MSIのH110マザー「H110M PRO-VH PLUS」発売

H110M PRO-VH PLUS

MSIのH110マザー「H110M PRO-VH PLUS」が発売されます。

MSIはAmazon限定スペシャルモデルとして、Intel H110チップセットを歳用したMicroATXマザーボード「H110M PRO-VH PLUS」を7月30日より発売することを発表しました。市場想定価格は税抜7980円。

H110M PRO-VH PLUSのスペックは以下の通り。

製品名H110M PRO-VH PLUS
チップセットIntel H110 Express
対応CPULGA1151(Intel第6世代Coreプロセッサ対応)
フォームファクターmicroATX
CPUチョークDark Choke
コンデンサ固体コンデンサ
メモリソケットDDR4 DIMM×2(最大32GB)
DDR4-2133対応
ストレージSATA 6Gbps×4
拡張スロットPCI Express 3.0 x16スロット×1
PCI Express 2.0 x1スロット×2
LANRealtek RTL8111H
オーディオReaktel ALC887
バックパネルインターフェースPS/2 mouseポート×1
PS/2 keyboardポート×1
USB 2.0ポート×2
USB 3.1 Gen1ポート×2
HDMI×1
VGA×1
LAN (RJ45)ポート×1
オーディオジャック×3
製品公式H110M PRO-VH PLUS | エムエスアイコンピュータージャパン

 

H110M PRO-VH PLUS-1

H110M PRO-VH PLUSはビジネス用途および一般ユーザー向けのエントリーモデル。

チップセットにIntel H110を採用することで、本体価格を抑えつつ、最新のCPU機能を活用できるように設計されています。また、第6世代プロセッサでは非対応となったVGA出力も、企業利用などをサポートすべくバックパネルに用意、最大2048×1536ピクセルの出力に対応。

HDMIポートを利用すれば、4K ディスプレイでプレミアムコンテンツを楽しむこともできます。また、メモリの互換性や安定性の高さで定評のあるDDR4 Boostに対応し、長期間の利用でも安心して使用できるよう設計されています。

UEFI BIOSに装飾を排し、軽快な動作を実現したClick BIOSを採用するとともにWindows 10への最適化を施しています。さらに、ネットワーク機能では、アプリケーションごとにネットワーク利用にプライリティを設定することができるユーティリティ「Network Genie」も付属、用途に応じた帯域管理を行なうことができます。

 

値段は安いですが拡張性がないので、初めての自作なら個人はZ170, H170マザーボードを買ったほうがいいですよ。また、2台目やサブに使うのもよさそうです。


Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-ニュース, マザーボード
-,

© 2020 公安9課