OPPO「Reno 10x Zoom」のスペック・価格・販売MVNOまとめ

投稿日:

OPPO「Reno 10x Zoom」のスペック・価格・販売MVNOまとめ。

OPPO「Reno 10x Zoom」7月12日発売

オッポ・ジャパンは2019年7月3日、Androidスマートフォン「Reno 10x Zoom」を2019年7月12日より発売することを発表しました。

Amazonなどで予約受付を開始しており、価格は10万7870円前後となっています。

OPPO Reno 10x Zoomスペック詳細

OSColorOS 6, based on Android 9
プロセッサSnapdragon 855
ディスプレイ6.6インチ
FHD+(2340×1080ピクセル)
有機EL(AMOLED)
Multi-touch, Capacitive Screen
1670万色、画面占有率93.1%
メモリ8GB
ストレージ256GB(最大512GBまで拡張可能)
アウトカメラ4800万画素 + 800万画素 + 1300万画素
48MP F1.7 + 8MP F2.2 + 13MP F3.0
インカメラ1600万画素
16MP F2.0
WiFiWLAN 2.4G / WLAN 5G, WLAN Display
BluetoothBluetooth: 5.0
周波数GSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
LTE FDD: Bands 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/29/32/66
LTE TDD: Bands 34/38/39/40/41
バッテリー4065mAh
充電端子USB Type-C
SIMmicroSIM+nanoSIM
サイズ(高さ×幅×厚さ)約162×77.2×9.3 mm
重量約215g
その他NFC利用可(FeliCa未搭載)
磁気センサー、光センサー、近接センサー
加速度センサー、ジャイロセンサー
レーザーフォーカスセンサー
付属品電話機×1、AC アダプター×1、イヤフォン×1
TypeC USBデータケーブル×1、全ガイド×1、クイックガイド×1
SIMカードスロット用ピン×1、保護カース×1、保護フィルム(貼付済み)×1

トリプルカメラを搭載

OPPO Reno 10x Zoomの最大の特徴は、最大10倍のハイブリッドズームに対応したトリプルカメラを搭載していること。

本体背面のメインカメラには、「4800万画素の超高解像度メインカメラ」「1300万画素の望遠カメラ」「800万画素の広角カメラ」の3つのカメラを搭載。これらのカメラをリレーさせることで、 16-160mmの焦点距離をカバーすることができます。

メインカメラと望遠カメラの両方にOIS(光学式手ぶれ補正)を搭載しているので、手持ちでも簡単にに美しい撮影が可能です。

フロントカメラは「ピボットライジング構造」を採用

フロントカメラやフラッシュライトは端末上部から立ち上がる「ピボットライジング構造」の中に収納されています。カメラが立ち上がる速度はわずか0.8秒。ストレスなく、いつでも快適に利用できます。

性能も申し分なし

プロセッサにはQualcomm Snapdragon 855を搭載。第4世代のAIエンジンとCPUによって、スマートフォンのパフォーマンスを45%向上しています。

メモリ8GB、ストレージ256GBなのでかなり快適な操作が期待できます。ストレージ規格はUSF2.1。

ディスプレイは画面占有率93.1%の6.6インチFHD+(2340×1080)有機ELディスプレイを採用。

端末下のベゼル幅を3.49mmと極限まで狭めることで、端末サイズは手になじみやすい大きさのまま、画面サイズだけを大きくすることを実現しています。

冷却構造もあり

熱を持たずに常に快適に使えるように、冷却ゲル、三層グラファイト、ヒートパイプ水冷システム、3つの冷却技術を採用。

適切な冷却システムを使用することで、デバイスの温度を13%下げることができます。 また、しばらく使用されていないアプリを自動停止する「AI アイスボックス」機能が、最適に電力節約を行ってくれます。

バッテリーも大容量

バッテリーは3064mAhの大容量バッテリーを搭載。OPPOの急速充電規格である「VOOC 3.0」が高速での充電を可能にします。

ゲーム中にチャージしても、熱を持たずに快適にプレイすることができます。

便利機能について

ディスプレイ指紋認証機能を搭載しており、OPPO R17シリーズよりも28.5%スピードアップを実現しています。

ゲーム中にリアルタイムでGPUパフォーマンスを解析。高負荷なゲームシーンを検知すると、パフォーマンスを調整してカクつきを防ぐ「フレームブースト」機能を搭載。

スクリーンをタッチしてから実際に反応するまでのわずかな時間をさらに高速化。通常掛かるプロセスを短縮してタイムラグを抑える「タッチブースト」機能を搭載。

リニアモーターを内蔵し、従来の振動を超え、ゲームの緊張感やリアリティを再現する「ゲームショック」機能を搭載。

ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線で使えます

ドコモ/au/ソフトバンクで利用されているネットワーク周波数帯(LTE周波数帯)に対応しているので、どこのSIMを挿してもおmんだいなく利用できます。

FeliCaは非対応

10万円する端末ですが、残念ながらFeliCaは非対応です。

販売MVNO

価格など判明次第追記します。

一括分割
IIJmio
LINEモバイル
楽天モバイル
LinksMate
NifMo




Y!mobileの音声SIMカード申込で月額料金割引実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。

-スマートフォン, ニュース
-,

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.