ソフトバンクから2画面にできるスマホ「LG V60 ThinQ 5G」発売

ソフトバンクから2画面にできるスマートフォン「LG V60 ThinQ 5G」が発売されます。

ソフトバンクは2020年4月22日、LGエレクトロニクス製のAndroidスマートフォン「LG V60 ThinQ 5G」を2020年5月11日に発売することを発表しました。

2020年4月23日から予約受付が開始されます。価格は発表されていません。

また、2020年5月31日までに端末を購入し、2020年6月7日までに専用ページから応募した全員にPayPayボーナス5000円相当が貰えます。

加えて、2020年9月30日までに端末を購入し、2020年10月7日までに専用ページから応募した先着1万名にVRゴーグルもプレゼントされます。

LG V60 ThinQ 5G ご購入 \2大/キャンペーン

スペックは以下の通り。

最大通信速度
(下り/上り)
5G網2.0Gbps/103Mbps
4G網988Mbps/46Mbps
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ約78×170×9.2mm/約218g
約166×177×15mm/約353g
(専用ケース「LGデュアルスクリーン」装着時)
連続通話時間/
連続待受時間
5G網約1,260分/約525時間
FDD-LTE網約1,260分/約550時間
AXGP網約550時間
フルセグ/ワンセグ-/-
ディスプレー約6.8インチ フルHD+(2,460×1,080ドット)
有機EL(本体、LGデュアルスクリーン)
モバイルカメラメイン有効画素数約6,400万画素+約1,300万画素+ToF
サブ有効画素数約1,000万画素
防水/防じんIPX5、IPX8/IP6X
(専用ケース「LGデュアルスクリーン」は非対応)
BluetoothVer.5.1
おサイフケータイ
外部メモリー/推奨容量microSDXCカード(別売り)/最大512GB
内蔵メモリーROM128GB
RAM8GB
CPU(クロック数/チップ)オクタコア(2.8GHz+2.4GHz+1.8GHz)/Snapdragon 865 5G
電池容量5,000mAh
Wi-Fi(対応規格、周波数)IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax(2.4GHz、5GHz)
OSAndroid 10
カラークラッシーブルー

LG V60 ThinQ 5Gは、同梱の専用ケースを利用することでデュアルスクリーン仕様にできるスマートフォンです。もちろん本体だけの利用もできます。

CPUはSnapdragon 865 5G、メモリ8GB、ストレージ128GBと、ハイエンドモデルとなっています。

約6.8インチ、フルHD+(2,460×1,080)の有機ELディスプレイを搭載しています。

メインカメラは約6400万画素(広角)+約1300万画素(超広角)+ToFセンサーと、非常に高画素数のカメラを搭載。インカメラは約1000万画素となっています。

メインカメラは8Kの動画撮影も可能、AIも搭載されており、被写体に合わせて自動で最適化されます。

指紋認証はディスプレイ上に搭載されています。バッテリー容量は約5000mAhと大容量。防水防塵やおサイフケータイにも対応しています。デュアルスクリーンの専用ケースは防水防塵には対応していません。

ソフトバンクオンラインショップはこちら

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

楽天モバイルは最安無料&楽天回線なら使い放題!

  • 楽天回線エリアならデータ通信使い放題
  • プラン料金3ヶ月無料や楽天ポイント還元
  • 1GB以下なら月額無料
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題

2021年6月18日からSIMのみ+他社から乗り換えで契約すると楽天ポイント合計最大2万ポイント還元!

通常は5000ポイント還元なので1万5000ポイント増額しています!終了日未定なので楽天モバイルの契約を検討している人はお早めに!

ahamoを他社から乗り換え+SIMカードで契約するとdポイント(期間・用途限定)7000pt還元還元!

ahamoに他社からのお乗り換えキャンペーン実施中!のページキャンペーンにエントリーして、ahamo公式サイトからドコモ以外の他社からahamoに乗り換えで、SIMカードまたはスマホを契約すると、dポイント(期間・用途限定)が7000ポイントが貰えるキャンペーンが実施されています。

  • ドコモの高品質な4G/5Gネットワークが利用できる
  • 基本料金月額2970円(機種代金別途)
  • 月間データ容量20GB
  • 国内通話5分無料付き(超過後は22円/30秒)
  • SIMカード/eSIMのみで契約できるし、スマホとSIMを購入も可能

関連記事



  • この記事を書いた人

しなちく

センスのないヘッダーとか描いたりアイキャッチ作ったり画像編集したりたまに記事書いてます。

-スマートフォン, ニュース
-