ASUS ZenFone 8レビュー。小さくなっておサイフケータイ対応

ASUS ZenFone 8レビュー。

ASUS ZenFone 8フォトレビュー

外観

外箱。

付属品。

ユーザーマニュアル、製品保証書、SIMイジェクトピン、USB ACアダプターセット、専用ケースが付属しています。

本体前面。

ディスプレイは5.9型ワイドAMOLEDディスプレイで、解像度は2400×1080(フルHD+)、リフレッシュレート120Hzです。画面内には指紋センサーも内蔵されています。

左上にあるのはインカメラで、1200万画素広角カメラになっています。

本体背面。

メインカメラは6400万画素広角カメラ、2ndカメラは1200万画素超広角カメラを搭載しています。

本体上部。

左からマイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック、マイクが搭載されています。

本体下部。

左からスピーカー、USB type-Cポート、SIMカードスロットが搭載されています。

本体右側面。

左から音量ボタン、電源ボタンが搭載されています。

本体左側面には何もありません。

SIMスロット。nanoSIMカードスロットが2つ搭載されています。表裏にSIMカードをセットして、本体に挿入します。

カバー

ハードタイプのケースが付属しています。お気に入りのケースが見つかるまでの繋ぎとして使うといいでしょう。

 

スペック詳細

OSAndroid 11 (ZenUI)
CPUQualcomm Snapdragon 888 5G
(オクタコアCPU)
Qualcomm Adreno 660
ディスプレイ5.9型ワイド AMOLEDディスプレイ
Corning Gorilla Glass Victus
2,400×1,080ドット (フルHD+) (120Hz)
メモリ8GB LPDDR5
ストレージ128GB (UFS 3.1)
アウトカメラ6,400万画素 広角カメラ内蔵 (メインカメラ)
1,200万画素 超広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)
LEDフラッシュ
インカメラ1,200万 広角カメラ内蔵
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(周波数帯域:2.4GHz/5GHz)
BluetoothBluetooth 5.2
防水防塵防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
おサイフケータイ
SIMnanoSIMスロット×2
イヤホンジャック
ワイヤレス充電
バッテリー容量4,000mAh
サイズ高さ約148mm×幅約68.5mm×奥行き約8.9mm
重量約169g

 

対応している5G周波数帯

  • 5G NR: n1/n2/n3/n5/n7/n8/n12/n20/n28/n38/n77/n78

ドコモが使用している5G周波数帯はn78と79で、Zenfone 8はn78のみ対応しています。

auが使用している5G周波数帯はn77とn78で、Zenfone 8はn77とn78どちらも対応しています。

ソフトバンク(ワイモバイル)が使用している5G周波数帯はn77で、Zenfone 8はn77に対応しています。

対応している4G周波数帯まとめ。どのキャリアの回線でも使用可能

  • FDD-LTE: B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B26/B28
  • TD-LTE: B34/B38/B39/B40/B41/B42

ドコモ/ahamo/格安SIMのドコモ回線プランで使える?

ドコモが使用している4G周波数帯はLTE Band 1/3/8/19/21/26/28/42です。

Zenfone 8はLTE Band 21以外はすべて対応しています。

LTE Band 21はドコモから発売されるAndroidスマホですら対応していないことがあるので、別に対応していなくても問題ありません。

au/povo/UQモバイル/格安SIMのau回線プランで使える?

auが使用している4G周波数帯はLTE Band 1/3/11/18/26/28/42です。

Zenfone 8はLTE Band 11以外はすべて対応しています。

LTE Band 11はauから発売されるAndroidスマホですら対応していないことがあるので、別に対応していなくても問題ありません。

ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO/格安SIMのソフトバンク回線プランで使える?

ソフトバンク(ワイモバイル)が使用している4G周波数帯はLTE Band 1/3/8/11/28/42です。

Zenfone 8はLTE Band 11以外はすべて対応しています。

LTE Band 11はソフトバンクから発売されるAndroidスマホですら対応していないことがあるので、別に対応していなくても問題ありません。

楽天モバイル回線は使える?

楽天モバイルで動作確認が実施されていますし、楽天回線対応製品なので絶対に使えます。ご安心ください。

AnTuTu Benchmark v9.1.1でベンチマーク(複数回測定)

AnTuTu Benchmark v9.1.1でベンチマークテストしたところ、スコアは704870でした。バッテリー温度は35度、CPU温度は44.8度でした。

複数回測定したみたところ、スコアは734536、バッテリー温度は45度、CPU温度は64.7度まで上昇しました。ここまで来ると流石にCPUらへんと思われる部分が熱くなります。

初期メモリ・ストレージ容量(目安)

初期メモリとストレージ容量の使用量の目安は、メモリは4.4GB程度、ストレージは14.81GB程度でした。もちろん各々の環境によって異なるので注意してください。

カメラ作例

通常 オート

写真は普通にキレイです。変な色しているとか感じたことはないですが、AI

夜景

 

広角望遠

 

広角と超広角

広角カメラで撮影。

超広角カメラで撮影。

広角カメラで撮影。

超広角カメラで撮影。

機能面について

おサイフケータイに対応

Zenfone 8はZenfoneシリーズでは初めてFeliCaを搭載しています。おサイフケータイによるiDなどの電子マネーやPASMOなどの交通系ICを使用することが可能になりました。

駅の改札やお店などで読み取り機にZenfone 8をかざすだけで支払いが完了します。Google Payも利用できます。

画面内指紋センサーを搭載・顔認証対応

 

[wc_column size="one-half" position="last"]

[/wc_column]

Zenfone 8には画面内指紋センサーが搭載されています。指紋センサーで指紋を登録して指紋認証を行えます。

指紋は複数登録できるので、両方の親指人差し指を登録することもできます。

ディスプレイを起動して画面を見るだけでロックが解除できます。

ナビゲーションバーの順番も変更可能

ASUS Data Transferでデータ移行も簡単

Zenfoneユーザーにはおなじみかもしれませんが、ASUS Data Transferアプリを使うと、古いZenfoneから新しいZenfoneに簡単にデータが移行できます。

アプリの設定やブックマークもそのまんま新しいZenfoneに移行できるのでかなり便利です。データ移行で困ったことはないですね。

イヤホンジャック搭載

Zenfone 8は3.5mmオーディオジャックを搭載しているので、有線イヤホンが使えます。Bluetoothイヤホンだと遅延が気になる音ゲーなどをプレイする人にはよさそうですね。

任意の操作を割り当てられる「スマートキー」機能

本体右側面にある電源ボタンを2回押すと任意の機能を起動できる「スマートキー」機能が搭載されています。

デフォルトだと電源ボタンを2回押すとGoogleアシスタントが起動するようになっていますが、カメラを起動するとか、コード決済アプリを使う

デュアルSIMカード周りについて

5G+5Gの同時待ち受けは不可

Zenfone 8はnanoSIMカードスロットを2つ搭載していて、両方とも5G NR Sub-6ネットワーク帯をサポートしています。

nanoSIMカードは両方ともVoLTE(4G通話)サービスに接続することができます。ただし、1度に5G NR Sub-6サービスに接続できるのは1枚だけです。

通話、SMS、データ通信で優先するSIMカードが選べる

音声通話で使うSIMカード、SMS送受信で使うSIMカード、データ通信で使うSIMカードをそれぞれ設定できます。

音声通話SIMだけは「その都度確認する」という選択肢があります。仕事用の電話番号とプライベート用の電話番号を使い分けて電話を掛けることもできます。

バッテリー持ちはよくないです

朝起きてからずっとZenfone 8を使ってみましたが、Twitter公式アプリでタイムラインを見る、ブラウザアプリを使う、YouTubeの動画を見る、といったごく普通の使い方でもバッテリー持ちがあまりよくないと感じました。

まあもちろん使い方次第なんですが、出勤時、昼休み、退勤後から家に帰るくらいしかスマホを触らない人からしたら1日十分持つと思いますよ。

使ってみた感想

いいところ

  • Snapdragon 888 5G搭載
  • AMOLEDディスプレイ、リフレッシュレート120Hz、HDR10+に対応
  • 5Gでの通信が可能
  • Wi-Fi 6に対応
  • 大容量4000mAhバッテリーを搭載
  • ZenFone 7と比べると持ちやすくなった
  • IP68の防水防塵対応
  • ドコモ/au/ソフトバンク/ワイモバイル/ahamo/povo/LINEMOに対応
  • イヤホンジャック搭載

イマイチなところ

  • 使ってると本体が結構熱くなる
  • バッテリー持ちがよろしくない
  • カメラは思っているよりも普通
  • 付属しているハードケースが好きじゃない人はTPUケースとかを買ったほうがいい。私は好きじゃないのでTPUケースを買いました
  • eSIMには対応していない

 

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

SIMのみ契約で最大1万円キャッシュバック!

UQモバイルでSIMのみ契約すると最大1万円キャッシュバック!(auやpovoからは除く)

スマホ契約時は値引きがあるのでSIMフリー版を買うよりも、UQモバイルでスマホを買ったほうが安く済む可能性が高いですよ!

楽天モバイルは最安無料&楽天回線なら使い放題!

  • 楽天回線エリアならデータ通信使い放題
  • プラン料金3ヶ月無料や楽天ポイント還元
  • 1GB以下なら月額無料
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題

2021年6月18日からSIMのみ+他社から乗り換えで契約すると楽天ポイント合計最大2万ポイント還元!

通常は5000ポイント還元なので1万5000ポイント増額しています!終了日未定なので楽天モバイルの契約を検討している人はお早めに!


ワイモバイル公式でスマホ契約すると最大2万1600円値引き!SIMのみ契約も特典あり!

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-レビュー