PLEXTORのM.2 SSD「M7V M.2 2280」スペックまとめ

M7V-M2-2280PLEXTORのM.2 SSD「M7V M.2 2280」スペックまとめ。

「M7V M.2 2280」スペック

2016年4月6日にPLEXTORのM.2 SSDの新シリーズ「M7V M.2 2280」シリーズが発表されました。4月中旬より発売開始予定となっています。

製品名PX-5127VCGPX-256M7VCGPX-128M7VCG
容量512GB256GB128GB
フォームファクタM.2 type 2280
インターフェースSerial ATA 6Gb/s
コントローラMarvell 88SS1074B1
NANDフラッシュ東芝製15nm TLC Toggle NAND
キャッシュ1GB DDR3512MB DDR3256MB DDR3
シーケンシャルリード560MB/s
シーケンシャルライト530MB/s500MB/s
ランダムリード98000 IOPS97000 IOPS
ランダムライト84000 IOPS51000 IOPS
対応コマンドTRIM, S.M.A.R.T., NCQ, ATA/ATAPI-8
設置タイプ内蔵
厚さ6.8mm
MTBF150万時間
耐久性(TBW)320TBW160TBW80TBW
保証期間3年間

 

M7V M.2 2280と同時にまた、同時に2.5インチ版の「M7V」シリーズも発表されています。M7Vシリーズとのスペックの違いは、512GBモデルのキャッシュがM7Vは768MB、M7V M.2 2280は1GBというところだけです。

コントローラはMarvell社製のサーバグレードの最新ICコントローラ「Marvell 88SS1074B1」を搭載。NANDフラッシュは高速で信頼度の高い最新の東芝製15nm TLC Toggle NANDを採用することにより、2000回の書き換え回数を実現。メモリの一部をSLCモードキャッシュにすることでアクセスを最小限に抑える「PlexNitro」により、耐久性と信頼性が向上しています。

M7Vの主なスペックはシーケンシャルリード最大540MB/s、シーケンシャルライト最大490MB/s、ランダムリードは最大95000 IOPS、ランダムライトは最大84000 IOPS。

「PlexNitro」 の他にはデータを安全かつ確実に隠蔽して保存できる「PlexVault」、ユーザーエクスペリエンスとシステム性能に影響を与えることなくより多くのストレージ容量を提供する「PlexCompressor」、アクセス速度性能を加速しながらSSDの寿命を延長する「PlexTurbo」などを搭載しています。

 

SATA接続のM.2 SSDなのでZ97, H97マザーボードで使用しても性能をフルに発揮出来ます。

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

SIMのみ契約で最大1万円キャッシュバック!

UQモバイルでSIMのみ契約すると最大1万円キャッシュバック!(auやpovoからは除く)

スマホ契約時は値引きがあるのでSIMフリー版を買うよりも、UQモバイルでスマホを買ったほうが安く済む可能性が高いですよ!

楽天モバイルは最安無料&楽天回線なら使い放題!

  • 楽天回線エリアならデータ通信使い放題
  • プラン料金3ヶ月無料や楽天ポイント還元
  • 1GB以下なら月額無料
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題

2021年6月18日からSIMのみ+他社から乗り換えで契約すると楽天ポイント合計最大2万ポイント還元!

通常は5000ポイント還元なので1万5000ポイント増額しています!終了日未定なので楽天モバイルの契約を検討している人はお早めに!


ワイモバイル公式でスマホ契約すると最大2万1600円値引き!SIMのみ契約も特典あり!

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-SSD, ニュース
-, ,