MSIよりCorsair製ウォーターブロック採用のGTX1070搭載カード「GeForce GTX 1070 SEA HAWK X」発売

geforce-gtx-1070-sea-hawk-x

MSIよりCorsair製ウォーターブロック採用のGTX1070搭載カード「GeForce GTX 1070 SEA HAWK X」が発売されます。

MSIは2016年12月15日、Corsair社製ウォーターブロックを採用し、NVIDIA GeForce GTX1070を搭載したグラフィックスカード「GeForce GTX 1070 SEA HAWK X」を12月16日より発売することを発表しました。市場想定価格は税抜6万3800円。

GeForce GTX 1070 SEA HAWK Xのスペックは以下の通り。

製品名GeForce GTX 1070 SEA HAWK X
GPUNVIDIA GeForce GTX 1070
CUDAコア1920ユニット
メモリGDDR5 8GB
メモリインターフェース256ビット
コアベースクロック1607MHz(OCモード時)
ブーストクロック1797MHz(OCモード時)
メモリクロック8108MHz(データレート)
バスインターフェースPCI Express 3.0 x16
ディスプレイ出力端子Displayport 1.4×3、HDMI 2.0b×1、DL-DVI-D×1
補助電源8ピン×1
消費電力150W
推奨電源容量500W
外形寸法カード本体:約270×111×40mm
水冷クーラー:約151×120×52mm
付属品ドライバCD、クイックガイド
製品公式GeForce GTX 1070 SEA HAWK X | MSI Global

geforce-gtx-1070-sea-hawk-x-2

GeForce GTX 1070 SEA HAWK Xは、すでに発売中のGeForce GTX 1080 SEA HAWK Xと同様に、GPUコアの冷却に120mm径の静音ファンとアルミ製ラジエター、銅製マイクロフィン構造の冷却ヘッドとポンプを一体化したCorsair社のクローズドループタイプの水冷クーラー「Hydro H55」を採用するとともに、VRMやメモリまわりの冷却用にファンを搭載することで、持続的に安定したオーバークロック動作を可能にしたモデルです。

OCモードではベースクロック1607MHz、ブーストクロック最大1797MHz、メモリクロック8108MHz相当による動作を実現。さらに、MSI独自のオーバークロックユーティリティであるAfterburnerにより、よりアグレッシブなオーバークロック設定を行うことも可能です。

DisplayPort×3、HDMI、DVIを用いた4画面出力をサポートし、新型のSLI HBブリッジを使用することでSLIインターフェイスの帯域幅を改善する「デュアルリンクSLI」に対応しています。

 

 

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

SIMのみ契約で最大1万円キャッシュバック!

UQモバイルでSIMのみ契約すると最大1万円キャッシュバック!(auやpovoからは除く)

スマホ契約時は値引きがあるのでSIMフリー版を買うよりも、UQモバイルでスマホを買ったほうが安く済む可能性が高いですよ!

楽天モバイルは最安無料&楽天回線なら使い放題!

  • 楽天回線エリアならデータ通信使い放題
  • プラン料金3ヶ月無料や楽天ポイント還元
  • 1GB以下なら月額無料
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題

2021年6月18日からSIMのみ+他社から乗り換えで契約すると楽天ポイント合計最大2万ポイント還元!

通常は5000ポイント還元なので1万5000ポイント増額しています!終了日未定なので楽天モバイルの契約を検討している人はお早めに!


ワイモバイル公式でスマホ契約すると最大2万1600円値引き!SIMのみ契約も特典あり!

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-グラフィックカード/グラフィックボード, ニュース
-,