PLEXTORよりNVMe PCIe SSD「M8Se」シリーズ正式発表。最大読込2450MBを実現

PLEXTOR-M8SeY

PLEXTORより最大読込2450MBを実現したNVMe PCIe SSD「M8Se」シリーズが発表されました。

     

PLEXTORは2017年5月22日、NVMe PCIe SSD「M8Se」シリーズを発表しました。

PCI Express接続の「M8Se(Y)」、M.2接続でヒートシンクありの「M8Se(G)」、M.2接続でヒートシンクなしの「M8SeGN」の3ラインナップが用意されます。

スペックは以下の通り。

容量 1TB 512GB 256GB 128GB
フォームファクタ M.2 2280(M8SeG, M8SeGN)
PCIe HHHL(M8SeY)
インターフェース M.2 PCIe Gen 3 x4 with NVM Express
NANDフラッシュ 東芝製 15nmTLC
コントローラ Marvell 88SS1093
シーケンシャルリード 2450MB/s 2450MB/s 2400MB/s 1850MB/s
シーケンシャルライト 1000MB/s 1000MB/s 1000MB/s 570MB/s
ランダムリード 210000 IOPS 210000 IOPS 205000 IOPS 135000 IOPS
ランダムライト 175000 IOPS 175000 IOPS 160000 iOPS 80000 IOPS
耐久性(TBW) 640TBW 320TBW 160TBW 80TBW
サポート機能 TRIM, S.M.A.R.T, IO queue, NVMe command
保証 3年
製品公式 Plextor SSD Storage Solutions | 製品 | M8Se(Y)
Plextor SSD Storage Solutions | 製品 | M8SeGN

 

PLEXTOR-M8SeY

PLEXTOR-M8SeGN

128GBモデル、256GBモデル、512GBモデル、1TBモデルの3つのモデルで展開されます。フォームファクタに関わらずスペックは同じです。

インターフェースはNVMe PCIe Gen 3x4接続で、NANDフラッシュは東芝製15nm TLC NAND、コントローラはMarvell 88SS1093を搭載。シーケンシャルリードは最大2450MB/s、シーケンシャルライト最大1000MB/s、ランダムリード最大210000 IOPS、ランダムライト最大175000 IOPS。

M8Se(Y)、M8Se(G)シリーズにはヒートシンクを搭載。放熱に効果がありそうです。

Plextor独自のキャッシュ高速化テクノロジーである「PlexNitro」、128 ビット ECC および堅牢なデータホールドアウトアルゴリズムなどの機能を搭載。

 



Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-SSD, ニュース
-,

© 2020 公安9課