくても格安SIMを利用できます。

まとめ

お手持ちのiPhoneのSIMロック解除手続きの有無を確認しつつ、月額料金をお得にiPhoneを利用しましょう!

【必見】UQモバイルではキャッシュバックor本体代金割引(スマホ値引き)実施中

UQモバイル公式オンラインショップでは、SIMやスマホを契約する人を対象にしたキャッシュバックキャンペーンやスマホ本体代金割引キャンペーンを実施しています。

申し込み窓口公式オンラインショップ
SIM+新規契約3000円キャッシュバック
SIM+MNP転入1万円キャッシュバック
スマホ+新規契約本体代金割引(値引き)
(全スマホ対象)
スマホ+MNP転入本体代金割引(値引き)
(全スマホ対象)
キャンペーン対象プランスマホプランS/M/L

キャンペーンの詳細や申し込みは以下の記事を御覧ください。

【公式オンラインショップ】に移動します

 

UQモバイルで使えるiPhoneまとめ

APN設定の記事

iPhone 6/iPhone 6 Plus

iPhone 6s/iPhone 6s Plus/iPhone SE

iPhone 7/iPhone 7 Plus

iPhone 8/iPhone 8 Plus/iPhone X

iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XR

iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Max





Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら
ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

センスのないヘッダーとか描いたりアイキャッチ作ったり画像編集したりたまに記事書いてます。

-iPhone, UQ mobile
-,

Copyright© 公安9課 , 2020 All Rights Reserved.