公安9課

*

MSIの最大250WのCPU冷却性能を実現したCPUクーラー「CORE FROZR XL」発売

   

CORE FROZR XL

MSIの最大250WのCPU冷却性能を実現したCPUクーラー「CORE FROZR XL」が発売されます。

MSIは2017年8月3日、最大250WのCPU冷却性能を実現したCPUクーラーの高性能モデル「CORE FROZR XL」を8月4日より発売することを発表しました。市場想定価格は税抜1万2800円。

CORE FROZR XLのスペックは以下の通り。

製品名 CORE FROZR XL
ヒートパイプ 8本(8mm径銅製ヒートパイプ)
ファン 120mmトルクスファン×2
ファン回転数 500~1800rpm ±15%
風圧 0.16~2.09mmH2O
風量 19.79~71.27CFM
ノイズレベル 17.2~33.6dBA
ベアリング方式 ハイドロダイナミックベアリング
コネクタ 4ピン
MTTF 150,000時間(25℃)
本体サイズ 150.4mm×170.0mm×129.8mm(デュアルファン装着時)
重量 1295g(デュアルファン装着時)
対応CPUソケット Intel:LGA 2066/2011-3/2011/1366/1156/1155/1151/1150/775
AMD:AM4/AM3+/AM3/AM2+/AM2/FM2/FM1
製品公式 CORE FROZR XL | Graphics card – The world leader in display performance

 

CORE FROZR XL-1

ニッケルメッキを施した銅製CPUベースプレートと8本の6mm径銅製ヒートパイプ、散熱性に優れたアルミフィンからなるヒートシンク部にトルクスファンを2基搭載。熱伝導効率にすぐれた伝導剤「PREMIUM THERMAL COMPOUND X」が同梱されています。

付属の120mmトルクスファンのベアリングにハイドロ・ダイナミックベアリングを採用しています。

CPUソケットは、Intel Core Xシリーズに対応するLGA2066に加え、LGA 2011-3/2011/1366/1156/1155/1151/1150/775、AMD Ryzenシリーズに対応するSocket AM4およびAM3+/ AM3/AM2+/AM2/FM2/FM1をサポート。

本体サイズは2基のトルクスファン装着時で150.4×170.0×129.8。トルクスファンの装着位置を調整することで、マザーボードとファンの間に最大55mmの空間を確保することができ、大型ヒートシンクを装着したハイエンドメモリにも対応可能です。




Y!mobileでは音声SIM申し込みでキャッシュバックが貰えるキャンペーンを実施中です!


  「MSIの最大250WのCPU冷却性能を実現したCPUクーラー「CORE FROZR XL」発売」をSNSでシェア



  関連記事



PREV
ASRockのRyzen Threadripper対応AMD X399マザー2製品が発売
NEXT
iiyamaの23型液晶ディスプレイ「ProLite XU2390HS-3」「ProLite XUB2390HS-3」発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。