公安9課

*

MSIよりCorsair製ウォーターブロック採用のGTX1070搭載カード「GeForce GTX 1070 SEA HAWK X」発売

   

geforce-gtx-1070-sea-hawk-x

MSIよりCorsair製ウォーターブロック採用のGTX1070搭載カード「GeForce GTX 1070 SEA HAWK X」が発売されます。

MSIは2016年12月15日、Corsair社製ウォーターブロックを採用し、NVIDIA GeForce GTX1070を搭載したグラフィックスカード「GeForce GTX 1070 SEA HAWK X」を12月16日より発売することを発表しました。市場想定価格は税抜6万3800円。

GeForce GTX 1070 SEA HAWK Xのスペックは以下の通り。

製品名 GeForce GTX 1070 SEA HAWK X
GPU NVIDIA GeForce GTX 1070
CUDAコア 1920ユニット
メモリ GDDR5 8GB
メモリインターフェース 256ビット
コアベースクロック 1607MHz(OCモード時)
ブーストクロック 1797MHz(OCモード時)
メモリクロック 8108MHz(データレート)
バスインターフェース PCI Express 3.0 x16
ディスプレイ出力端子 Displayport 1.4×3、HDMI 2.0b×1、DL-DVI-D×1
補助電源 8ピン×1
消費電力 150W
推奨電源容量 500W
外形寸法 カード本体:約270×111×40mm
水冷クーラー:約151×120×52mm
付属品 ドライバCD、クイックガイド
製品公式 GeForce GTX 1070 SEA HAWK X | MSI Global

geforce-gtx-1070-sea-hawk-x-2

GeForce GTX 1070 SEA HAWK Xは、すでに発売中のGeForce GTX 1080 SEA HAWK Xと同様に、GPUコアの冷却に120mm径の静音ファンとアルミ製ラジエター、銅製マイクロフィン構造の冷却ヘッドとポンプを一体化したCorsair社のクローズドループタイプの水冷クーラー「Hydro H55」を採用するとともに、VRMやメモリまわりの冷却用にファンを搭載することで、持続的に安定したオーバークロック動作を可能にしたモデルです。

OCモードではベースクロック1607MHz、ブーストクロック最大1797MHz、メモリクロック8108MHz相当による動作を実現。さらに、MSI独自のオーバークロックユーティリティであるAfterburnerにより、よりアグレッシブなオーバークロック設定を行うことも可能です。

DisplayPort×3、HDMI、DVIを用いた4画面出力をサポートし、新型のSLI HBブリッジを使用することでSLIインターフェイスの帯域幅を改善する「デュアルリンクSLI」に対応しています。

 

 




Y!mobileでは音声SIM申し込みでキャッシュバックが貰えるキャンペーンを実施中です!


  「MSIよりCorsair製ウォーターブロック採用のGTX1070搭載カード「GeForce GTX 1070 SEA HAWK X」発売」をSNSでシェア



  関連記事



PREV
DSDS対応で1万9800円のgooのスマホ g07が発売
NEXT
MSIよりGTX1050 Ti搭載のロープロファイルモデル「GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP」発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。