ZenFone Max Plus(M1)レビュー!大容量バッテリー搭載の長持ちスマホ

投稿日:2018/04/15 更新日:


ZenFone Max Plus(M1)をレビューしています。大容量バッテリー搭載で充電が長持ちするコスパのいいスマートフォンです。


ZenFone Max Plus(M1)レビュー

この度、ニフティ株式会社様よりZenFone Max Plus(M1)のディープシーブラックを貸与していただきましたのでレビューを行いたいと思います。

ZenFone Max Plus(M1)はASUSより2018年2月17日に発売、NifMoでは2018年3月20日より取扱い開始しています。

ZenFone Max PlusはプロセッサにMediaTek MT6750Tを搭載。メモリは4GB、ストレージ32GB。

付属品はUSB ACアダプターセット、SIMイジェクトピン、ZenEar、ZenEar交換用イヤーピース、ユーザーマニュアル、製品保証書。

本体正面。ディスプレイは約5.7インチのワイドIPS液晶で画面占有率は79.8%。解像度は2,160×1,080ドットでフルHD+です。見た目的に下部の黒い部分にナビゲーションボタンが表示されそうな感じがありますが、画面上に表示されます。

フロントカメラは800万画素で顔認証に対応。

本体右側面。スピン加工を施した電源ボタンと音量キー。

本体左側面。SIMスロットはSIMピンで取り外し。

本体下部。スピーカーと、充電端子としてmicroUSB。

本体上部。イヤホンジャック搭載。

本体背面。色はディープシーブラックで、光に当てると青みが見えてきます。濃いめの紺。側面はラウンド加工なので5.7インチの多きさでも持ちやすいです。

背面には指紋センサーが搭載。アウトカメラは1600万画素と、広角カメラの800万画素とのデュアルレンズ。カメラは少し出っ張っています。

SIMスロットはnanoSIMが2枚搭載可能でDSDSに対応(4G+3Gもしくは3G+3G)。多くのスマートフォンだと2枚目のSIMとmicroSDは排他利用なのですが、ZenFone Max Plusは2枚のSIMとmicroSDを同時に利用できます。

付属のOTGケーブルを利用することで、ZenFone Max Plusをモバイルバッテリーとして使うことも可能です。

ZenFone Max Plus(M1)のスペック

プラットフォームAndroid 7.0
プロセッサーMediaTek MT6750T(オクタコアCPU)
液晶ディスプレイ5.7型ワイド
TFTカラータッチスクリーン
IPS液晶(LEDバックライト)
解像度2,160×1,080ドット(フルHD+)
RAM/ROM4GB(LPDDR4)/32GB
ASUS WebStrageサービス:5GB(永久無料版)
Googleドライブ:100GB(1年間無料版)
Webカメラ【アウトカメラ】
1,600万画素カメラ内蔵(メインカメラ)
800万画素広角カメラ内蔵(2ndカメラ)
LEDフラッシュ
【インカメラ】
800万画素カメラ内蔵
センサーGPS(GLONASSサポート)、加速度センサー、電子コンパス
光センサー、近接センサー、ジャイロスコープ、指紋センサー
Wi-FiIEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
BluetoothBluetooth 4.0(aptX対応)
通信方式[FDD-LTE]
B1/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28
[TD-LTE]
B38/B41
[W-CDMA]
B1/B5/B6/B8/B19
850/900/1800/1900MHz
キャリアアグリゲーション2CA対応
テザリング対応
外部接続端子microUSB
SIMカードnanoSIM×2
カードリーダーmicroSDXC/SDHC/SD
Wi-Fi/モバイル通信時約20時間/約12.7時間
連続通話時間約1800分(3G)/約2700分(VoLTE)
連続待受時間約683時間(3G)/約410時間(VoLTE)
バッテリー4130mAh
サイズ(高さ×幅×厚さ)約152.6mm×約73mm×約8.8mm
質量約160g
付属品USB ACアダプターセット、SIMイジェクトピン、ZenEar
ZenEar交換用イヤーピース、ユーザーマニュアル、製品保証書

AnTuTu Benchmarkで計測

AnTuTu Benchmark v7.0.7で計測。ちょっと低め。

ZenFone Max Plus(M1)で写真撮影

全部Proモードです。若干桜の細かい部分などはごちゃっとしますね流石に。

まとめ

ZenFoneシリーズの中でもMaxという名前を冠した大容量バッテリーを搭載しているスマートフォンですが、名の通り大容量で電池持ちがいいです。カメラもデュアルレンズですし、比較的きれいに撮れると思います。非常にコスパがいいスマートフォンです。

スマホで映像をよく見たりする方には、大画面と大容量バッテリーで便利でしょう。防塵防水には非対応。おサイフケータイにも対応していないので注意。

プロセッサ面では少し弱いですがそのぶん値段が安めですし、見た目も安っぽくないですし、手頃な価格でカメラも使えるスマートフォンが持ちたい方にオススメ。

ZenFone Max Plus(M1)の月額料金/維持費

NifMoでのZenFone Max Plus(M1)の月額料金表は以下の通り。

本体価格は2万8889円なので、24回払い月額1204円が含まれています。

ZenFone Max Plus(M1)は最大2万1000円キャッシュバックキャンペーン対象機種です

NifMoでは、ZenFone Max Plus(M1)をデータ通信専用SIMカード、SMS対応SIMカード、音声通話対応SIMカードのいずれかで、データ通信プランは3GB、7GB、13GBプランのいずれかに申し込んで機器を受け取った方に最大2万1000円キャッシュバックされるキャンペーンを行っています。

キャッシュバックキャンペーンについては別の記事で詳しくまとめています。

NifMoの詳細やZenFone Max Plus(M1)の申込は以下から。



(スマホセットのキャンペーン専用ページに移動します)
  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。 なんで二次元キャラのヘッダーなんですかね。PCやスマホ関係ないですね。

-MVNO, スマートフォン, レビュー
-, ,

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.