SIMフリー版iPhone 13 Pro シエラブルー レビュー

SIMフリー版iPhone 13 Pro シエラブルー レビュー。Spigenのガラスフィルム、ケースもレビュー。

SIMフリー版iPhone 13 Pro シエラブルレビュー

フォトレビュー

2021年9月24日に発売された、SIMフリー版iPhone 13 Proのシエラブルーを購入しました。

iPhone 13 Proは、最新型のA15 Bionicチップを搭載しています。

ストレージ容量は128GB/256GB/512GB/1TBの4種類が発売されています。今回は128GBモデルを購入しました。

外箱。

USB-C - Lightningケーブル、SIMピンが付属しています。

本体前面。

ディスプレイサイズは6.1インチ、Super Retina XDRディスプレイを搭載しています。リフレッシュレートは120Hzに対応しています。

インカメラは、1200万画素のTrueDepthカメラを搭載しています。

本体背面。アウトカメラは1200万画素のカメラを3つ搭載。望遠撮影、広角撮影、超広角撮影や、マクロ撮影にも対応しています。

本体上面。側面は鏡面のようになっています。NFC、Felicaを利用するときはこの部分をかざしましょう。

本体底面。変わらずLightningコネクタと、マイク、ステレオスピーカーが搭載。

本体右側面。電源ボタンが搭載。

本体左側面。音量のオンオフ切り替えボタン、上げ下げするボタン、SIMスロットが搭載されています。

SIMスロットはnanoSIMを1枚搭載できます。

iPhone 13 ProではnanoSIM1枚と、eSIMのデュアルSIMに対応しています。

また、eSIMを2枚搭載することも可能となっています。

iPhone 13 Proのスペック

製品名iPhone 13 Pro
シエラブルー/シルバー
ゴールド/グラファイト
サイズ146.7 x 71.5 x 7.65 mm
重量203g
ディスプレイ サイズ / 種類6.1" /OLED
ディスプレイ 解像度2,532 x 1,170
CPUA15 Bionicチップ
OSiOS 15
メインカメラ(外側)1200万画素 (望遠)
1200万画素 (広角)
1200万画素 (超広角)
フロントカメラ(内側)1200万画素
ワイヤレス充電
おサイフケータイ
NFC
防水 / 防塵〇 (IP68)
生体認証(指紋 / 顔)- / 〇
VoLTE
(Rakuten / docomo / au / SoftBank)
〇 / 〇 / 〇 / 〇
Wi-Fi 規格2x2 MIMO対応Wi-Fi 6(802.11ax)
SIMタイプeSIM/nanoSIM
付属品USB-C - Lightningケーブル / マニュアル

 

iPhone 12 Proとのスペック比較

製品名iPhone 13 ProiPhone 12 Pro
サイズ146.7 x 71.5 x 7.65 mm146.7 x 71.5 x 7.4 mm
重量203g187g
ディスプレイ
サイズ / 種類
6.1" /OLED6.1" /OLED
ディスプレイ
解像度
2,532 x 1,1702,532 x 1,170
CPUA15 BionicチップA14 Bionicチップ
メインカメラ(外側)1200万画素 (望遠)
1200万画素 (広角)
1200万画素 (超広角)
1200万画素 (望遠)
1200万画素 (広角)
1200万画素 (超広角)
フロントカメラ(内側)1200万画素1200万画素
ワイヤレス充電
おサイフケータイ
NFC
防水 / 防塵〇 (IP68)〇 (IP68)
生体認証(指紋 / 顔)- / 〇- / 〇
VoLTEドコモ〇
au〇
ソフトバンク〇
楽天モバイル〇
ドコモ〇
au〇
ソフトバンク〇
楽天モバイル〇
Wi-Fi 規格2x2 MIMO対応Wi-Fi 6
(802.11ax)
MIMO対応Wi-Fi 6
(802.11ax)
SIMタイプeSIM/nanoSIMeSIM/nanoSIM

 

iPhone 13 Proの特徴やiPhone 12 Proからの進化点

  • リフレッシュレートが最大120Hzになった
  • ディスプレイ上部のノッチ(TrueDepth)が20%小型化
  • センサーシフト式光学式手ブレ補正がiPhone 13シリーズ全てのモデルの広角レンズに搭載
  • 広角カメラで最短2センチのマクロ撮影ができる
  • iPhone 12シリーズよりも大型センサー搭載
  • iPhone 13 Pro/Pro Maxは望遠レンズが光学3倍に進化
  • デュアルeSIMに対応!(eSIMとeSIMのデュアルSIM)

特に特徴として挙げられるのが、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxはリフレッシュレートが最大120Hzに対応していることです。AppleではProMotironと呼ばれています。

リフレッシュレートとは1秒間に何回画面を書き換えられるかを表す言葉で、リフレッシュレート60Hzだと1秒間に60回画面を書き換え、リフレッシュレート120Hzだと1秒間に120回画面を書き換えます。

ProMotironは、スクリーン上で起きている内容と連動していて、ゲームが30fpsに下がったらProMotionも30fpsに下がります。

24fpsで撮影されたビデオを見ている時は24fpsで再生します。連動することでバッテリーを節約しています。

iPhone 13 Proのネットワーク周りについて解説

iPhone 13シリーズは5G対応

iPhone 13/iPhone 13 mini/iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro Maxは5Gに対応しています。

povoでの5Gサービスは2021年夏頃提供開始予定となっています。

iPhone 13シリーズは「eSIM」に対応しています

iPhone 13/iPhone 13 mini/iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro MaxはeSIMに対応しています。

eSIMは、通信サービスの利用に必要な加入者識別情報(プロファイル)を、スマホなどに遠隔で書き込むことができる、スマホ本体組み込み式のSIMです。

ユーザーはeSIMに対応したスマホとプロファイルをダウンロードするだけで、手軽に通信サービスを利用できます。

全キャリアでSIMフリーの状態で販売!SIMカード利用時もeSIM利用時もSIMロック解除は不要!

2021年10月1日以降にドコモ/au/ソフトバンクなどのキャリアから発売されるスマホは、SIMロック無しのSIMフリーで販売する決まりになっています。

iPhone 13/iPhone 13 mini/iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro Maxは2021年9月24日に発売されますが、ドコモ/au/ソフトバンクから販売されるiPhone 13シリーズはSIMロック無しのSIMフリーの状態で販売されます。

楽天モバイルはもともとSIMフリーの状態で販売しています。

  • SIMフリー版iPhone 13/mini/Pro/Pro Max
  • ドコモ版iPhone 13/mini/Pro/Pro Max
  • au版iPhone 13/mini/Pro/Pro Max
  • ソフトバンク版iPhone 13/mini/Pro/Pro Max
  • 楽天モバイル版iPhone 13/mini/Pro/Pro Max

は、購入したキャリアを含む全キャリアのSIMカードやeSIMが利用できます。

対応している5G周波数帯

日本で発売しているiPhone 13 Proのモデル番号はA2636で、A2636の対応している5G周波数帯は以下の通り。

  • n1, n2, n3, n5, n7, n8
  • n12
  • n20, n25, n28, n29
  • n30, n38
  • n40, n41, n48
  • n66
  • n71(600 MHz)
  • n77(TD 3,700)←auとソフトバンクが使用
  • n78(TD 3,500)←ドコモとauが使用
  • n79(TD 4,700)←ドコモが使用

対応している4G周波数帯

日本で発売しているiPhone 13 Proのモデル番号はA2636で、A2636の対応している4G周波数帯は以下の通り。

  • LTE Band 1←ドコモ/au/ソフトバンクが使用
  • LTE Band 2
  • LTE Band 3←ドコモ/au/ソフトバンク/楽天モバイルが使用
  • LTE Band 4, 5, 7
  • LTE Band 8←ソフトバンクが使用(プラチナバンド)
  • LTE Band 11←auとソフトバンクが使用
  • LTE Band 12, 13, 14, 17
  • LTE Band 18←auが使用(&楽天モバイルのパートナー回線)
  • LTE Band 19←ドコモが使用
  • LTE Band 20
  • LTE Band 21←ドコモが使用
  • LTE Band 25
  • LTE Band 26←auが使用(&楽天モバイルのパートナー回線)
  • LTE Band 28←ドコモ/au/ソフトバンクが使用
  • LTE Band 29
  • LTE Band 30, 32,  34, 38, 39
  • LTE Band 40, 41
  • LTE Band 42←ドコモ/au/ソフトバンクが使用
  • LTE Band 46, 48
  • LTE Band 66
  • LTE Band 71

ドコモ/au/ソフトバンク/楽天モバイルの周波数帯に完璧に対応しています。

eSIMとeSIMのデュアルSIMに対応

iPhone 13シリーズからはeSIMとeSIMのデュアルSIMに対応しています。もちろんSIMカードとeSIMのデュアルSIMも可能です。

なお、eSIM+eSIM+SIMカードのトリプルSIMには対応していません。

SIMカードはドコモ回線、eSIMその1はpovo、eSIMその2はLINEMOを入れておいて、シチュエーションに応じて使い分ける、みたいなことも可能です。

ベンチマークスコア(Geekbench 5.4.1)

↑iPhone 13 Pro

↑iPhone 12 Pro

 

マクロカメラが優れており、接写が得意

iPhone 13 Proではマクロ撮影が可能です。接写が過去になく優れています。

肉眼で見にくい紙幣の小さい文字も楽々撮ることができますし、ぬいぐるみの毛もよくわかります。

 

Spigenのガラスフィルム/ケースを装着

Spigenのガラスフィルムとケースを購入してみました。

Spigenのガラスフィルム

購入したガラスフィルムはiPhone 13 / 13 Pro (6.1inch) ガラスフィルム Spigen GlastR Align Master フルカバーブラック (2Pack) 

ガラスフィルムが2枚入っており、フチが黒くなっています。

付属の貼り付けキットを使うことで、ズレなく簡単にガラスフィルムを貼ることができます。

フチが黒くなっていますが、貼り付けキットできれいに貼れば本体の黒い部分とぴったり重なるので大丈夫です。

ノッチ、インカメラ部分は覆うようになっています。

Spigenのケース

購入したケースはiPhone 13 Pro (6.1inch) ケース Spigen リキッド・クリスタル

素材はTPUの柔らかい素材です。

ボタン類は覆うタイプです。

カメラ周辺は盛り上がっているため、厄介なカメラの出っ張りを気にしなくてもよくなります。

 

 

 

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

SIMのみ契約で最大1万円キャッシュバック!

UQモバイルでSIMのみ契約すると最大1万円キャッシュバック!(auやpovoからは除く)

スマホ契約時は値引きがあるのでSIMフリー版を買うよりも、UQモバイルでスマホを買ったほうが安く済む可能性が高いですよ!

楽天モバイルは最安無料&楽天回線なら使い放題!

  • 楽天回線エリアならデータ通信使い放題
  • プラン料金3ヶ月無料や楽天ポイント還元
  • 1GB以下なら月額無料
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題

2021年6月18日からSIMのみ+他社から乗り換えで契約すると楽天ポイント合計最大2万ポイント還元!

通常は5000ポイント還元なので1万5000ポイント増額しています!終了日未定なので楽天モバイルの契約を検討している人はお早めに!


ワイモバイル公式でスマホ契約すると最大2万1600円値引き!SIMのみ契約も特典あり!

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-レビュー