テックウインドのキーボードPCが2月13日発売。予約受付も開始

投稿日:

WP004-BK

テックウインドのキーボードPCが2月13日発売されます。

2015年12月15日に発表され、1月中旬頃発売予定とされていたテックウインドのキーボードPC「キーボードPC WP004」ですが、予約受付が2月2日よりスタートしています。発売日は2月31日で、価格は2万1384円。

キーボードPCのスペックは以下の通り。

品名キーボードPC
型番WP004-WH(ホワイト)
WP004-BK(ブラック)
テックウインド型番TKW-ODMWP004-WH(ホワイト)
TKW-ODMWP004-BK(ブラック)
OSWindows 10 Home 32bit
プロセッサIntel Atom プロセッサー Z3735F
メモリ2GB(DDR3L)
ストレージ容量32GB
無線LANあり(IEEE 802.11 b/g/n準拠)
Bluetoothあり(Bluetooth 4.0 LE)
キーボードフルサイズ86キー 日本語キーボード
トラックパッド搭載
【インターフェース】
カードリーダーmicroSD、microSDHC、microSDXC(最大64GB)
USBフルサイズUSB2.0×2(Type A)
オーディオマイクロホン / ヘッドフォン・3.5mm コンボジャック ×1
ディスプレイHDMI出力×1
VGA出力×1
その他ポートRJ45(有線LAN)ポート×1
電源ポート
本体色ホワイト・ブラック
本体重量約288g
本体サイズ287mm(幅)×125mm(高さ)×26.5mm(厚み)
電源5V 2A
付属品ACアダプター、製品マニュアル

 

CPUはIntel ATom Z3735F、メモリ2GB、ストレージ32GBと、スティック型PCとスペックは大して変わりはありませんが、キーボードPCは本体が大きいだけあってインターフェース類が充実しています。

キーボードPCはキーボードだけでなく本体手前にタッチパッドが配置されています。スティック型PCのようにマウスやキーボードを別で用意しなくても、キーボードPCであれば単体で基本的な操作が可能です。

ま キーボードPCは製品の表面積が広い分、スティック型PCと比較して放熱性に優れており冷却ファンを搭載していません。そのためほぼ無音状態で稼働出来る ので静音性を求める環境に最適です。インターフェース類もUSB2.0ポート2つ、カードリーダー、マイクロフォン/ヘッドフォンコンボジャック、 HDMI端子・VGA端子、有線LANポート、電源ポートを搭載しています。

スティック型PCは小さいですが、スティック型PCだけでは何も出来ないのでマウスとキーボードが必要になります。キーボードPCはスティック型PCよりも大きいですが、タッチパッドとキーボードがついています。

 





Y!mobileの音声SIMカード申込で月額料金割引実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-ニュース
-,

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.