シャープから「AQUOS sense3 plus」のSIMフリーモデル発売

シャープから「AQUOS sense3 plus」のSIMフリーモデルが発売されます。12月25日発売。OCNモバイルONEでは発売記念特価3万5800円で販売されます。

AQUOS sense3 plusのSIMフリーモデルが発売

シャープ株式会社は2019年12月17日、Androidスマートフォン「AQUOS sense3 plus」のSIMフリーモデルを2019年12月25日より発売することを発表しました。本体価格は5万円台後半。

スペックは以下の通り。

ブランド名AQUOS sense3 plus
サイズ/質量約160mm×約75mm×約8.7mm/約175g
OSAndroid 9 Pie
CPUQualcomm Snapdragon 636 mobile platform
1.8GHz+1.6GHz オクタコア
内蔵メモリRAM 6GB、ROM 64GB/128GB
ディスプレイ約6.0インチフルHD+(2,220×1,080ドット) IGZOディスプレイ
アウトカメラ
【標準カメラ】
有効画素数 約1,220万画素 CMOS 裏面照射積層型
F値1.8レンズ[広角76°焦点距離27mm相当]
ハイスピードAF(全面位相差)
電子式手ブレ補正
新画質エンジンPropix2(被写体ブレ補正)
AIライブストーリー
アウトカメラ
【広角カメラ】
有効画素数 約1,310万画素 CMOS 裏面照射積層型
F値2.4レンズ[超広角123°焦点距離16mm相当]
電子式手ブレ補正
新画質エンジンPropix2(被写体ブレ補正)
AIライブストーリー
インカメラ有効画素数 約800万画素 CMOS 裏面照射積層型
F値2.2レンズ[広角80°焦点距離25mm相当]
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
BluetoothVer.5.0
バッテリー容量4,000mAh(内蔵電池)
防水/防塵IPX5・IPX8/IP6X
おサイフケータイ/NFC○/○
生体認証顔認証、指紋認証

AQUOS sense3 plusは2019年秋冬モデルとしてソフトバンクで発売されており、今回SIMフリーモデルが発売されます。

CPUにSnapdragon 636、メモリ6GB、ストレージ64GBまたは128GBを搭載。ディスプレイは約6.0インチのIGZOディスプレイを採用。

アウトカメラは1220万画素の標準レンズと1310万画素の広角レンズからなるデュアルカメラで、AIによるシーン分析機能が搭載されています。インカメラは800万画素。

発売日から2年間、最大2階のOSのバージョンアップに対応しているので、長く使うことができます。初めてのスマホという方向けにかんたんモードも搭載。

防水防塵、おサイフケータイにも対応しています。

OCNモバイルONEでは12月23日11時より予約開始、発売特価3万5800円

OCNモバイルONEでは、2019年12月23日11時より予約受付を開始します。

販売記念特価として2120年1月24日11時までの期間中、通常4万円のところ3万5800円で販売されます。

また、オプション「マイセキュア」同時加入で更に1000円割引、他社からの乗り換え(MNP)でさらに5000円割引されます。

OCNモバイルONEはこちら


Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

センスのないヘッダーとか描いたりアイキャッチ作ったり画像編集したりたまに記事書いてます。

-スマートフォン, ニュース

© 2020 公安9課