SHARP「AQUOS zero」のスペック・価格・販売MVNOまとめ

投稿日:

4月9日発売、SHARP「AQUOS zero」SIMフリー版のスペック・価格・販売MVNOをまとめています。

AQUOS zero SIMフリー版4月9日より発売

SHARPのスマートフォン「AQUOS zero」のSIMフリー版が、2019年4月9日より各社MVNOで順次発売されます。

AQUOS zeroは2018年12月に、ソフトバンク専売として発売されました。今回、SIMフリー版としてMVNOでも販売されることが発表されました。

AQUOS zeroのスペック

サイズと質量約73×154×8.8mm 約146g
OSAndroid 9.0
CPUQualcomm Snapdragon 845(SDM845)
2.6GHz(クアッドコア)+ 1.7GHz(クアッドコア)
オクタコア
内蔵メモリROM 128GB(UFS Type)
RAM 6GB
バッテリー容量3,130mAh
ディスプレイ(画面が完全な長方形として算出したサイズと解像度)
約6.2インチ WQHD+(1,440 × 2,992ドット)
有機ELディスプレイ
アウトカメラ有効画素数 約2260万画素 CMOS
インカメラ有効画素数 約800万画素 CMOS
防水 / 防塵IPX5/IPX8 / IP6X
エモパーVer 9.0

AQUOS zeroは、AQUOSシリーズでは初の有機EL(OLED)ディスプレイを搭載したスマートフォン。独自のラウンドフォルムで、曲面ディスプレイとなっています。

CPUはSnapdragon 845、メモリ6GB、ストレージ128GBを搭載。アウトカメラは約2260万画素で、インカメラは約800万画素。

6インチ、3000mAh以上スマートフォンの中では約146gと、世界最軽量だそうです。

防水防塵、おサイフケータイにも対応しています。指紋認証は背面に搭載。また、ホームボタンがなく、ノッチ(切り欠き)があります。

販売MVNOと価格

どのMVNOで発売されるかは事前に発表されていないため、確認でき次第追記。

MVNO価格
goo Simseller6万7800円(キャンペーン価格)
7万7800円(通常価格)
楽天モバイル9万7178円
IIJmio7万9800円
DMMモバイル11万4528円

gooSimsellerは2019年4月26日11時までのキャンペーン価格です

また、OCNモバイルONEの音声通話SIMとのセットになっており、別途、初回請求時に手数料3000円とSIMカード手配料394円がかかります。

IIJmioでは月額料金割引や音声通話SIMとの購入で1万円ギフト券プレゼントキャンペーン実施

IIJmioでは2019年5月8日までの期間中、新規でIIJmioモバイルサービスを申し込むと月額料金が割引されたりデータ量が増量するキャンペーンが実施中。

当サイト限定で、公式のデータ量増量分からさらに+2GBされるタイアップキャンペーンが実施中。

  • 初期費用1円
  • みおふぉん3ヶ月間1300円割引
  • 通信データ量12ヶ月3GB増量

また、2019年5月8日までの期間中、音声通話SIMとAQUOS zeroのセット購入で、選べるギフト券e-GIFT1万円分がプレゼントされるキャンペーンが実施予定。

IIJmioを6ヶ月以上利用している方が、AQUOS zeroを追加購入することでも対象になります。

キャンペーンの詳細については以下の記事でまとめています。

IIJmioの申し込みはこちらから





Y!mobileの音声SIMカード申込で月額料金割引実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。

-MVNO, スマートフォン
-

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.