SIMフリー版iPhone 13 mini (PRODUCT)RED レビュー

SIMフリー版iPhone 13 mini (PRODUCT)RED レビュー。

SIMフリー版iPhone 13 mini (PRODUCT)REDレビュー

フォトレビュー

2021年9月24日に発売された、SIMフリー版iPhone 13 miniの(PRODUCT)REDを購入しました。

iPhone 13 miniは、最新型のA15 Bionicチップを搭載しています。

ストレージ容量は128GB/256GB/512GBの3モデルが発売されています。今回は128GBモデルを購入しました。

外箱。

USB-C - Lightningケーブル、SIMピンが付属しています。

本体前面。

ディスプレイサイズは5.4インチ、Super Retina XDRディスプレイを搭載しています。

インカメラは、1200万画素のTrueDepthカメラを搭載しています。

本体背面。アウトカメラは1200万画素のカメラを2つ搭載。広角撮影、超広角撮影に対応しています。

明るすぎず、若干深みのある赤色となっています。iPhone 12 miniの(PRODUCT)REDがあまり好みではなく、iPhone 8などの赤色が好みな方はバッチリだと思います。

本体上面。側面は鏡面のようになっています。NFC、Felicaを利用するときはこの部分をかざしましょう。

本体底面。変わらずLightningコネクタと、マイク、ステレオスピーカーが搭載。

本体右側面。電源ボタンが搭載。

本体左側面。音量のオンオフ切り替えボタン、上下するボタン、SIMスロットが搭載されています。

SIMスロットはnanoSIMを1枚搭載できます。

iPhone 13 miniではnanoSIM1枚と、eSIMのデュアルSIMに対応しています。

また、eSIM2枚によるデュアルSIMも可能となっています。

iPhone 13 miniとiPhone 12 miniの外観比較

iPhone 13 miniのスペック

製品名iPhone 13 mini
(PRODUCT)RED/スターライト
ミッドナイト/ブルー/ピンク
サイズ131.5 x 64.2 x 7.65 mm
重量140g
ディスプレイ サイズ / 種類Super Retina XDRディスプレイ
5.4インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
2,340 x 1,080ピクセル解像度、476ppi
CPUA15 Bionicチップ
OSiOS 15
メインカメラ(外側)1200万画素 (広角)
1200万画素 (超広角)
フロントカメラ(内側)1200万画素
ワイヤレス充電
おサイフケータイ
NFC
防水 / 防塵〇 (IP68)
生体認証(指紋 / 顔)- / 〇
VoLTE
(Rakuten / docomo / au / SoftBank)
〇 / 〇 / 〇 / 〇
Wi-Fi 規格2x2 MIMO対応Wi-Fi 6(802.11ax)
SIMタイプeSIM/nanoSIM
付属品USB-C - Lightningケーブル / マニュアル

 

iPhone 12 mimiとのスペック比較

製品名iPhone 13 miniiPhone 12 mini
容量128GB/256GB/512GB64GB/128GB/256GB
サイズ131.5 x 64.2 x 7.65 mm131.5 x 64.2 x 7.4 mm
重量140g133g
ディスプレイ
サイズ / 種類
5.4" /OLED5.4" /OLED
ディスプレイ
解像度
2,340 x 1,0802,340 x 1,080
ディスプレイ最大輝度最大輝度800ニト最大輝度625ニト
CPUA15 BionicチップA14 Bionicチップ
メインカメラ(外側)1200万画素 (広角)
1200万画素 (超広角)
1200万画素 (広角)
1200万画素 (超広角)
フロントカメラ(内側)1200万画素1200万画素
ワイヤレス充電
おサイフケータイ
NFC
防水 / 防塵〇 (IP68)〇 (IP68)
生体認証(指紋 / 顔)- / 〇- / 〇
VoLTEドコモ〇
au〇
ソフトバンク〇
楽天モバイル〇
ドコモ〇
au〇
ソフトバンク〇
楽天モバイル〇
SIMタイプeSIM/nanoSIM
デュアルeSIMに対応
eSIM/nanoSIM

 

iPhone 13 miniの特徴やiPhone 12 miniからの進化点

  • 容量ラインアップが1段階上へ、64GBは廃止
  • 最大輝度が625ニトから800ニトへ向上
  • ディスプレイ上部のノッチ(TrueDepth)が20%小型化
  • センサーシフト式光学式手ブレ補正がiPhone 13シリーズ全てのモデルの広角レンズに搭載
  • シネマティックモードやフォトグラフスタイルに対応
  • デュアルeSIMに対応!(eSIMとeSIMのデュアルSIM)
  • 重さは約7g増加、厚さが約0.25mm増加

iPhone 12 miniは容量ラインアップが64GB/128GB/256GBだったのに対し、iPhone 13 miniでは128GB/256GB/512GBとなっています。大容量が欲しかった人はうれしいですね。

カメラ部分では、iPhone 13シリーズすべてにセンターシフト式高額手ブレ補正が搭載されており、手ブレ補正力が向上しています。

映画撮影に特化したシネマティックモードや、撮影後に写真の彩度や明るさを賢く調整してくれるフォトグラフスタイルにも対応しています。

見た目で大きく変わっているのがノッチのサイズです。横幅が明らかに短くなり、縦幅は若干増加しています。

iPhone 12 miniではeSIMとnanoSIMによるデュアルSIMに対応していましたが、iPhone 13 miniではeSIMとeSIMのデュアルSIMにも対応しています。

なお、iPhone 12 miniの重さは約133g、厚さが約7.4mmだったのに対し、iPhone 13 miniは重さ約140g、厚さ約7.65mmと若干増加しています。

iPhone 13 miniとiPhone 12 miniの外観比較

iPhone 13 mini(左)、iPhone 12 mini(右)

ノッチの違い。iPhone 12 miniにくらべ20%小型化しています。

iPhone 13 mini(左)、iPhone 12 mini(右)

カメラの位置がiPhone 13 miniは対角線上に置かれています。

ベンチマークスコア(Geekbench 5.4.1)

↑iPhone 13 mini

↑iPhone 12 mini

iPhone 13 miniのネットワーク周りについて解説

iPhone 13シリーズは5G対応

iPhone 13/iPhone 13 mini/iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro Maxは5Gに対応しています。

iPhone 13シリーズは「eSIM」に対応しています

iPhone 13/iPhone 13 mini/iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro MaxはeSIMに対応しています。

eSIMは、通信サービスの利用に必要な加入者識別情報(プロファイル)を、スマホなどに遠隔で書き込むことができる、スマホ本体組み込み式のSIMです。

ユーザーはeSIMに対応したスマホとプロファイルをダウンロードするだけで、手軽に通信サービスを利用できます。

eSIMとeSIMによるデュアルSIMにも対応しています。

全キャリアでSIMフリーの状態で販売!SIMカード利用時もeSIM利用時もSIMロック解除は不要!

2021年10月1日以降にドコモ/au/ソフトバンクなどのキャリアから発売されるスマホは、SIMロック無しのSIMフリーで販売する決まりになっています。

iPhone 13/iPhone 13 mini/iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro Maxは2021年9月24日に発売されますが、ドコモ/au/ソフトバンクから販売されるiPhone 13シリーズはSIMロック無しのSIMフリーの状態で販売されます。

楽天モバイルはもともとSIMフリーの状態で販売しています。

  • SIMフリー版iPhone 13/mini/Pro/Pro Max
  • ドコモ版iPhone 13/mini/Pro/Pro Max
  • au版iPhone 13/mini/Pro/Pro Max
  • ソフトバンク版iPhone 13/mini/Pro/Pro Max
  • 楽天モバイル版iPhone 13/mini/Pro/Pro Max

は、購入したキャリアを含む全キャリアのSIMカードやeSIMが利用できます。

対応している5G周波数帯

iPhone 13 miniは5G周波数帯のSub6には対応していますが、更に上の高速通信用のミリ波には対応していません。

日本で発売しているiPhone 13 miniのモデル番号はA2626で、A2626の対応している5G周波数帯は以下の通り。

  • n1, n2, n3, n5, n7, n8
  • n12
  • n20, n25, n28, n29
  • n30, n38
  • n40, n41, n48
  • n66
  • n71(600 MHz)
  • n77(TD 3,700)←au/ソフトバンク/楽天モバイルが使用
  • n78(TD 3,500)←ドコモとauが使用
  • n79(TD 4,700)←ドコモが使用

対応している4G周波数帯

日本で発売しているiPhone 13 miniのモデル番号はA2626で、A2626の対応している4G周波数帯は以下の通り。

  • LTE Band 1←ドコモ/au/ソフトバンクが使用
  • LTE Band 2
  • LTE Band 3←ドコモ/au/ソフトバンク/楽天モバイルが使用
  • LTE Band 4, 5, 7
  • LTE Band 8←ソフトバンクが使用(プラチナバンド)
  • LTE Band 11←auとソフトバンクが使用
  • LTE Band 12, 13, 14, 17
  • LTE Band 18←auが使用(&楽天モバイルのパートナー回線)
  • LTE Band 19←ドコモが使用
  • LTE Band 20
  • LTE Band 21←ドコモが使用
  • LTE Band 25
  • LTE Band 26←auが使用(&楽天モバイルのパートナー回線)
  • LTE Band 28←ドコモ/au/ソフトバンクが使用
  • LTE Band 29
  • LTE Band 30, 32,  34, 38, 39
  • LTE Band 40, 41
  • LTE Band 42←ドコモ/au/ソフトバンクが使用
  • LTE Band 46, 48
  • LTE Band 66
  • LTE Band 71

ドコモ/au/ソフトバンク/楽天モバイルの周波数帯に完璧に対応しています。

eSIMとeSIMのデュアルSIMに対応

iPhone 13シリーズからはeSIMとeSIMのデュアルSIMに対応しています。もちろんSIMカードとeSIMのデュアルSIMも可能です。

なお、eSIM+eSIM+SIMカードのトリプルSIMには対応していません。

SIMカードはドコモ回線、eSIMその1はpovo、eSIMその2はLINEMOを入れておいて、シチュエーションに応じて使い分ける、みたいなことも可能です。

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

UQモバイルのSIMカード/eSIM契約でau PAY残高還元!スマホは最大2万200円値引き!

  • eSIMで契約すると最短45分でUQモバイルが開通!SIMカードは間に合わなくてもeSIMなら間に合うかも?
  • SIMのみ契約するとau PAY最大1万3000円相当還元!
  • 他社から乗り換え+増量オプションⅡ加入でiPhoneが最大2万2000円割引!
  • auでんきやauのインターネットサービス(ネット+電話)を利用している人は自宅セット割が適用!1人でも最安で月額990円から利用可能!

ahamoがオススメ

  • ドコモの高品質な4G/5Gネットワークが利用できる
  • 基本料金月額2970円(機種代金別途)
  • 月間データ容量20GB
  • 国内通話5分無料付き(超過後は22円/30秒)
  • SIMカード/eSIMのみで契約できるし、スマホとSIMを購入も可能

  • この記事を書いた人

しなちく

センスのないヘッダーとか描いたりアイキャッチ作ったり画像編集したりたまに記事書いてます。

-レビュー