MSIから簡易水冷搭載のビデオカード「GeForce RTX 2080 SEA HAWK X」発売

投稿日:2019/03/20 更新日:


MSIから簡易水冷搭載のビデオカード「GeForce RTX 2080 SEA HAWK X」が発売されます。

MSIは2019年3月20日、GeForce RTX 2080を搭載したビデオカード「GeForce RTX 2080 SEA HAWK X」を2019年3月21日より発売することを発表しました。市場想定価格は11万9800円。

スペックは以下の通り。

搭載GPUNVIDIA GeForce RTX 2080
インターフェースPCI Express x16 3.0
コアTU104-400A
コア数1920 基
コアベースクロック1515 MHz
コアブーストクロック1860 MHz
メモリタイプ8GB GDDR6
メモリスピード7000 MHz
メモリバス幅 (bit)256-bit
補助電源コネクタ8ピン x 1
6ピン x 1
カードサイズ (mm)Card: 268 x 114 x 41 mm
Cooler: 154 x 120 x 52 mm
重さ (g)1370 g
最大同時出力画面数4
映像出力端子DisplayPort x 3 (v1.4) / HDMI 2.0b x 1 / USB Type-C x1
製品公式GeForce RTX 2080 SEA HAWK X

GeForce RTX 2080 SEA HAWK Xは、NVIDIA GeForce RTX 2080を搭載したビデオカード。

120mmトルクスファンのアルミ製ラジエーターと、銅製マイクロフィンベースをポンプに採用している簡易水冷ユニットを標準搭載しています。

カードの基板上に冷却ファン、背面にアルミ製バックプレートを採用し、冷却性能を向上。

独自のオーバークロックユーティリティ「Afterburner」では、RTX 20シリーズ用のOCスキャナーが搭載されており、安定したオーバークロックを試すことが可能です。

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。

-グラフィックカード/グラフィックボード, ニュース
-

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.