Thermaltakeから全高17mmのロープロファイルCPUクーラー「Engine 17」発売

Thermaltakeから全高17mmのロープロファイルCPUクーラー「Engine 17」が発売されます。

     

株式会社アスクは2018円7月6日、Thermaltake社製のCPUクーラー「Engine 17」を7月13日より発売することを発表しました。想定市場価格は税抜4980円前後。

Engine 17のスペックは以下の通り。

製品名 Engine 17
材質 アルミニウム、銅
ファン 60mm ファン×1(PWM対応)
ファン回転数 1,500~2,500rpm
風圧 2.4mmH2O
風量 8.9CFM
ノイズレベル 11~23dBA
定格電圧 12V
定格電流 0.25A
入力 3W
コネクタ 4ピン
ファン寿命 50,000時間
本体サイズ 91.5(L)×91.5(W)×17±1(H) mm
重量 205g
対応CPUソケット Intel:LGA1156/1155/1151/1150

Engine 17は全高をわずか17mmに抑えた、ロープロファイル設計を採用。小型PCやPOSターミナル、1Uラックマウントサーバーなど、スペースの限られたシステムへの組み込みに最適です。

アルミニウム素材を採用する60mmファンを搭載。40枚のブレードが回転することにより生まれる遠心力を利用して、CPUから発生する熱を押し出し新鮮な空気を取り込むと同時に、ノイズや振動を抑制して優れた静音性を実現しています。

狭い間隔で119のフィンを並べたラジアルフィンを搭載。ファンからの排熱を素早く効率的に外へ放出することにより、優れた冷却性能を実現しています。



Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

センスのないヘッダーとか描いたりアイキャッチ作ったり画像編集したりたまに記事書いてます。

-CPUクーラー, ニュース
-,

© 2020 公安9課