テックウインドが「キーボードPC」発表。2016年1月中旬発売予定

投稿日:

tekwind-keyboard-pc

テックウインドが「キーボードPC」を発表しました。

テックウインドは2015年12月15日、家庭・ビジネス・デジタルサイネージ・POS端末・教育現場・コールセンター向け端末などあらゆるシーン利用できる「キーボードPC WP004」を発売すると発表しました。

キーボードPCはOSにWindows 10を搭載し、パソコンとキーボードが一体化したキーボード型デバイス。発売日は2016年1月中旬を予定しています。

キーボードPCのスペックは以下の通り。

品名キーボードPC
型番WP004-WH(ホワイト)
WP004-BK(ブラック)
テックウインド型番TKW-ODMWP004-WH(ホワイト)
TKW-ODMWP004-BK(ブラック)
OSWindows 10 Home 32bit
プロセッサIntel Atom プロセッサー Z3735F
メモリ2GB(DDR3L)
ストレージ容量32GB
無線LANあり(IEEE 802.11 b/g/n準拠)
Bluetoothあり(Bluetooth 4.0 LE)
キーボードフルサイズ86キー 日本語キーボード
トラックパッド搭載
【インターフェース】
カードリーダーmicroSD、microSDHC、microSDXC(最大64GB)
USBフルサイズUSB2.0×2(Type A)
オーディオマイクロホン / ヘッドフォン・3.5mm コンボジャック ×1
ディスプレイHDMI出力×1
VGA出力×1
その他ポートRJ45(有線LAN)ポート×1
電源ポート
本体色ホワイト・ブラック
本体重量約288g
本体サイズ287mm(幅)×125mm(高さ)×26.5mm(厚み)
電源5V 2A
付属品ACアダプター、製品マニュアル

 

CPUはIntel ATom Z3735F、メモリ2GB、ストレージ32GBと、スティック型PCとスペックは大して変わりはありませんが、キーボードPCは本体が大きいだけあってインターフェース類が充実しています。

キーボードPCはキーボードだけでなく本体手前にタッチパッドが配置されています。スティック型PCのようにマウスやキーボードを別で用意しなくても、キーボードPCであれば単体で基本的な操作が可能です。

まキーボードPCは製品の表面積が広い分、スティック型PCと比較して放熱性に優れており冷却ファンを搭載していません。そのためほぼ無音状態で稼働出来るので静音性を求める環境に最適です。インターフェース類もUSB2.0ポート2つ、カードリーダー、マイクロフォン/ヘッドフォンコンボジャック、HDMI端子・VGA端子、有線LANポート、電源ポートを搭載しています。

 

スティック型PCは小さいですが、スティック型PCだけでは何も出来ないのでマウスとキーボードが必要になります。キーボードPCはスティック型PCよりも大きいですが、タッチパッドとキーボードがついています。

どちらを持っていくにしたって、机の上やカバンの中を専有することに変わりはありません。それならインターフェースがいっぱいついているキーボードPCのほうが良くないですか?

これは売れそうな気がします。

 

情報元 : テックウインド、Windows 10を搭載した「キーボードPC」を発売|テックウインド株式会社





Y!mobileの音声SIMカード申込で月額料金割引実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-ニュース
-

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.